none
serverサービス停止による共有フォルダへのアクセス拒否について

    質問

  • 教えてください。

    環境

    ・サーバ-Windows2003R2 SP2(SP2のパッチのみ適応)

    ・クライアント-WindowsXP

    ・サーバ用途-VBで開発したアプリケーションが多数稼動しているAPサーバ

    ◆現象

    同APサーバで設定している共有フォルダにクライアントから突然接続が出来なくなります。

    同APサーバのイベントログを確認すると「serverサービスが停止しました。アクセスは拒否されました」と記録されていました。

    手動でserverサービスを開始させても同様に「アクセスが拒否されました」と表示し開始出来ません。

    いろいろなページにあるような修正プログラム「895575」「829994」「835438」「837018」を適応しようとしたのですが

    「適応しようとしている更新より新しいバージョンです」と表示され適応出来ませんでした。

    ウイルスチェックもしたのですが何も検出されませんでした。

    同APサーバはアプリの作りが悪くメモリが常時高い状態ではあります。(アプリ改修は依頼中)

    OS側で何か対応できる方法をご教授頂けないでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    2012年5月22日 7:56

回答

  • 自己解決したためご報告致します。

    今回は下記パッチを適応しました。

    パッチ情報:

    Server サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (958644)

    このパッチを定期後、毎日発生していた障害が、現在のところ約2週間発生しておりません。

    以上となります。

    • 回答としてマーク kuzuya4207 2012年6月5日 0:06
    2012年6月5日 0:05