none
記憶域の容量オーバー RRS feed

  • 質問

  • 恐れ入りますが質問させてください。

    初めに質問を書かせていただきます。

    ① 物理ディスクがいっぱいの状態では記憶域にアクセスできないのでしょうか?

    ② コピーダイアログに表示された容量と実際に必要な容量が違うことはあるのでしょうか?

    ③ 記憶域作成時に回復性の選択を間違った可能性があります。確認及び変更の方法はありますでしょうか?

    質問に至る経緯は下に書きます。
    HDDに保存していたデータが多くなってきたので、記憶域を使用して一か所に集めて管理しようと思い
    下記のような操作を行いました。

    1. 容量3TBのHDD3台を用意し、記憶域を作成。最大容量は30TBとし、
        回復性は双方向ミラーを選択。作成は成功し、容量は8.18TBの記憶域となった。

    2. あらかじめほかのディスクに保存してあったデータを作成して記憶域に移動。
        移動中には全体で3.数TBと表示されていた。コピーに時間がかかるのでしばらく放置した。

    3. しばらくのちに見てみると、なぜかコピーが失敗していた。
        (必要な容量は双方向ミラーであっても7TBあれば足りる?)
        記憶域にエラーが出ていたのでコントロールパネルから確認すると、
        「空き容量なし:1つのドライブを追加してください。」と表示されていた。

    4. コピーしきれなかったファイルが少しだったので、保存データのうちいらないものを整理しようと考え、
        記憶域にアクセスしようとするもエクスプローラのPC以下に記憶域が表示されなかった。

    PowerShell記憶域の情報を取得してみましたので、それも張っておきます。
    下記コマンドを実行した結果です。
    PS C:\Users\XXXXXXX> Get-StoragePool -FriendlyName 記憶域プール| Get-PhysicalDisk

    FriendlyName                        SerialNumber   CanPool OperationalStatus HealthStatus Usage          Size
    ------------                        ------------   ------- ----------------- ------------ -----          ----
    TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device DB1234567895C5 False   OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB
    TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device DB1234567895C5 False   OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB
    TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device DB1234567895C5 False   OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB

    お手数をお掛けしますが、ご回答お願いいたします。

    2017年5月15日 14:58

回答

  • ボリュームが RAW(未フォーマット)と認識されているためですね。ボリューム情報が壊れた可能性があります。

    chkdsk /f D: を実行するか、EaseUSなどの修復ソフトを利用するなどして、RAWの状態からファイルシステムを修復する必要があると思います。



    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management http://satsumahomeserver.com

    2017年5月27日 12:11

すべての返信

  • 追記

    新規にHDD3TBを用意し、コントロールパネル 記憶域の管理からドライブの追加を押下
    ドライブを準備できませんというメッセージが表示され、ドライブ追加ができない。
    エラーコードは0x00000002(指定されたファイルが見つかりません)
    フォーマット後に同様の操作を行っても、結果は同じでした。

    2017年5月16日 12:57
  • 物理ディスクの情報を取得してみたところ、下記の通り表示されました。
    PS C:\WINDOWS\system32> Get-PhysicalDisk
    FriendlyName                        SerialNumber   MediaType   CanPool OperationalStatus HealthStatus Usage        Size
    ------------                        ------------   ---------   ------- ----------------- ------------ -----        ----
    TOSHIBA MG03ACA300                  253DK57TF      HDD         False   OK                Healthy      Auto-Select ...TB
    TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device DB1234567895C5 Unspecified False   OK                Healthy      Auto-Select ...TB
    TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device DB1234567895C5 Unspecified False   OK                Healthy      Auto-Select ...TB
    TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device DB1234567895C5 Unspecified False   OK                Healthy      Auto-Select ...TB

    新規に追加したいHDDは下記のディスクです。
    PS C:\WINDOWS\system32> Get-PhysicalDisk -FriendlyName "TOSHIBA MG03ACA300"
    FriendlyName       SerialNumber MediaType CanPool OperationalStatus HealthStatus Usage          Size
    ------------       ------------ --------- ------- ----------------- ------------ -----          ----
    TOSHIBA MG03ACA300 253DK57TF    HDD       False   OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB

    CanPoolがfalseになってますね。
    新品のHDDを刺しただけなので、使用しているわけでもないのですが…
    2017年5月17日 13:27
  • 記憶域プールの容量を超えたデータ書き込みが発生したことで、StoragePoolが読取専用になっていると思います。以下のコマンドレットを実行して読取専用属性を解除した上で、プールに物理ディスクを追加してみてください。

    Get-StoragePool | Where-Object {$_.IsReadonly –eq $True } | Set-StoragePool –IsReadonly $False

    なお、当初の質問に対してはご回答は以下の通りです。丸数値は括弧数値に置き換えています。

    (1)上述の通りです。記憶域プールの容量を上回る書き込みが発生した場合、仮想ディスクをデタッチしてプールを読取専用にします。

    (2)ないと思います。しかし、実際に利用できる記憶域プールの容量は、仮想ディスクの回復性、列の数により異なります。今回の場合、回復性と列の数を確認すべきと思います。

    (3)以下のコマンドレットで確認ができます。

    Get-virtualDisk | FL

    参考:

    記憶域プールのディスク容量に対するアラームの閾値を変更する

    記憶域スペースを管理するPowerShellのCmdlet

    記憶域スペースに関する理解を深める(列数とディスク使用の関係)


    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management http://satsumahomeserver.com

    2017年5月17日 14:15
  • ご回答ありがとうございます。
    Get-StoragePoolコマンドにてIsReadOnlyを確認いたしました。
    結果Falseになっていることが確認できました。

    PS C:\WINDOWS\system32> Get-StoragePool

    FriendlyName OperationalStatus HealthStatus IsPrimordial IsReadOnly     Size AllocatedSize
    ------------ ----------------- ------------ ------------ ----------     ---- -------------
    pool         OK                Healthy      False        False       8.18 TB       8.18 TB
    Primordial   OK                Healthy      True         False      13.65 TB       8.19 TB

