locked
App-V 4.5 提供開始およびMDOP に含まれる他のツールに関するアップデート RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • 本日App-V 4.5のダウンロードがマイクロソフトボリュームライセンスセンターサイトからダウンロードを開始しました。

    下記本日のダウンロード開始にかかわる MDOP blog への投稿文翻訳になります。

     

    App-V のDL方法に関しては下記のサイト(英文)にステップバイステップが掲載されています。

    http://blogs.technet.com/virtualworld/archive/2008/09/15/how-to-download-app-v-4-5-rtm.aspx

     

    ==========================================================

    MDOP 2008 R2 がついに RTM へ!

    1 週間前、仮想化と Optimized Desktop ソリューションにおける仮想化の役割について、私の同僚 Shanen Boettcher 氏がエントリを書きました。その記事で Microsoft Application Virtualization 4.5 (App-V) RTM(Release to Manufacturing)について触れられていましたが、今日いよいよ、MDOP 2008 R2 製品スイート全体が正式に RTM ステータスに到達しました!新しいお客様も、既存のお客様も、App-V 4.5 は今すぐに入手していただけますが、その他の MDOP 2008 R2 コンポーネントも、今年 10 月の第 1 週にはお使いいただけるようになります!

    Shanen 氏の記事に「Optimized Desktop は、これまでのデスクトップ インフラストラクチャーにつきものだった ITとエンドユーザーの対立を解消するものだ」とありますが、Microsoft は、このことこそ、現在の IT に期待されるビジョンだと確信しています。そして、このビジョンの実現にとって、本日のお知らせは非常に重要な意味を持つことになります。Optimized Desktop 環境の下では、IT がデスクトップ インフラストラクチャーを確実に統制し、サポートされるユーザーは IT に煩わされることなく作業できるという、IT ユーザーの協力関係が実現します。MDOP 2008 R2 Windows Vista の組み合わせにより、“1+1=3”、つまり 2 つを足した以上のソリューションを構築できます。IT が適切に統制、管理され、ユーザーに適切な権限を与え、生産性を強化することにより、これまで以上にビジネスが加速されます。

    先週発表された App-V 4.5 のアップグレードに加えて、MDOP 2008 R2 には以下の有用なアップグレードと強化点を備えています。

    ローカライズ

    AGPM (Advanced Group Policy ManagementApp- V)DEM (Desktop Error Monitoring)、および DaRT (Diagnostics and Recovery Toolset ) の各テクノロジが 10 言語にローカライズされています (スペイン語、ブラジル ポルトガル語、簡体字/繁体字中国語、オランダ語 (App-V のみ)、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ロシア語)

    AIS (Asset Inventory Service ) 1.5

    Asset Inventory Service はホスト型のインベントリ サービスとして、お客様のデスクトップ上のあらゆるアプリケーションをスキャン/分析し、収集したインベントリ データを使いやすく有用な情報に変換します。全社規模の監視機能として使用できるため、組織に導入されたあらゆるソフトウェアを追跡できるようになります。AIS のバージョン 1.5 では、インベントリ情報とライセンス情報を照合できるようになりました。これにより、企業に導入されたソフトウェアを、ライセンス条項に準拠しているかどうか確認できます。ソフトウェア資産管理、特にライセンスの追加 (true-up)、更新、再割当を伴う場合には、導入情報とライセンス情報の一元管理は欠かせません。この最新バージョンは、2008 11 月の提供を予定しています。

    AGPM (Advanced Group Policy Management) 3.0

    Advanced Group Policy Management 3.0 により、IT 環境のグループ ポリシー オブジェクトの統制と変更管理を行い、カスタマイズ可能な権限を追加して、グループ ポリシー変更管理ツールの使用を強制できます。AGPM 管理者は、AGPM が管理する運用環境のグループ ポリシー オブジェクトに設定された、さまざまな権限をカスタマイズできるようになります。また、追跡機能の強化により、企業の支社が独自に定めたポリシーを管理できるようになりました。最新バージョンの AGPM は、Windows Server 2008 および Windows Vista SP1 との互換性を実現し、64 ビット マシンおよびグループ ポリシー基本設定 (新機能) の完全サポートを提供します。今回の強化により、AGPM は今やなくてはならない機能になったと言えるでしょう。

    新機能は続々と登場します

    強調しておきたいのは、開発サイクルは本記事の発表以降も続くということです。1 足す 1 3 あるいはそれ以上にする Optimized Desktop の公式、それを追求する Microsoft の取り組みにおいては、今回の発表は 1 つのマイルストーンでしかありません。2009 年の前半には、MED-V (Microsoft Enterprise Desktop Virtualization) のリリースを予定しています。MED-V は、今年買収した Kidaro 社のテクノロジに初めて Microsoft ブランドを冠したリリースであり、MDOP の重要な追加機能として公開される予定です。安全で高速、管理性の高いローカル ハードウェア仮想化ソリューションとして App-V を補完し、「デスクトップからデータセンターまで」を目指す Microsoft の仮想化ソリューション実現を促進します。 

     

    2008年9月16日 13:41

すべての返信

  •  

     

    ステップバイステップのサイトを参考にDLしようとしたのですが、

    3. Go to the Products Download Section

    の部分が表示に見当たりません。

     

    評価用にDLしようと思うのですが、ライセンスは有償になるのでしょうか。

     

     

    2008年9月23日 2:44
  • お世話になっております。

     

    こちらどちらのサイトからのDLになりますでしょうか。

     

    Microsoft Volume License Service のサイトからのDLは、ライセンスを契約されているお客様のみになりますので有償となります。MSDNなどの場合も契約されているお客様になってしまいます。

     

    ただ無償の評価版を現在準備しております。準備ができ次第 Technetを通じて配布できるよう準備をいたしますので、ご期待いただければと思います。

     

    よろしくお願いします。

     

    2008年9月23日 8:55
  • やまもとです。

     

    TechNetサブスクリプションのダウンロードサイトでもMDOP 2008 R2(の日本語版)の

    ダウンロードが可能になりましたね。

    #先日までは「ダウンロード」がグレーアウトしてましたけど。

     

    以上、報告まで。

    2008年10月14日 5:02
  • お世話になっております。

     

    MSDNでのダウンロードも開始しております。

     

    ぜひこちらからもご活用ください。

     

     

    2008年10月22日 5:18
  • 森様

     

     >MSDNでのダウンロードも開始しております。

     上記のように書かれていらっしゃるのですが、見つかりません。

    上記は無償の評価版がダウンロードできるようになったのでしょうか?

    それとも、有償のものがダウンロードできるようになったのでしょうか?

     無償であれば、英語版でもかまいませんので、ダウンロードできるのであれば、詳細をおしえていただけないでしょうか?

    2009年2月6日 17:01
  • お世話になっております。マイクロソフトの佐藤芳樹です。

    MSDNでは以下のカテゴリに公開されております。

    [サーバー] - [Desktop Optimization Pack] の中にある
     [Microsoft Desktop Optimization Pack 2008 R2 (x86 and x64) - DVD (Japanese)]

    公開されているものは評価版ではございませんので有効期限などは設けられておりません。

    また、評価を行っていただくにあたり必要なドキュメント(手順書など)が下記に公開されております。
    こちらも合わせてご活用ください。

    http://technet.microsoft.com/ja-jp/appvirtualization/cc843994.aspx

    よろしくお願い申し上げます。

    MS 佐藤
    2009年2月8日 14:57