none
複数法人へWSUSの配信を行う場合のライセンスについて RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    タイトルの件について、複数の法人に対してWSUSにて更新プログラムを配信・管理したく、その際のライセンス類についての調査をしていたところ、下記サイトを見つけました。

    https://www.microsoft.com/ja-jp/business/industry/gov/wsus.aspx

    こちらの「3. 更新プログラムの適用の業務委託について」にて、下記のように記載がありました。

    > 業務委託を受けた事業者は自社設備の WSUS で複数の自治体顧客への配信を行うことはライセンス上できません。あくまで業務の委託として自治体のお客様ごとの WSUS を個別にホスティングまたはハウジング等により提供することで業務を請け負うことで実施することができます。

    > 仮想サーバーで複数の自治体の WSUS 運用はライセンス上できません。
    > 事業者が業務委託を受ける場合、専用に設備を提供する必要があり、マイクロソフトのライセンスはハードウェアに紐づいているため、ハードウェアを共有する 仮想化サービスはライセンスの共有とみなされます。ブレードサーバーは CPU 搭載されるボードがそれぞれのハードウェアとして考えられるので使用可能です。

    本文は自治体向けのアナウンスであると思いますが、これは法人にも当てはまるのでしょうか?
    (仮想サーバでWSUSを1台構築して各法人へ更新プログラムを適用しようと思っていましたがこれは誤りでしょうか)

    2019年2月7日 6:01

すべての返信

  • 『WSUS を含む更新プログラムのファイルの配布、適用は Windows ライセンスを所有するお客様の権利として自身で行うことを認めていますが、第 3 者の事業者などが配布することは基本的に認められていません。』と書かれているのは自治体と限定しての表現ではないですね。

    このフォーラムではライセンスについての「正解」を提供できないので、必要があれば Microsoft のライセンス窓口に問い合わせるか、弁護士など法律の専門家に相談されるかしてください。

    参考:フォーラムでご質問頂くにあたっての注意点 
    『確実な情報を得るためにフォーラムでは公式のライセンス窓口やリセラーの窓口へご確認されるようお願いしております。
     ライセンスに関するお問い合わせ先 - マイクロソフト ボリューム ライセンス http://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/contact-us.aspx


    Hebikuzure aka Murachi Akira

    2019年2月7日 6:11