    確認後に再度下記手順を実施いたしました。
    >新規にHDD3TBを用意し、コントロールパネル 記憶域の管理からドライブの追加を押下

    しかし同様のエラーが出て追加できませんでした。
    >ドライブを準備できませんというメッセージが表示され、ドライブ追加ができない。
    >エラーコードは0x00000002(指定されたファイルが見つかりません)
    >フォーマット後に同様の操作を行っても、結果は同じでした。

    また、教えていただいた下記コマンドにて確認しました。
    >Get-virtualDisk | FL
    PassThroughClass                  :
    PassThroughIds                    :
    PassThroughNamespace              :
    PassThroughServer                 :
    UniqueId                          : 5F16B8CFA823E4408532BEF7C26C99AB
    Access                            : Read/Write
    AllocatedSize                     : 4498709807104
    AllocationUnitSize                : 268435456
    ColumnIsolation                   : PhysicalDisk
    DetachedReason                    : None
    FaultDomainAwareness              : PhysicalDisk
    FootprintOnPool                   : 8997956485120
    FriendlyName                      : ファイルサーバ
    HealthStatus                      : Healthy
    Interleave                        : 262144
    IsDeduplicationEnabled            : False
    IsEnclosureAware                  : False
    IsManualAttach                    : False
    IsSnapshot                        : False
    IsTiered                          : False
    LogicalSectorSize                 : 4096
    MediaType                         : Unspecified
    Name                              :
    NameFormat                        :
    NumberOfAvailableCopies           :
    NumberOfColumns                   : 1
    NumberOfDataCopies                : 2
    NumberOfGroups                    : 1
    OperationalStatus                 : OK
    OtherOperationalStatusDescription :
    OtherUsageDescription             :
    ParityLayout                      :
    PhysicalDiskRedundancy            : 1
    PhysicalSectorSize                : 4096
    ProvisioningType                  : Thin
    ReadCacheSize                     : 0
    RequestNoSinglePointOfFailure     : False
    ResiliencySettingName             : Mirror
    Size                              : 32985348833280
    UniqueIdFormat                    : Vendor Specific
    UniqueIdFormatDescription         :
    Usage                             : Data
    WriteCacheSize                    : 0
    PSComputerName                    :
    上記の通りResiliencySettingName:Mirrorでしたので、双方向ミラーでした。
    誤って3方向ミラーにしたという可能性はないようですね。

    追記:

    ResiliencySettingName:Mirrorかつ
    NumberOfDataCopies:2のため、双方向ミラーですね。
    訂正いたします。


    • 編集済み toki0411 2017年5月20日 10:43 情報誤りのため
    2017年5月17日 15:42
  • ご確認ありがとうございます。最初に記載頂いたPowershellの出力では記憶域プールのフリンドリーネームは記憶域プールとなっていますが、その後の読取専用属性を確認頂いた出力ではpool になっています。これは途中でプールの名前を変えられたということでよろしかったでしょうか? Get-Physicaldisk | FL Get-StoragePool | FL の結果も見せて頂いてよろしいでしょうか?

    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management http://satsumahomeserver.com

    2017年5月18日 0:17
  • ご指摘の通り途中で変更しました。
    混乱させてしまい申し訳ありません。

    教えていただいた下記2つのコマンドをそれぞれ実行しました。
    結果は以下の通りになりました。
    また、恐れ入りますがObjectIdはユーザ名が入っておりましたので結果から削除しました。

    Get-Physicaldisk | FL

    PassThroughClass                 :
    PassThroughIds                   :
    PassThroughNamespace             :
    PassThroughServer                :
    UniqueId                         : {2f371133-e7c2-712e-cb7f-42c6f451e311}
    Description                      :
    FriendlyName                     : TOSHIBA MG03ACA300
    HealthStatus                     : Healthy
    Manufacturer                     :
    Model                            : TOSHIBA MG03ACA300
    OperationalDetails               :
    OperationalStatus                : OK
    PhysicalLocation                 : Integrated : Adapter 0 : Port 6
    SerialNumber                     : 253DK57TF
    AdapterSerialNumber              :
    AllocatedSize                    : 3000592982016
    BusType                          : SATA
    CannotPoolReason                 : Insufficient Capacity
    CanPool                          : False
    DeviceId                         : 0
    EnclosureNumber                  :
    FirmwareVersion                  : FL2A
    IsIndicationEnabled              :
    IsPartial                        : True
    LogicalSectorSize                : 512
    MediaType                        : HDD
    OtherCannotPoolReasonDescription :
    PartNumber                       :
    PhysicalSectorSize               : 512
    Size                             : 3000592982016
    SlotNumber                       :
    SoftwareVersion                  :
    SpindleSpeed                     : Unknown
    SupportedUsages                  : {Auto-Select, Manual-Select, Hot Spare, Retired...}
    UniqueIdFormat                   : Vendor Specific
    Usage                            : Auto-Select
    VirtualDiskFootprint             : 0
    PSComputerName                   :
    ClassName                        : MSFT_PhysicalDisk

