none
ダイヤルアップ接続環境で Windows 10 機能更新プログラムを適用する際の留意事項 RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • ※ 本記事はマイクロソフト社員によって公開されております。

    こんにちは、日本マイクロソフトサポートです。
    本情報は Windows 10 の機能更新プログラム適用時、ダイヤルアップ エントリの一部の設定が初期化される事象について、説明しております。
    ダイヤルアップ接続を利用する環境で、機能更新プログラムを適用する際、こちらの事象をご留意ください。


    [事象]
    Windows 10 の機能更新プログラム適用時 (November 2019 Update(バージョン1909)などの適用時) ダイヤルアップ エントリの一部の設定が初期化される。 


    [発生条件]
    以下 2 つの条件を満たす環境で、機能更新プログラムを適用した場合、事象が発生します。

    条件① ダイヤルアップ接続が設定されている Windows 10 環境である。
    条件② 該当端末にモデムが接続されていない、または接続されているが、モデムの電源が OFF になっている。


    [原因]
    デバイス情報の移行処理において、モデムが接続されていない (または電源 OFF となっている) ことで、未使用のデバイスと判断され、該当モデムのデバイス情報が移行されないこと。

    ※ 移行されない情報は、デバイス情報のみです。モデムを利用するために必要なドライバーは移行されます。
       この動作は現行 Windows 10 における想定された動作です。


    [対処]
    モデムを接続し、電源が ON の状態で、機能更新プログラムを適用する。


    [事象が発生した場合]
    前述の対処を実施せず、機能更新プログラムを適用し、ダイヤルアップ エントリの一部の設定が初期化された場合、以下の手順を実施します。

    ① コントロール パネルを起動します。
    ② コントロール パネル内の [ネットワークと共有センター] をクリックします。
    ③ [ネットワークと共有センター] 画面の左のメニューから [アダプターの設定の変更] をクリックします。
    ④ ダイヤルアップ エントリを右クリックし [プロパティ] をクリックします。
    ⑤ プロパティ画面で [構成] をクリックします。
    ⑥ [モデムの構成] 画面で「ハードウェアの機能」の 3 つのチェックボックスにチェックが付いていない場合は、チェックを付けて [OK] をクリックします。
    ⑦ [OK] をクリックし、開いていた画面を閉じます。



    [機能更新プログラムのトラブルシューティングに関する他の参考情報]

    その他、以下の情報も公開しております。
    機能更新プログラムの適用をご検討いただいている場合、併せてご参照いただけますと幸いです。

    最新の Windows 10 のインストールのトラブルシューティング … 一般的な対処策
    最新の Windows 10 のインストールのトラブルシューティング … ログ分析の進め方

    Windows 10 の機能更新プログラム適用に失敗する、または時間がかかってしまうケースと、その対処方法





    2020年9月28日 3:43
    所有者