none
2008 R2の共有フォルダへのアクセスが遅い RRS feed

  • 質問

  • Server 2000 SP4、Server 2003 SP2、のDC2台でActive Directory(シングルドメイン、フォレスト)を構成しておりました。DNSサーバーはこの時点ではServer 2000 SP4のみでした。FSMOの役割はServer 2003 SP2でした。クライアントPCはすべてXP SP3で20台程度です。

    この環境に、Server 2008 R2をドメインコントローラとして2台追加しました。Server 2003 SP2にDNSを追加して、FSMOの機能をServer 2008 R2に移動しました。

    Server 2000 SP4 をDCからメンバーサーバーへ降格して、ネットワークから切り離しました(廃棄処分とするため)。

    つづいて、Server 2003 SP2 をネットワークから物理的に外しました(まだ降格はしていません。LANケーブルを抜いただけです)

    クライアントPCからアクセスすると、ログオンは正常にできます。マイドキュメントをサーバーのフォルダリダイレクトにしておりますが、正常にアクセスできます。サーバーの同じドライブにある共有フォルダにアクセスをすると、懐中電灯とフォルダのアイコンが出て、その配下にある、フォルダやファイルを探すような仕草になります。フォルダは開いてきますが、割とすぐ開くものと、なかなか開かないものがあります。また、サブフォルダを開いて、そこからルートの共有フォルダへ戻ろうとすると、また、懐中電灯とフォルダのアイコンが出て、探すような仕草をします。

    Server 2003 SP2のLANケーブルを接続すると、このフォルダを探す懐中電灯の時間が若干短くなります。ちなみにServer 2003 SP2にある共有フォルダへは何の問題もなくスムースにアクセスできます。ドメイン、フォレスト 2003ネイティブです。

    クライアントPCのI・Eブラウザからインターネットへ接続すると、表示できないページがありました。また、はじめは表示できていても時間が経過するごとに表示できなくなりました。サーバーのI・Eブラウザでも同じ現象が出ました。

    ここで、DNSの設定を確認してみたところ、Server 2003 SP2 へのフォワードの記述がありました。これを削除したところ、Server 2003 SP2 をネットワークから切り離しても、I・Eブラウザのページ表示は正常にできるようになったようです(長時間ためしてないので言い切れない部分もあります)。フォワード設定は自分が設定した記憶がないため、どうしてなっていたのか不明です。

    しかしこの、DNS設定のフォワードを削除しても、共有フォルダへのアクセス問題は改善されませんでした。

    そうしたところこのフォーラムで、NICの「最大送信オフロードバージョン(IPV4)を有効から無効にして改善したという記事を目にしたので、おこなってみましたが変わりませんでした。なにか他の原因のようです。

    サーバー入れ替えの時に、Server 2000 SP4 だけがDNS Serverでした。このServerが使っていたIPアドレスをServer 2008 R2 に割り当てましたが、これがいけなかったのでしょうか?

    なにが原因で共有フォルダへのアクセスが遅いのかわかりかねている状況です。どこに原因があるのか、また改善するにはどのような手順が必要なのか、お忙しいところ申し訳ございませんが、ご教示いただけませんでしょうか。


    2011年8月29日 10:09

回答

  • チャブーンです。

    (いつもご覧の方にはシツコイかもですが)「状況だけを見て」占い師のようにぴたりと原因を当てる、ということはムリです。ですから、どこに問題があるか、ひとつひとつチェックしてつぶしていくより、方法はないでしょう。

    まず一番大きい問題はDNSの名前解決の問題です。Active Directoryで使われるKerberos認証は必ずDNSでの名前解決が必要です。これに失敗してる場合認証ができないため、タイムラグがおこっている可能性があります。