    PassThroughClass                 :
    PassThroughIds                   :
    PassThroughNamespace             :
    PassThroughServer                :
    UniqueId                         : 3042123456789535
    Description                      :
    FriendlyName                     : TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device
    HealthStatus                     : Healthy
    Manufacturer                     :
    Model                            :
    OperationalDetails               :
    OperationalStatus                : OK
    PhysicalLocation                 : Integrated : Adapter 2 : Port 0
    SerialNumber                     : DB1234567895C5
    AdapterSerialNumber              :
    AllocatedSize                    : 3000571527168
    BusType                          : USB
    CannotPoolReason                 : In a Pool
    CanPool                          : False
    DeviceId                         : 2
    EnclosureNumber                  :
    FirmwareVersion                  : 0103
    IsIndicationEnabled              :
    IsPartial                        : True
    LogicalSectorSize                : 512
    MediaType                        : Unspecified
    OtherCannotPoolReasonDescription :
    PartNumber                       :
    PhysicalSectorSize               : 4096
    Size                             : 3000571527168
    SlotNumber                       :
    SoftwareVersion                  :
    SpindleSpeed                     : 0
    SupportedUsages                  : {Auto-Select, Manual-Select, Hot Spare, Retired...}
    UniqueIdFormat                   : FCPH Name
    Usage                            : Auto-Select
    VirtualDiskFootprint             : 2999497785344
    PSComputerName                   :
    ClassName                        : MSFT_PhysicalDisk
    PassThroughClass                 :
    PassThroughIds                   :
    PassThroughNamespace             :
    PassThroughServer                :
    UniqueId                         : 3042123456789535
    Description                      :
    FriendlyName                     : TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device
    HealthStatus                     : Healthy
    Manufacturer                     :
    Model                            :
    OperationalDetails               :
    OperationalStatus                : OK
    PhysicalLocation                 : Integrated : Adapter 2 : Port 0
    SerialNumber                     : DB1234567895C5
    AdapterSerialNumber              :
    AllocatedSize                    : 3000034656256
    BusType                          : USB
    CannotPoolReason                 : In a Pool
    CanPool                          : False
    DeviceId                         : 3
    EnclosureNumber                  :
    FirmwareVersion                  : 0103
    IsIndicationEnabled              :
    IsPartial                        : True
    LogicalSectorSize                : 512
    MediaType                        : Unspecified
    OtherCannotPoolReasonDescription :
    PartNumber                       :
    PhysicalSectorSize               : 4096
    Size                             : 3000571527168
    SlotNumber                       :
    SoftwareVersion                  :
    SpindleSpeed                     : 0
    SupportedUsages                  : {Auto-Select, Manual-Select, Hot Spare, Retired...}
    UniqueIdFormat                   : FCPH Name
    Usage                            : Auto-Select
    VirtualDiskFootprint             : 2998960914432
    PSComputerName                   :
    ClassName                        : MSFT_PhysicalDisk

    PassThroughClass                 :
    PassThroughIds                   :
    PassThroughNamespace             :
    PassThroughServer                :
    UniqueId                         : 3042123456789535
    Description                      :
    FriendlyName                     : TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device
    HealthStatus                     : Healthy
    Manufacturer                     :
    Model                            :
    OperationalDetails               :
    OperationalStatus                : OK
    PhysicalLocation                 : Integrated : Adapter 2 : Port 0
    SerialNumber                     : DB1234567895C5
    AdapterSerialNumber              :
    AllocatedSize                    : 3000571527168
    BusType                          : USB
    CannotPoolReason                 : In a Pool
    CanPool                          : False
    DeviceId                         : 4
    EnclosureNumber                  :
    FirmwareVersion                  : 0103
    IsIndicationEnabled              :
    IsPartial                        : True
    LogicalSectorSize                : 512
    MediaType                        : Unspecified
    OtherCannotPoolReasonDescription :
    PartNumber                       :
    PhysicalSectorSize               : 4096
    Size                             : 3000571527168
    SlotNumber                       :
    SoftwareVersion                  :
    SpindleSpeed                     : 0
    SupportedUsages                  : {Auto-Select, Manual-Select, Hot Spare, Retired...}
    UniqueIdFormat                   : FCPH Name
    Usage                            : Auto-Select
    VirtualDiskFootprint             : 2999497785344
    PSComputerName                   :
    ClassName                        : MSFT_PhysicalDisk

    Get-StoragePool | FL

    PassThroughClass                  :
    PassThroughIds                    :
    PassThroughNamespace              :
    PassThroughServer                 :
    UniqueId                          : {1e9dde0d-7425-4ceb-a167-a4afdc7c7153}
    AllocatedSize                     : 8998761791488
    ClearOnDeallocate                 : False
    EnclosureAwareDefault             : False
    FaultDomainAwarenessDefault       : PhysicalDisk
    FriendlyName                      : pool
    HealthStatus                      : Healthy
    IsClustered                       : False
    IsPowerProtected                  : False
    IsPrimordial                      : False
    IsReadOnly                        : False
    LogicalSectorSize                 : 4096
    MediaTypeDefault                  : Unspecified
    Name                              :
    OperationalStatus                 : OK
    OtherOperationalStatusDescription :
    OtherUsageDescription             :
    PhysicalSectorSize                : 4096
    ProvisioningTypeDefault           : Fixed
    ReadOnlyReason                    : None
    RepairPolicy                      : Parallel
    ResiliencySettingNameDefault      : Mirror
    RetireMissingPhysicalDisks        : Auto
    Size                              : 8999298662400
    SupportedProvisioningTypes        : {Thin, Fixed}
    SupportsDeduplication             : False
    ThinProvisioningAlertThresholds   : {70}
    Usage                             : Other
    Version                           : Windows Server 2016
    WriteCacheSizeDefault             : Auto
    WriteCacheSizeMax                 : 18446744073709551614
    WriteCacheSizeMin                 : 0
    PSComputerName                    :

