none
iSCSI イニシエーターでエラーが発生している事象の調査 RRS feed

  • Question

  • 本記事はマイクロソフト社員によって公開されております。

    こんにちは、日本マイクロソフトの Windows プラットフォーム サポートの中山田です。

     

    ここでは iSCSI イニシエーター に関するエラーが発生した際に、採取すべき資料についてご紹介します。

    イベント ログに、ソース:iScsiPrtMSiSCSIなどiSCSI関連のエラー、または警告ログが記録されている

    事象についてのお問い合わせの際に、ご確認いただきますと調査に役立ちます。

     

    その他の事象に関しては以下の公開情報をご確認ください。

    Microsoft サポートサービスへお問い合わせいただく際に採取しておいたほうがよい資料について

     

    まずは以下の 2 パターンを想定してご案内いたしますので、弊社にお問い合わせいただく時には、

    ぜひご確認ください。

     

    [A] 事象の再現性がある場合

       1) 追跡型のトレース ログをエラー発生時間帯に採取する

       2) トレース ログ採取後、サポート情報ログ (イベント ログやシステム情報等) を採取する

      

    [B] 過去に発生したエラーであり、再現性が無い場合

       1) サポート情報ログ (イベント ログやシステム情報等) を採取する

     

     

    なお、Windows プラットフォーム サポートでは、様々なエラー シナリオに備えて

    以下の Shacollector という資料採取ツールを公開しています。iSCSI イニシエーター関連の

    エラーについても Shacollector を使用して資料採取が可能ですので、上記 2 つの

    シナリオ毎に手順をご案内します。

     

     

    -Shacollector ダウンロード先

    https://github.com/microsoft-sha/shacollector/raw/master/shacollector.zip

    (注意)

    shacollector は機能の拡張などにより内容が変更されることがあります。

    そのため、毎回上記のダウンロード先から shacollector を取得いただき利用してください。

     

     

    ==========================

    [A] 事象の再現性がある場合

    ==========================

    事象発生時のトレース ログを採取します。

     

     

    1) 以下の URL より "shacollector.zip" をダウンロードおよび展開いただき、

       対象端末へ配置します。

     

    ダウンロード先

    https://github.com/microsoft-sha/shacollector/raw/master/shacollector.zip

     

    2) 管理者権限のコマンド プロンプトから配置した "shacollector"

       フォルダーへ移動して、以下のコマンドを実行の上、トレース ログの

       採取を実施します。

     

    > shacollector.bat trace iscsi start "出力先フォルダー名"

    > shacollector.bat trace packet start "出力先フォルダー名"

     

    ※ 出力先フォルダー名を指定しない場合は、既定の C:\mslog に保存します。

     

    3) Disk エラーを再現させます。

     

    4) 事象発生後、管理者権限のコマンド プロンプトから以下のコマンドを実行して

       トレース ログを停止します。

     

    > shacollector.bat trace iscsi stop

    > shacollector.bat trace packet stop

     

    5) 最後に以下のコマンドを管理者権限のコマンド プロンプトから実行して、

       サポート情報ログを採取します。

     

    > shacollector.bat support all "出力先フォルダー名"

     

    ※ 出力先フォルダー名を指定しない場合は、既定の C:\mslog に保存します。

     

    6) 生成されましたログの出力先フォルダーを圧縮の上、弊社までご提供ください。

     

     

    =================================================

    [B] 過去に発生したエラーであり、再現性が無い場合

    =================================================

    事象発生時のイベント ログと、システムの構成情報(レジストリ情報など)を採取します。

     

    1) 以下の URL より "shacollector.zip" をダウンロードおよび展開いただき、

       対象端末へ配置します。

     

    ダウンロード先

    https://github.com/microsoft-sha/shacollector/raw/master/shacollector.zip

     

    2) 管理者権限のコマンド プロンプトから配置した "shacollector"

       フォルダーへ移動して、以下のコマンドを実行の上、サポート情報ログの

       採取を実施します。

     

    > shacollector.bat support all "出力先フォルダー名"

     

    ※ 出力先フォルダー名を指定しない場合は、既定の C:\mslog に保存します。

     

    3) 生成されましたログの出力先フォルダーを圧縮の上、弊社までご提供ください。

     

     

     

    以上です。

    本情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。

     

    本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。

     


    Wednesday, December 4, 2019 1:32 AM
    Owner