    Windows 2000でDNSを組んでいた場合、そのDNSゾーン構成が今あるDNSサーバにも同じように反映されている必要があります。具体的にはSRVレコードが適切に構成され、クライアントがSRVレコードを検索できることが必要です。簡単にチェックする方法は、したのURLにありりますが、問題がある場合DNSの設定だけではなくActive Directory複製の問題をクリアしないといけない(DNSのデータを含め複製の状態をイベントログでチェックする必要があります)ので、かなり手間のかかる方法になります。(簡単にリセットする、という方法はないです)

    http://support.microsoft.com/kb/241515/ja
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc738991(v=ws.10).aspx

    名前解決に問題がない場合ですが、ネットワークトレースを取って、その中身を解析する必要があります。どちらにしても一定の技術スキルが必要ですので、ご自身での解決が難しいならMSの有償サポートにお願いした方がいいように思います。

    ちなみに「フォワーダ設定を外したらインターネットの名前解決が直った」は、DNSの再帰によるものです。インターネット上のFQDNの名前解決は、DNSサーバが(外部にある)ルートサーバから順に問い合わせることで探し当てます。Windows DNSもこの機能がありますがフォワーダを設定した場合、問い合わせ自体をフォワーダ先に委任します。フォワーだがなくなったことで、本来の機能が回復したのでしょう。

    2011年9月5日 2:18
    モデレータ

すべての返信

  • チャブーンです。

    (いつもご覧の方にはシツコイかもですが)「状況だけを見て」占い師のようにぴたりと原因を当てる、ということはムリです。ですから、どこに問題があるか、ひとつひとつチェックしてつぶしていくより、方法はないでしょう。

    まず一番大きい問題はDNSの名前解決の問題です。Active Directoryで使われるKerberos認証は必ずDNSでの名前解決が必要です。これに失敗してる場合認証ができないため、タイムラグがおこっている可能性があります。

    Windows 2000でDNSを組んでいた場合、そのDNSゾーン構成が今あるDNSサーバにも同じように反映されている必要があります。具体的にはSRVレコードが適切に構成され、クライアントがSRVレコードを検索できることが必要です。簡単にチェックする方法は、したのURLにありりますが、問題がある場合DNSの設定だけではなくActive Directory複製の問題をクリアしないといけない(DNSのデータを含め複製の状態をイベントログでチェックする必要があります)ので、かなり手間のかかる方法になります。(簡単にリセットする、という方法はないです)

    http://support.microsoft.com/kb/241515/ja
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc738991(v=ws.10).aspx

    名前解決に問題がない場合ですが、ネットワークトレースを取って、その中身を解析する必要があります。どちらにしても一定の技術スキルが必要ですので、ご自身での解決が難しいならMSの有償サポートにお願いした方がいいように思います。

    ちなみに「フォワーダ設定を外したらインターネットの名前解決が直った」は、DNSの再帰によるものです。インターネット上のFQDNの名前解決は、DNSサーバが(外部にある)ルートサーバから順に問い合わせることで探し当てます。Windows DNSもこの機能がありますがフォワーダを設定した場合、問い合わせ自体をフォワーダ先に委任します。フォワーだがなくなったことで、本来の機能が回復したのでしょう。

    2011年9月5日 2:18
    モデレータ
  • チャブーンさん

    ご回答いただきありがとうございます。

    複雑な問題ということで、自分では手に余る部分がありそうに感じます。

    MSの有償サポートにお願いした方がよさそうですね。

    気になるのは、どのくらいの金額がかかるのかですが・・・。

    また、どこにコンタクトをとればいいのかも不明なので調べてみます。

    MS有償サポートの方向で検討してみます。

    まだ、解決したわけではありませんが、方向性を示していただいただけでも大変助かりました。本当にありがとうございました。


    その後、この問題は有償サポートを使わせていただき解決に至りました。原因はサーバーではなく、XPのクライアントにありました。エクスプローラのフォルダを表示させる機能でのレジストリチューニングで、すべてのXPクライアントで良好な結果となりました。尚、Windows 7ではこの現象は起きません。MS有償サポートの皆様には大変お世話になり助かりました。
    • 編集済み tomosoya 2012年3月15日 23:43
    2011年9月9日 9:33