none
外字フォントをリンクした書体のIMEパッドでの表示の違いについて

    質問

  • 外字関係で、いつもお世話になっております。
     
    以下の現象の原因や回避方法などお分かりでしたら回答をお願いいたします。
     
    Windows 標準搭載の外字エディタで作成した外字フォントを、「MS 明朝」「MS ゴシック」「MS P明朝」「MS Pゴシック」「MS UI Gothic」にリンク設定をしました。
     IMEパッドの文字一覧で「CJK統合漢字」(u+4E00~)を参照すると、、「MS 明朝」「MS ゴシック」「MS P明朝」「MS Pゴシック」の4書体は、その書体に含まない文字を代替文字である中国語フォントの文字で表示しているようですが、外字フォントのリンク設定をすると、それらの中国語フォントの文字が「・」と変わって表示されてしまいます。 

    ▼画像を貼り付けました。
     (MS IME2010,「MS ゴシック」,Windows Vista環境)
     文字コードとして確認できるのは、
      u+4E06,4E13,4E1A~4E1D
      u+4E20,4E22,4E25,4E27,
      ・・・・

     上の画像----外字フォントをリンクしない場合
     下の画像----外字フォントをリンクした場合「MS UI Gothic」の場合は、外字リンクの影響なく代替文字(中国語フォント)が表示されます。
     

    上記のコードは外字フォントをリンクした場合(下の画像)では、「・」となります。
     ※中国語フォント?の文字は細めで明朝体に近いので、ゴシックとは違うのが分かります。、
     
    (1)この原因は何でしょうか? 
    (2)Word,EXcelなどで、外字フォントをリンク設定をするかしないかで、代替文字の表示が変わってしまうのを回避する方法はありますでしょうか?
     
    ★上記の現象を確認した環境は、
     MS IME/MS IME2007/MS IME2010  ----  Windows Vista SP2 
    MS IME/MS 2010  ----  Windows 7 SP1
     
    以上、よろしくお願いいたします。

    2012年4月2日 0:31