none
サーバー上の共有ファイル(Office製品)排他制御について RRS feed

  • 質問

  • お世話になります

    クライアントPC環境が、Windows XP Pro,Windows7 pro,Windows8 Proの環境です。

    来月4月9日のWindows XP サポート終了に備えてPC約120台をWindows7に移行中です。

    その8割の作業が完了しました。

    共有ファイルサーバーは、 Windows Server2008です。

    クラウド環境にあり、クライアントは、PPTPでサーバーにアクセスします。

    現在、Windows7  PCが共有ファイル(マイクロソフトOfficeファイル)を先に開いた場合、排他制御が効かなくなります。

    全く排他制御が効かなくなるのではなく、Windows7 PCでファイルを開いてから15分以上、経過させると排他制御が機能しません。

    PC側の省電力モードをオフにしたりしましたが、障害を解決出来ませんでした。

    Windows7 PC側では、常に共有ファイルに修正を加えていても、この問題は起きます。

    この障害は、Windows XP,Windows8では、発生しません。

    Windows7 PCのメーカーは、HP,NEC他のメーカーでも同じ障害になります。

    恐らくOfficeファイルが、ある時間経過するとClose状態になってしまうのだと思います。

    この問題を解決するには、どのような設定を行えば、良いでしょうか?

    Windows7では、共有ファイルのアクセスにも時間がかかり、以前のWindows XPの方が速いです。

    よろしくお願いします。

    2014年3月6日 6:07