    PassThroughClass                  :
    PassThroughIds                    :
    PassThroughNamespace              :
    PassThroughServer                 :
    UniqueId                          : {4737cd1d-1786-11e7-b713-806e6f6e6963}
    AllocatedSize                     : 9001371697152
    ClearOnDeallocate                 : False
    EnclosureAwareDefault             : False
    FaultDomainAwarenessDefault       : PhysicalDisk
    FriendlyName                      : Primordial
    HealthStatus                      : Healthy
    IsClustered                       : False
    IsPowerProtected                  : False
    IsPrimordial                      : True
    IsReadOnly                        : False
    LogicalSectorSize                 :
    MediaTypeDefault                  : Unspecified
    Name                              :
    OperationalStatus                 : OK
    OtherOperationalStatusDescription :
    OtherUsageDescription             :
    PhysicalSectorSize                :
    ProvisioningTypeDefault           : Fixed
    ReadOnlyReason                    : None
    RepairPolicy                      : Parallel
    ResiliencySettingNameDefault      : Mirror
    RetireMissingPhysicalDisks        : Auto
    Size                              : 519947992866656256
    SupportedProvisioningTypes        : {Thin, Fixed}
    SupportsDeduplication             : False
    ThinProvisioningAlertThresholds   : {70}
    Usage                             : Other
    Version                           : Windows Server 2016
    WriteCacheSizeDefault             : Auto
    WriteCacheSizeMax                 : 18446744073709551614
    WriteCacheSizeMin                 : 0
    PSComputerName                    :

    • 編集済み toki0411 2017年5月18日 12:14 見にくかったので改行を挿入
    2017年5月18日 12:06
  • お返事遅くなりまして申し訳ございません。

    プールに追加できない物理ディスクは、 CannotPoolReason に"Insufficient Capacity"が表示されているようです。
    パーティションが存在しているなどの可能性が考えられますので、一度

    Reset-PhysicalDisk -FriendlyName "TOSHIBA MG03ACA300"

    を実行して物理ディスクをリセットしてみてください。
    (FriendyNameは対象のディスクが明確になるようデフォルトからの変更をおすすめします)


    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management http://satsumahomeserver.com

    2017年5月22日 4:00
  • 返信いただきありがとうございます。
    教えていただいたコマンドを実行したところ、下記のように実行されました。

    PS C:\WINDOWS\system32> Reset-PhysicalDisk -FriendlyName "TOSHIBA MG03ACA300"
    PS C:\WINDOWS\system32> Get-Physicaldisk -FriendlyName "TOSHIBA MG03ACA300" | FL

    PassThroughClass                 :
    PassThroughIds                   :
    PassThroughNamespace             :
    PassThroughServer                :
    UniqueId                         : {2f371133-e7c2-712e-cb7f-42c6f451e311}
    Description                      :
    FriendlyName                     : TOSHIBA MG03ACA300
    HealthStatus                     : Healthy
    Manufacturer                     :
    Model                            : TOSHIBA MG03ACA300
    OperationalDetails               :
    OperationalStatus                : OK
    PhysicalLocation                 : Integrated : Adapter 0 : Port 6
    SerialNumber                     : 253DK57TF
    AdapterSerialNumber              :
    AllocatedSize                    : 3000592982016
    BusType                          : SATA
    CannotPoolReason                 : Insufficient Capacity
    CanPool                          : False
    DeviceId                         : 0
    EnclosureNumber                  :
    FirmwareVersion                  : FL2A
    IsIndicationEnabled              :
    IsPartial                        : True
    LogicalSectorSize                : 512
    MediaType                        : HDD
    OtherCannotPoolReasonDescription :
    PartNumber                       :
    PhysicalSectorSize               : 512
    Size                             : 3000592982016
    SlotNumber                       :
    SoftwareVersion                  :
    SpindleSpeed                     : Unknown
    SupportedUsages                  : {Auto-Select, Manual-Select, Hot Spare, Retired...}
    UniqueIdFormat                   : Vendor Specific
    Usage                            : Auto-Select
    VirtualDiskFootprint             : 0
    PSComputerName                   :
    ClassName                        : MSFT_PhysicalDisk

    Reset-PhysicalDiskを実行してもCannotPoolReason:Insufficient Capacityのままでした…
    Insufficient Capacity 関連で下記の質問を見てみましたが、読み間違えでなければ
    Masahiko Sada 様 の回答と同様にReset-PhysicalDisk を実行することが勧められているようですね…
    https://social.technet.microsoft.com/Forums/windows/en-US/fd811772-a634-4dde-9a48-569bd40168e8/storage-space-error-all-drives-canpool-false-insufficient-capacity?forum=win10itprogeneral

    2017年5月22日 13:06
  •  お世話になっております。

    通常は、4GB以上のディスクサイズがあれば、 Insufficient Capacity は表示されないので、ボリューム情報がおかしいのではと思いリセットをお願いしたところでした。それでダメでしたか。

    別に、おかしなところを見つけました。
    論理セクターは全て 512ですが、CannotPoolReason:Insufficient Capacityとなっているディスクのみ、PhysicalSectorSizeが512になっており、他の物理ディスクは物理セクターサイズは 4Kになっています。

    記憶域プールに含まれるディスクは、全て同一のセクターサイズである必要がありますので、この制約にひっかかっている可能性があると思います。

    他の物理ディスクも型番的には同じTOSHIBA MG03ACA300 で 512 Nativeディスクのようですが、他のディスクは物理セクターサイズが 4Kで認識されているのも違和感を覚えます。他の物理ディスクはUSB接続か何かの外付HDDケースか何かをご利用で、追加のディスクはSATAポートに直接接続なのではないかと思いますが、外付HDDケースあるいはそれに類したものが誤ったセクターサイズを伝えている可能性も考えられます。

     512eの別の物理ディスクを追加すると恐らく追加出来るのではないかと思います。


    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management http://satsumahomeserver.com

    2017年5月22日 14:35
  • 回答ありがとうございます。
    >論理セクターは全て 512ですが、CannotPoolReason:Insufficient Capacityとなっているディスクのみ、PhysicalSectorSizeが512になっており、他の物理ディスクは物理セクターサイズは 4Kになっています。

    たしかにおっしゃる通り、違和感を覚えますね。
    一度現在の環境について整理しました。

    すでに記憶域プールにあるHDD3枚について
    1. 外付けHDDケースに格納しUSBで接続しています
    2. 購入時からHDDケースで使用しています。(SATAで接続したことはないと思います)
    3. AFTマークはありませんでした

    今回追加予定だったHDDについて
    1. 外付けHDDケースに格納しUSBで接続しています(上記のHDDと同じケースです)
    2. 本投稿後に購入し、そのままHDDケースに入れています。(SATAで接続していません)
    3. AFTマークあり(!)

