方法

モデレーターを見つけるには

  1. TechNet や MSDN のフォーラムを開きます。例えば、PowerShell フォーラムなどです。

    ノート: スレッドページではありません。特定のフォーラムでモデレーターを見つけるためには、メインのフォーラムページを開きます。フォーラムのグループで全てのモデレーターを見つけるためには、(Windows Server グループのような、) フォーラムのリストページへ進みます。

  2. 画面右側の マイフォーラムリンク ボックスの下にある、最近の閲覧者 のような何らかのボックスを確認します。

  3. そのボックスの右上にある、次へ をクリックします。最近の閲覧者 の次のリストとして 最近のモデレータ が表示されます。

そのリストから分かること

そのリストではオーナーや管理者が誰なのかを知ることはできません。( ただ、まだ別の方法で探すことができます。) リストにはそのフォーラムの回答者のタイトルとともに誰も含んでいません。

そのリストには最近アクティブな 10 人のモデレーターだけが表示されます。モデレーターが 10 人より少ない場合は、全員が表示されます。

モデレーターは最近アクティブになった降順でリストされます。( 最近アクティブになったモデレーターがリストの先頭になります。)

オーナーや管理者を見つけるには

オーナーはフォーラムを預かる人間です。また、管理者もフォーラムのコントロールを行います。モデレーターは時々、何か特定の問題に対してオーナーや管理者をすることがあります。

トップ回答者 のリストを得るために 次へ を再度クリックします。このリストにはオーナーや管理者、そしてモデレーターを含んでいるかもしれません。

トップ回答者 (MVP) のリストを得るために 次へ を再度クリックします。このリストにはモデレーターや回答者を含むかもしれません。

トップ回答者 (Microsoft) のリストを得るために 次へ を再度クリックします。このリストはオーナーや管理者を含んでいる可能性が最も高く、何かのモデレーターである Microsoft 従業員もいます。

もしフォーラムのトップに何らかの難しい注意書きが確認できる場合があります。これらの注意書きは、ほとんどの場合オーナーや管理者によって設置されます。例. 12

もしまだフォーラムのオーナーや管理者を見つけることができず、そうするだけの良い理由がある場合は、英語版のページへコメントを残すか、edprice at Microsoft へメールを送ってみてください。

モデレーターが誰であるかを知る理由

これが役に立つかもしれないいくつかの理由があります。

  1. フォーラムでモデレーターや回答者になるために関係を構築したい。(MCC や MVP になりたい人に推奨されます。)

  2. 不適切な問題を報告したい。はじめに、フォーラムのスレッドで 不適切として報告する リンクを使うことから始めます。もし問題が手に余る場合は、モデレーターや管理者にそのことについて話しエスカレーションしたいかもしれません。

  3. モデレーターが何らかのアクションを起こしているところを見たことがなく、フォーラムが苦しんでいるようなら、大抵の場合は、手を増やして負担を減らそうと、回答者やモデレーターになってくれるコミュニティメンバーをリクルートすることが良い解決方法となります。

  4. とにかく好奇心が強い。

それでもモデレーターへ連絡する方法がない場合には

聞きたいことでしょう。「それで?モデレーターを見つけ出すポイントは何ですか?まだ彼らに連絡を取ることができません!」と。

その通りです。確かに彼らに個人的なメッセージを送ることは簡単ではありません。( その機能については現在計画中です。) ただ、まだできることはあります。

  1. 彼らのスレッドにアクセスし、彼らとの関係を構築するために返信することができます。もしくは、彼らにメールを送って良いか尋ねることができます。

  2. その人たちが Microsoft 従業員の場合は、その人たちがブログを持っているようならチェックすることができます。もし MSDN/TechNet ブログを持っているようなら、そのブログにはメールを送信するためのフォームのリンクがあるはずです。

  3. その人たちが Twitter のアカウントや (LinkedIn のような ) その他のソーシャルメディアのリンクを持っているようなら、それらのツールを使ってメッセージを送ることができます。

  4. モデレーターと連絡を取り彼らと関係を構築するまで、いろいろと探し、周りに尋ねなければなりません。

  5. もし探している人が Microsoft の従業員だったり、フォーラムで頻繁に活動しているようなら、私を頼ることもできます。もしかすると、私が彼らとの連絡手段を知っているかもしれません。( その人のフルネームや役割やグループの情報が必要になります。彼らが既に去っていたり、応答が無かったり、また彼らのプロファイルが本名とマッチしないような場合には連絡を取れないことがあります。) 英語版の記事にコメントを残すか、edprice at Microsoft 宛にメールを送ってください。

関連項目

他の言語