none
Windows10 RS2でWSUSを利用するにはwinhttp設定が必要ですか RRS feed

  • 質問

  • Windows10 RS2でWSUSを利用するにはwinhttp設定が必要ですか。

    RS2のクライアントでWSUSからパッチの取得が0%から進まない現象が起きておりましたが、winhttpの設定を行うと正常に取得ができるようになりました。

    2017年8月11日 8:44

回答

  • チャブーンです。

    この件ですが、「winhttpの設定」とはいったい何でしょうか?それがわからないと答えようがありません。

    よくわからないのですが、たとえば企業ユーザーでプロキシーがある環境で、IEのプロキシー設定でインターネットに接続しているというなら、以下のコマンドは必須です。

    netsh winhttp import proxy ie

    WSUSクライアント=Windows Updateでは、winhttp設定を使ってネットワークプロキシー環境を認識します。IEでプロキシー設定をしている場合、おそらくイントラネット環境に対する「プロキシーの例外(例外のドメインやIPアドレス等)」を入れているはずで、その設定がwinhttpを通じてWUコンポーネントに正しく伝わっていないと、WSUSサーバーを「インターネットサーバー」と勘違いしてプロキシーを通そうとしてしまい、通信ができないことがあります。


    フォーラムは有償サポートとは異なる「コミュニティ」です。フォーラムでご質問頂くにあたっての注意点 をご一読のうえ、お楽しみください。

    2017年8月12日 1:24
  • winhttp 設定とは具体的にどの様な設定なのか、自動/手動更新なのか、ユーザー/winhttp のプロキシがどの様な設定かの情報が無いので推測となりますが・・・

     

    まず、WSUS を利用する場合、基本的に winhttp にプロキシ設定は不要です。

     

    チャブーンさんが書かれている通り、一般的に winhttp にプロキシ設定が必要になるのは、プロキシを経由してインターネットへ接続する環境において、インターネットの Windows Update サイトを利用して自動更新を行う場合です。

     

    なお、Windows 10 からは動作が変更されており、自動更新でもユーザーのプロキシ設定を優先して用いる様に動作が変更されていますので、上記設定が不要になりつつあります。(ユーザーのプロキシが利用できない場合も有るので winhttp プロキシを設定する方が確実ですが)

     

    Windows Update が利用するプロキシ設定について

    https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2017/03/02/proxy-settings-used-by-wu/

     

    以上を踏まえて、以下の2点を行った上で Windows Update を行ってみて下さい。

     

    "netsh winhttp reset proxy" を実行して winhttp に設定されているプロキシ設定を初期化。

     

    ユーザーのプロキシ設定の例外設定で WSUS サーバーが例外 (イントラ) として扱われる様に設定。(GPO等で設定している WSUS サーバーの URL を例外設定に追加する等)

    2017年8月12日 3:44

すべての返信

  • チャブーンです。

    この件ですが、「winhttpの設定」とはいったい何でしょうか?それがわからないと答えようがありません。

    よくわからないのですが、たとえば企業ユーザーでプロキシーがある環境で、IEのプロキシー設定でインターネットに接続しているというなら、以下のコマンドは必須です。

    netsh winhttp import proxy ie

    WSUSクライアント=Windows Updateでは、winhttp設定を使ってネットワークプロキシー環境を認識します。IEでプロキシー設定をしている場合、おそらくイントラネット環境に対する「プロキシーの例外(例外のドメインやIPアドレス等)」を入れているはずで、その設定がwinhttpを通じてWUコンポーネントに正しく伝わっていないと、WSUSサーバーを「インターネットサーバー」と勘違いしてプロキシーを通そうとしてしまい、通信ができないことがあります。


    フォーラムは有償サポートとは異なる「コミュニティ」です。フォーラムでご質問頂くにあたっての注意点 をご一読のうえ、お楽しみください。

    2017年8月12日 1:24
  • winhttp 設定とは具体的にどの様な設定なのか、自動/手動更新なのか、ユーザー/winhttp のプロキシがどの様な設定かの情報が無いので推測となりますが・・・

     

    まず、WSUS を利用する場合、基本的に winhttp にプロキシ設定は不要です。

     

    チャブーンさんが書かれている通り、一般的に winhttp にプロキシ設定が必要になるのは、プロキシを経由してインターネットへ接続する環境において、インターネットの Windows Update サイトを利用して自動更新を行う場合です。

     

    なお、Windows 10 からは動作が変更されており、自動更新でもユーザーのプロキシ設定を優先して用いる様に動作が変更されていますので、上記設定が不要になりつつあります。(ユーザーのプロキシが利用できない場合も有るので winhttp プロキシを設定する方が確実ですが)

     

    Windows Update が利用するプロキシ設定について

    https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2017/03/02/proxy-settings-used-by-wu/

     

    以上を踏まえて、以下の2点を行った上で Windows Update を行ってみて下さい。

     

    "netsh winhttp reset proxy" を実行して winhttp に設定されているプロキシ設定を初期化。

     

    ユーザーのプロキシ設定の例外設定で WSUS サーバーが例外 (イントラ) として扱われる様に設定。(GPO等で設定している WSUS サーバーの URL を例外設定に追加する等)

    2017年8月12日 3:44