    外部サイトで申し訳ないのですが、下記のサイトを見たところ、
    http://www.pc-master.jp/jisaku/aft.html
    >セクタを4096バイト(512バイトの8倍=4キロバイト)にして大きくする技術が AFTといわれるものです
    とあり、
    http://www.pc-master.jp/jisaku/aft-hdd.html
    では
    >ただしまれにAFTマークが付いてなくてAFTのハードディスクということもあります。AFTハードディスクが出始めた頃のハードディスクにしばしば見受けられます。
    との記述もあったので、おそらく既存の3枚のHDDもAFT対応HDDかな?と思っております。
    この場合ディスクフォーマットの際にオプションで指定する形になるのでしょうか…?
    (HDD買い替えとなると、対応は週末以降になるかと思います…。)

    2017年5月23日 12:55
  •  お世話になっております。結論から申し上げると、OSが認識している物理ディスクのセクターサイズが異なっているため、プールに追加出来ないのが原因で、恐らくその原因を招いているのはRAIDモードを搭載したHDDケースの利用が原因ではないかと考えています。

    すでに記憶域プールにあるHDD3枚について
    1. 外付けHDDケースに格納しUSBで接続しています
    2. 購入時からHDDケースで使用しています。(SATAで接続したことはないと思います)
    3. AFTマークはありませんでした

    【確認1】 

    この3つのHDDについて、型番はPowerShellの出力にある" TOSHIBA MG03ACA300"でよろしかったでしょうか?私が調べた限りでは、先般TOSHIBA MG03ACA300 で 512 Nativeディスクとリンク先を付けて書いたとおり、この型番の物理ディスクは512nディスクの認識でした。

    今回追加予定だったHDDについて
    1. 外付けHDDケースに格納しUSBで接続しています(上記のHDDと同じケースです)
    2. 本投稿後に購入し、そのままHDDケースに入れています。(SATAで接続していません)
    3. AFTマークあり(!)

    【確認2】

    追加予定のHDDについても、型番はPowerShellの出力にある" TOSHIBA MG03ACA300"でよろしかったでしょうか?型番が正しければ、上記リンク先にある通り、この物理ディスクも512nディスクの理解です。

    【確認3】

    追加予定のHDDに関しては、2017年5月18日 12:06のPowerShellの出力からみると接続バスは BusType : SATA となっており、SATA接続と認識されています(それに対してすでに記憶域プールにある3台は接続バスはUSBです)。ご説明頂いた内容とPowerShellの出力が異なっておりますので、違和感を覚えております。

    ご利用の外付HDDケースはどのようなHDDケースでしょうか?各物理ディスクのPowerShell出力をみると、以下のように既存の3台の物理ディスクについてPhysical Locationの認識が3台とも同じポートに接続されていると認識しています。

    • 既存の3枚のHDDのPhysical Location

              : Integrated : Adapter 2 : Port 0 (3台とも同じポートに接続されていると認識している!!!:おかしい)

    • 今回追加予定だったHDDのPhysical Location
         : Integrated : Adapter 0 : Port 6 (既存の3台とは違う物理ポートに接続されていると認識している:正しい)

    記憶域スペースでは、OSに対して物理ディスクが素で見える必要があり、RAID機能等を有したHBA(RAIDカード)、エンクロージャーの利用はサポートされていません。JBODモードなど物理ディスクをそのままOSに認識させるモードに対応したHBA(RAIDカード)、エンクロージャーを利用しなければいけません。

    <質問への回答>

    おそらく既存の3枚のHDDもAFT対応HDDかな?と思っております。

    型番の認識が正しければ、512nディスクと思われます。それが、PowerShellでは512eディスクと認識されています。おそらく、各物理ディスク上にRAID 0などで作成したLUNを認識しているためではと想像しています。

    2017年5月23日 13:56
  • いつも回答ありがとうございます。
    一つづつ回答させていただきます。

    【確認1】 
    >この3つのHDDについて、型番はPowerShellの出力にある" TOSHIBA MG03ACA300"でよろしかったでしょうか?
    仰る通りです。

    【確認2】
    >追加予定のHDDについても、型番はPowerShellの出力にある" TOSHIBA MG03ACA300"でよろしかったでしょうか?
    改めて確認しましたところ、下記のHDDでした。
    TOSHIBA DT01ACA300

    【確認3】
    ご利用の外付HDDケースはどのようなHDDケースでしょうか?
    HDDケースについても製品情報を調べました。下記のケースになります。
    http://www.marshal-no1.jp/products/MAL-3035SBKU3.html
    上記のページを見ると、RAID機能は無いようです。


    取り急ぎ回答まで。


    • 編集済み toki0411 2017年5月24日 14:47 内容に誤りがあったため。
    2017年5月24日 11:36
  • >追加予定のHDDに関しては、2017年5月18日 12:06のPowerShellの出力からみると接続バスは BusType : SATA となっており、SATA接続と認識されています
    こちらに関しましてはシステムを保存しているHDDも同型のHDDでして、そちらの方を見ていたようです。
    度々勘違いにより混乱させてしまい申し訳ございません…。
    ご指摘いただいた、
    >(FriendyNameは対象のディスクが明確になるようデフォルトからの変更をおすすめします)
    がクリティカルでした…。

