none
ドキュメントライブラリへドキュメントを再アップロードするとエラーが発生する RRS feed

  • 質問

  • こんにちは

    ワークフローを設定したドキュメントライブラリにドキュメントを再アップロードすると
    エラーが発生します。

    ■動作手順
    1.ドキュメントライブラリに<ファイル名>.txtを新規アップロード
    2.プロパティが表示され、内容を登録
    3.ドキュメントライブラリに<ファイル名>.txtを再度アップロード(「上書きする」にチェック)
    4.プロパティが表示されるが、入力内容を登録しようとするとエラー発生

    ■エラー内容
    エラー
    ファイル DocLib1/<ファイル名>.txtは <ユーザー名> によって dd mm yyyy hh:mm:ss +0900 に変更されています。

    ■動作環境
    Server:Windows 2003 R2、SharePoint 2007 SP2
    Client:Windows XP、VISTA

    エラーの回避方法があればお教えいただけますでしょうか。

    新規アップロード時も同様のエラーが出ていましたが、
    [現在のアイテムでフィールドの変更を待つ]を設定することで回避できました。
    http://sharepointmaniacs.com/archives/246

    何らかのヒントになるような情報があれば
    ご教示頂けますでしょうか。

    よろしくお願いいたします。

    2011年2月16日 7:43

回答

  • ドキュメントライブラリとワークフローは非常に相性が悪いです。

    原因は、ドキュメントライブラリに「プロパティ」がある場合、ファイルがアップロードされた時点で

    ワークフローが動作することです。

    実際にはそのあとにプロパティ入力があるため、ワークフローの内容と動作タイミングしだいで更新が競合します。

    一応、「変更を待つ」アクション、という回避策はあるのですが、たとえばユーザがプロパティ画面で

    キャンセルしてしまった場合はどうなる?などいろいろ問題があります。

    残念ながらこれは仕様ですので、抜本的な回避策は

    「ワークフローを自動起動せず、手動にする」

    「またはバッチ動作にする」

    「またはライブラリハ列を追加しない(素で利用する)」

    くらいしかありません。


    SharePoint MANIACS あなたの SharePoint 活用できていますか?ちいさな「アドバイス」からご支援します。 http://sharepointmaniacs.com/
    • 回答としてマーク 山本春海 2011年3月2日 7:36
    2011年2月17日 2:59