none
Skylake CPU 搭載のWindows 7 の仮想マシンのセキュリティ方針について RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    昨年からニュースになっていますが、Skylake 世代のWindows 7のセキュリティ方針についての質問です。

    物理PC(Skylake)にWindows 7をインストールした場合、2018/7以降にセキュリティパッチが提供されないと明言されています。そこで、Windows 7を仮想マシンで構築し、リモート(VDI)で構築しようと思います。この場合、ホストPCがSkylake の場合、セキュリティパッチは提供されないのでしょうか?仮想マシン上では、SkylakeのCPUが見えているため、実際にどうなるのか情報ありましたら教えてください。

    2016年7月20日 2:43

回答

  • まず、2018 年 7 月以降にセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるという点については、少し誤解があると思います。実際には、2018 年 7 月以降も、一部のセキュリティ更新プログラムは提供されます。

    Skylake デバイス上の Windows 7 および Windows 8.1 に対するサポートポリシーの更新
    2.また、2018年7月以降、Skylake システム上の Windows 7 および Windows 8.1 に対して、全ての緊急のセキュリティアップデートを延長サポート期間中提供致します。(各OSの延長サポート期間 Windows 7: 2020年1月14日まで、Windows 8.1:2023年1月10日まで)

    仮想マシン上の場合についてですが、以下のような記事がありました。

    Here's Microsoft's list of Skylake devices that will be supported when running Windows 7 (英語)

    I also asked, as a number of readers had asked me, about what last week's support changes mean, if anything to those running Windows 7 or 8.1 in virtual machines on Skylake and newer PCs. The official reply, via a spokesperson:

    "People can still do this, but Windows 7 was designed nearly 10 years ago before any x86/x64 SOCs (system on a chips) existed. For Windows 7 to run on any modern silicon, device drivers and firmware need to emulate Windows 7's expectations for interrupt processing, bus support, and power states - which is challenging for WiFi, graphics, security, and more. As partners make customizations to legacy device drivers, services, and firmware settings, customers are likely to see regressions with Windows 7 ongoing servicing."

    (So, in other words, yes, but not advisable., according to the Softies.)

    「利用できるが、賢明ではない」ということです。おそらく物理 PC と同様の対応になると想像していますが、実際に構築されようとしている環境ではどうなのか (具体的な事例) については、公式のサポート窓口などに確認されることをお勧めします。

    2016年7月20日 4:44

すべての返信

  • まず、2018 年 7 月以降にセキュリティ更新プログラムが提供されなくなるという点については、少し誤解があると思います。実際には、2018 年 7 月以降も、一部のセキュリティ更新プログラムは提供されます。

    Skylake デバイス上の Windows 7 および Windows 8.1 に対するサポートポリシーの更新
    2.また、2018年7月以降、Skylake システム上の Windows 7 および Windows 8.1 に対して、全ての緊急のセキュリティアップデートを延長サポート期間中提供致します。(各OSの延長サポート期間 Windows 7: 2020年1月14日まで、Windows 8.1:2023年1月10日まで)

    仮想マシン上の場合についてですが、以下のような記事がありました。

    Here's Microsoft's list of Skylake devices that will be supported when running Windows 7 (英語)

    I also asked, as a number of readers had asked me, about what last week's support changes mean, if anything to those running Windows 7 or 8.1 in virtual machines on Skylake and newer PCs. The official reply, via a spokesperson:

    "People can still do this, but Windows 7 was designed nearly 10 years ago before any x86/x64 SOCs (system on a chips) existed. For Windows 7 to run on any modern silicon, device drivers and firmware need to emulate Windows 7's expectations for interrupt processing, bus support, and power states - which is challenging for WiFi, graphics, security, and more. As partners make customizations to legacy device drivers, services, and firmware settings, customers are likely to see regressions with Windows 7 ongoing servicing."

    (So, in other words, yes, but not advisable., according to the Softies.)

    「利用できるが、賢明ではない」ということです。おそらく物理 PC と同様の対応になると想像していますが、実際に構築されようとしている環境ではどうなのか (具体的な事例) については、公式のサポート窓口などに確認されることをお勧めします。

    2016年7月20日 4:44
  • こんにちは、yuzi sekiguchi さん
    フォーラムオペレータの佐伯 玲 です。

    その後の状況はいかがでしょうか?
    Tomoaki Yoshizawaさんからご参考になる返信がお寄せいただけているかと思いましたので私のほうから「回答としてマーク」とさせていただきました。

    ご確認いただけましたらこちらのスレッドへご返信くださいませ。

    宜しくお願い致します。

    TechNet Community Support 佐伯 玲

    2016年7月29日 8:33