    再度接続を確認してもう一度Get-Physicaldiskを実行してみました。

    PS C:\Users\> Get-Physicaldisk -FriendlyName "TOSHIBA DT01ACA300" | FL


    PassThroughClass                 :
    PassThroughIds                   :
    PassThroughNamespace             :
    PassThroughServer                :
    UniqueId                         : 3042123456789535
    Description                      :
    FriendlyName                     : TOSHIBA DT01ACA300
    HealthStatus                     : Healthy
    Manufacturer                     : TOSHIBA
    Model                            : DT01ACA300
    OperationalDetails               :
    OperationalStatus                : OK
    PhysicalLocation                 : Integrated : Adapter 3 : Port 0
    SerialNumber                     : DB1234567895C5
    AdapterSerialNumber              :
    AllocatedSize                    : 3000591933440
    BusType                          : USB
    CannotPoolReason                 : Insufficient Capacity
    CanPool                          : False
    DeviceId                         : 5
    EnclosureNumber                  :
    FirmwareVersion                  : 0103
    IsIndicationEnabled              :
    IsPartial                        : True
    LogicalSectorSize                : 512
    MediaType                        : Unspecified
    OtherCannotPoolReasonDescription :
    PartNumber                       :
    PhysicalSectorSize               : 4096
    Size                             : 3000592982016
    SlotNumber                       :
    SoftwareVersion                  :
    SpindleSpeed                     : 0
    StoragePoolUniqueId              :
    SupportedUsages                  : {Auto-Select, Manual-Select, Hot Spare, Retired...}
    UniqueIdFormat                   : FCPH Name
    Usage                            : Auto-Select
    VirtualDiskFootprint             : 0
    PSComputerName                   :
    ClassName                        : MSFT_PhysicalDisk



    PS C:\Users\> Get-Physicaldisk -FriendlyName "TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device" | FL


    PassThroughClass                 :
    PassThroughIds                   :
    PassThroughNamespace             :
    PassThroughServer                :
    UniqueId                         : 3042123456789535
    Description                      :
    FriendlyName                     : TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device
    HealthStatus                     : Healthy
    Manufacturer                     : TOSHIBA
    Model                            : MG03ACA300
    OperationalDetails               :
    OperationalStatus                : OK
    PhysicalLocation                 : Integrated : Adapter 3 : Port 0
    SerialNumber                     : DB1234567895C5
    AdapterSerialNumber              :
    AllocatedSize                    : 3000571527168
    BusType                          : USB
    CannotPoolReason                 : In a Pool
    CanPool                          : False
    DeviceId                         : 4
    EnclosureNumber                  :
    FirmwareVersion                  : 0103
    IsIndicationEnabled              :
    IsPartial                        : False
    LogicalSectorSize                : 512
    MediaType                        : Unspecified
    OtherCannotPoolReasonDescription :
    PartNumber                       :
    PhysicalSectorSize               : 4096
    Size                             : 3000571527168
    SlotNumber                       :
    SoftwareVersion                  :
    SpindleSpeed                     : 0
    StoragePoolUniqueId              :
    SupportedUsages                  : {Auto-Select, Manual-Select, Hot Spare, Retired...}
    UniqueIdFormat                   : FCPH Name
    Usage                            : Auto-Select
    VirtualDiskFootprint             : 2999497785344
    PSComputerName                   :
    ClassName                        : MSFT_PhysicalDisk

    PassThroughClass                 :
    PassThroughIds                   :
    PassThroughNamespace             :
    PassThroughServer                :
    UniqueId                         : 3042123456789535
    Description                      :
    FriendlyName                     : TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device
    HealthStatus                     : Healthy
    Manufacturer                     : TOSHIBA
    Model                            : MG03ACA300
    OperationalDetails               :
    OperationalStatus                : OK
    PhysicalLocation                 : Integrated : Adapter 3 : Port 0
    SerialNumber                     : DB1234567895C5
    AdapterSerialNumber              :
    AllocatedSize                    : 3000034656256
    BusType                          : USB
    CannotPoolReason                 : In a Pool
    CanPool                          : False
    DeviceId                         : 6
    EnclosureNumber                  :
    FirmwareVersion                  : 0103
    IsIndicationEnabled              :
    IsPartial                        : False
    LogicalSectorSize                : 512
    MediaType                        : Unspecified
    OtherCannotPoolReasonDescription :
    PartNumber                       :
    PhysicalSectorSize               : 4096
    Size                             : 3000571527168
    SlotNumber                       :
    SoftwareVersion                  :
    SpindleSpeed                     : 0
    StoragePoolUniqueId              :
    SupportedUsages                  : {Auto-Select, Manual-Select, Hot Spare, Retired...}
    UniqueIdFormat                   : FCPH Name
    Usage                            : Auto-Select
    VirtualDiskFootprint             : 2998960914432
    PSComputerName                   :
    ClassName                        : MSFT_PhysicalDisk

    PassThroughClass                 :
    PassThroughIds                   :
    PassThroughNamespace             :
    PassThroughServer                :
    UniqueId                         : 3042123456789535
    Description                      :
    FriendlyName                     : TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device
    HealthStatus                     : Healthy
    Manufacturer                     : TOSHIBA
    Model                            : MG03ACA300
    OperationalDetails               :
    OperationalStatus                : OK
    PhysicalLocation                 : Integrated : Adapter 3 : Port 0
    SerialNumber                     : DB1234567895C5
    AdapterSerialNumber              :
    AllocatedSize                    : 3000571527168
    BusType                          : USB
    CannotPoolReason                 : In a Pool
    CanPool                          : False
    DeviceId                         : 7
    EnclosureNumber                  :
    FirmwareVersion                  : 0103
    IsIndicationEnabled              :
    IsPartial                        : False
    LogicalSectorSize                : 512
    MediaType                        : Unspecified
    OtherCannotPoolReasonDescription :
    PartNumber                       :
    PhysicalSectorSize               : 4096
    Size                             : 3000571527168
    SlotNumber                       :
    SoftwareVersion                  :
    SpindleSpeed                     : 0
    StoragePoolUniqueId              :
    SupportedUsages                  : {Auto-Select, Manual-Select, Hot Spare, Retired...}
    UniqueIdFormat                   : FCPH Name
    Usage                            : Auto-Select
    VirtualDiskFootprint             : 2999497785344
    PSComputerName                   :
    ClassName                        : MSFT_PhysicalDisk



    ご指摘のあったセクターサイズにつきましては、全て同一になりました。ですので、
    最初の方で教えていただいたReset-Physicaldiskを実行してみたところ、下記のように表示されました。
    Reset-Physicaldisk : Access denied

    Extended information:
    アクセスが拒否されました。

    Recommended Actions:
    - Check if you have the necessary privileges to perform the operation.

