none
タスクシーケンスを使用したソフトウェア更新プログラムの展開について RRS feed

  • 質問


  • 初歩的な質問で申し訳ありません。

    タスクシーケンスエディターより「ソフトウェア更新プログラムのインストール」という処理がありますが、この処理は具体的にどのような処理なのでしょうか。

    現在の環境では、更新プログラムの手動展開手順に従ってセキュリティ更新プログラムをSCCMクライアントに適用した後、後続タスクを動作させるトリガーとしてタスクシーケンスを使用してスクリプトを配信していますが、タスクシーケンスの設定内に「ソフトウェア更新プログラムのインストール」という項目があり、「インストール可能なすべてのソフトウェア更新プログラム」をインストールするように構成されているようでした。

    基本的にはソフトウェア更新プログラムの手動展開の手順で適用するべきKBを絞って、SCCMクライアントへの更新プログラムインストールまで完了することを想定しているのですが、タスクシーケンスの更新プログラムのインストール処理は手動展開と何が違うのかご教示ください。

    2019年3月6日 2:37

回答

  • 以下に詳しく書かれています。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/sccm/osd/understand/task-sequence-steps#BKMK_InstallSoftwareUpdates

    要約すると以下の通りです。

    ■インストールが必要 - 必須のソフトウェア更新プログラムのみ
    対象のクライアントがメンバーになっているコレクションに展開されている更新プログラムの内、インストール期限に達しており展開の種類が「必須」となっているものがインストールされます。

    ■インストールが可能 - すべてのソフトウェア更新プログラム
    対象のクライアントがメンバーになっているコレクションに展開されている更新プログラムの内、展開の種類が「利用可能」となっているものがインストールされます。(説明には明記されていませんが、必須として展開している更新プログラムもインストールされたと思います)


    配信する更新プログラムを限定しているとの事ですが、これらタスクシーケンス内の更新プログラムのインストール動作については、ソフトウェア更新機能の展開設定に基づいて動作しますので、余計な更新プログラムがインストールされる事は無いと思います。(展開してない更新プログラムはインストールされない)
    • 編集済み LapivyMVP 2019年3月6日 9:02
    • 回答としてマーク Satoshi0131 2019年3月7日 4:59
    2019年3月6日 9:02

すべての返信

  • 以下に詳しく書かれています。
    https://docs.microsoft.com/ja-jp/sccm/osd/understand/task-sequence-steps#BKMK_InstallSoftwareUpdates

    要約すると以下の通りです。

    ■インストールが必要 - 必須のソフトウェア更新プログラムのみ
    対象のクライアントがメンバーになっているコレクションに展開されている更新プログラムの内、インストール期限に達しており展開の種類が「必須」となっているものがインストールされます。

    ■インストールが可能 - すべてのソフトウェア更新プログラム
    対象のクライアントがメンバーになっているコレクションに展開されている更新プログラムの内、展開の種類が「利用可能」となっているものがインストールされます。(説明には明記されていませんが、必須として展開している更新プログラムもインストールされたと思います)


    配信する更新プログラムを限定しているとの事ですが、これらタスクシーケンス内の更新プログラムのインストール動作については、ソフトウェア更新機能の展開設定に基づいて動作しますので、余計な更新プログラムがインストールされる事は無いと思います。(展開してない更新プログラムはインストールされない)
    • 編集済み LapivyMVP 2019年3月6日 9:02
    • 回答としてマーク Satoshi0131 2019年3月7日 4:59
    2019年3月6日 9:02
  • Lapivy様

    回答ありがとうございます!

    ちなみに「インストールが可能 - すべてのソフトウェア更新プログラム」を選択した場合も、インストールの期限に達しているもののみ対象となるのでしょうか。

    また、「展開した更新プログラム」とは、「SCCMによって承認済みされた更新プログラム」と理解しても良いのでしょうか。

    2019年3月7日 1:12
  • >ちなみに「インストールが可能 - すべてのソフトウェア更新プログラム」を選択した場合も、インストールの期限に達しているもののみ対象となるのでしょうか。

     

    説明が分かりにくいのですが、「利用可能なすべての更新プログラム」が対象なので、インストール期限に関わらず、対象のコンピューターに展開されているインストールが必要な更新プログラムがインストールされます。

     

     

    >また、「展開した更新プログラム」とは、「SCCMによって承認済みされた更新プログラム」と理解しても良いのでしょうか。

     

    更新プログラムの承認と言うのはWSUSの概念・用語ですので、SCCMだと正確には展開と言うことになりますが、その理解で問題有りません。

    2019年3月7日 4:08