    Activity ID: {3887f652-1057-4565-846d-c769e767ab72}
    発生場所 行:1 文字:1
    + Reset-Physicaldisk -FriendlyName "TOSHIBA DT01ACA300"
    + ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        + CategoryInfo          : PermissionDenied: (:) [Reset-PhysicalDisk], CimException
        + FullyQualifiedErrorId : StorageWMI 40001,Microsoft.Management.Infrastructure.CimCmdlets.InvokeCimMethodCommand,Reset-PhysicalDisk

    2017年5月24日 15:04
  • お世話になっております。 PowerShellは管理者権限で実行していらっしゃいますか?変更更新系のコマンドレットはPowerShellのショートカットを右クリックして、管理者として実行する必要があります。 これまで当該の物理ディスクについてはPowerShellの出力に存在していませんでしたが、敢えてご自身で削除してペーストされていたのでしょうか?ディスクすべてが表示されるはずのコマンドレットの結果を一部抜粋で掲載頂くと、質問者と回答者の間の情報の非対称性をさらに拡大させてしまいますので、センシティブ情報以外は編集を加えないでいただいた方がありがたいです。 これまでは、同じエンクロージャにあるのに接続バスの情報やセクターサイズが異なっているのでRAIDとJBODの混在を疑っていましたが、HDDケースは原因ではなさそうですね。

    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management http://satsumahomeserver.com

    2017年5月24日 23:51
  • >これまで当該の物理ディスクについてはPowerShellの出力に存在していませんでしたが、敢えてご自身で削除してペーストされていたのでしょうか?
    いいえ、削除せずそのまま当スレッドに貼り付けていました。
    よくわからないのですが、HDDケースの最上段の部分にTOSHIBA DT01ACA300のディスクを配置したときだけ、
    認識されないようです。(限定的な相性問題…?)

    TOSHIBA DT01ACA300を最上段に配置したときの実行結果
    PS C:\WINDOWS\system32> Get-Physicaldisk

    FriendlyName                        SerialNumber   MediaType   CanPool OperationalStatus HealthStatus Usage          Size
    ------------                        ------------   ---------   ------- ----------------- ------------ -----          ----
    TOSHIBA MG03ACA300                  253DK57TF      HDD         False   OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB
    TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device DB1234567895C5 Unspecified False   OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB
    TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device DB1234567895C5 Unspecified False   OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB
    TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device DB1234567895C5 Unspecified False   OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB

    TOSHIBA DT01ACA300を上から二番目に配置したときの実行結果
    PSPS C:\WINDOWS\system32> Get-Physicaldisk

    FriendlyName                        SerialNumber   MediaType   CanPool OperationalStatus HealthStatus Usage          Size
    ------------                        ------------   ---------   ------- ----------------- ------------ -----          ----
    TOSHIBA MG03ACA300                  253DK57TF      HDD         False   OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB
    TOSHIBA DT01ACA300                  DB1234567895C5 Unspecified True    OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB
    TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device DB1234567895C5 Unspecified False   OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB
    TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device DB1234567895C5 Unspecified False   OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB
    TOSHIBA MG03ACA300 SCSI Disk Device DB1234567895C5 Unspecified False   OK                Healthy      Auto-Select 2.73 TB

    何度か刺し直しても同様の事象が起きる(再現性がある)ので、ハード的な問題かもしれません。

    上記の実行結果にもある通り、ようやくCanPoolがtrueになりまして、無事ディスク追加ができました。
    現在最適化中なので、終わりましたらまた報告いたします。


    2017年5月25日 11:25
  •  お世話になっております。なるほど、そもそも追加しようとした物理ディスクが認識されていなかったのですか。
     ともあれ、問題は解決のようでよかったです。


    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management http://satsumahomeserver.com

    2017年5月26日 11:26
  • すみません、また詰まってしまいました。
    記憶域にパスが割り当たっていない?のか、中身が見れないのですが…


    ディスクの管理メニューから確認した画面は以下のようになっていました。


    ファイルの表示ボタンを押下しても何も表示されませんでした。
    また変更ボタンから記憶域の変更画面にてDドライブに割り当てていることを確認してから記憶域の変更ボタンを押下すると下記のようなエラーメッセージが出ました。

    記憶域を変更できません。
    このボリュームは認識可能なファイルシステムではありません。必要なファイルシステムドライバーがすべて読み込まれているか、ボリュームが壊れていないか確認してください

    PowerShellでIsReadOnlyはfalseであることを確認したのですが…。
    PS C:\WINDOWS\system32> Get-StoragePool
    FriendlyName OperationalStatus HealthStatus IsPrimordial IsReadOnly     Size AllocatedSize
    ------------ ----------------- ------------ ------------ ----------     ---- -------------
    pool         OK                Healthy      False        False      10.91 TB       8.18 TB
    Primordial   OK                Healthy      True         False      13.65 TB      10.92 TB

    2017年5月27日 0:17
  •  2つ変更してください。

    1. 仮想ディスクにドライブレターを割り当てる
      仮想ディスクにドライブレターが未割当の状態になっています。
      ディスクの管理から、[ディスク5]の右に記載されているパーティションを右クリックし、[ドライブ文字とパスの変更]を押下後、ドライブレターをアサインしてください。
    2. コントロールパネルに警告が表示されているように、記憶域プールの容量が足りないことが原因で記憶域プールの[Health Satus]がFalseになっています。
      一時しのぎになりますが、管理者権限で以下のコマンドレットを実行して[ThinProvisioningAlertThresholds]の閾値をデフォルトの70%から85%に上げてみてください。今、各物理ディスクの利用率は最大で80%ですから、一旦は警告は表示されなくなります。

    Set-Storage Pool -FriendlyName Pool -ThinProvisioningAlertThresholds 85

     なお、当初の質問にある突然仮想ディスクがオフラインになったというのは、いずれかの(あるいは複数の)物理ディスクの使用率が100%になる書き込み要求を行った事で、システムがプールを保護するために仮想ディスクをデタッチしたことによるものです。
    (OSがクライアントOSですので再起動で再度オンラインに戻りますが、サーバーOSですと読取り専用、デタッチ状態のままになります)

    参考:記憶域プールのディスク容量に対するアラームの閾値を変更する


    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management http://satsumahomeserver.com

    2017年5月27日 2:01
  • ありがとうございます。
    下記の通り実行しました。
    PS C:\WINDOWS\system32> Set-StoragePool -FriendlyName Pool -ThinProvisioningAlertThresholds 85
    PS C:\WINDOWS\system32> Get-StoragePool | FL
    PassThroughClass                  :
    PassThroughIds                    :
    PassThroughNamespace              :
    PassThroughServer                 :
    UniqueId                          : {1e9dde0d-7425-4ceb-a167-a4afdc7c7153}
    AllocatedSize                     : 8999030226944
    ClearOnDeallocate                 : False
    EnclosureAwareDefault             : False
    FaultDomainAwarenessDefault       : PhysicalDisk
    FriendlyName                      : pool
    HealthStatus                      : Healthy
    IsClustered                       : False
    IsPowerProtected                  : False
    IsPrimordial                      : False
    IsReadOnly                        : False
    LogicalSectorSize                 : 4096
    MediaTypeDefault                  : Unspecified
    Name                              :
    OperationalStatus                 : OK
    OtherOperationalStatusDescription :
    OtherUsageDescription             :
    PhysicalSectorSize                : 4096
    ProvisioningTypeDefault           : Fixed
    ReadOnlyReason                    : None
    RepairPolicy                      : Parallel
    ResiliencySettingNameDefault      : Mirror
    RetireMissingPhysicalDisks        : Auto
    Size                              : 11999064883200
    SupportedProvisioningTypes        : {Thin, Fixed}
    SupportsDeduplication             : False
    ThinProvisioningAlertThresholds   : {85}
    Usage                             : Other
    Version                           : Windows Server 2016
    WriteCacheSizeDefault             : Auto
    WriteCacheSizeMax                 : 18446744073709551614
    WriteCacheSizeMin                 : 0
    PSComputerName                    :
    PassThroughClass                  :
    PassThroughIds                    :
    PassThroughNamespace              :
    PassThroughServer                 :
    UniqueId                          : {4737cd1d-1786-11e7-b713-806e6f6e6963}
    AllocatedSize                     : 12001828929536
    ClearOnDeallocate                 : False
    EnclosureAwareDefault             : False
    FaultDomainAwarenessDefault       : PhysicalDisk
    FriendlyName                      : Primordial
    HealthStatus                      : Healthy
    IsClustered                       : False
    IsPowerProtected                  : False
    IsPrimordial                      : True
    IsReadOnly                        : False
    LogicalSectorSize                 :
    MediaTypeDefault                  : Unspecified
    Name                              :
    OperationalStatus                 : OK
    OtherOperationalStatusDescription :
    OtherUsageDescription             :
    PhysicalSectorSize                :
    ProvisioningTypeDefault           : Fixed
    ReadOnlyReason                    : None
    RepairPolicy                      : Parallel
    ResiliencySettingNameDefault      : Mirror
    RetireMissingPhysicalDisks        : Auto
    Size                              : 15002964910080
    SupportedProvisioningTypes        : {Thin, Fixed}
    SupportsDeduplication             : False
    ThinProvisioningAlertThresholds   : {70}
    Usage                             : Other
    Version                           : Windows Server 2016
    WriteCacheSizeDefault             : Auto
    WriteCacheSizeMax                 : 18446744073709551614
    WriteCacheSizeMin                 : 0
    PSComputerName                    :

    ご指示いただいた通りディスクの管理から割り当てたのですが、アクセスすると下記のようなメッセージが表示されてしまいます。

    フォーマットだとデータが初期化されると思うのですが…
    とりあえずフォーマットはせずにとどめて置いています。


    • 編集済み toki0411 2017年5月27日 10:00
    2017年5月27日 9:42
  • ボリュームが RAW(未フォーマット)と認識されているためですね。ボリューム情報が壊れた可能性があります。

    chkdsk /f D: を実行するか、EaseUSなどの修復ソフトを利用するなどして、RAWの状態からファイルシステムを修復する必要があると思います。



    Masahiko Sada
    Microsoft MVP for Cloud and Datacenter Management http://satsumahomeserver.com

    2017年5月27日 12:11
  • 何から何までありがとうございます。
    いくつかファイルはサルベージできているみたいなので大丈夫だと思います。
    ただ、容量が大きすぎてファイルチェックだけで90時間以上かかりそうです…

    また終了次第報告いたします。

    2017年5月27日 13:29
  • 結論から申しますとダメでした。
    容量的にデータサルベージは難しく、結局フォーマットしました。
    慣れない機能を使うもんじゃないですね…。
    おとなしくそれぞれ単体のハードディスクとして扱おうと思います。
    とりあえず最後の回答候補を回答としてマークしておきました。
    長い間ありがとうございました。

    2017年5月29日 8:20