none
[速報] VSeWSS 1.1 と 1.2 (VS2008対応版) RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • 皆様、お疲れ様です。 Office Developer Center 管理者の西岡です。

     

    現在、私は米国のサンノゼで開催されている、Microsoft Office System developer conference 2008 に参加しています。

    つい先ほどですが、新しいMOSS/WSS用の開発ツールの発表がありましたので、速報でお知らせします。

     

    Visual Studio 2005 extentions for Windows SharePoint Services 3.0 (VSeWSS) Version 1.1

    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=3e1dcccd-1cca-433a-bb4d-97b96bf7ab63&displaylang=en

     

    現在上記のサイトから英語版がダウンロード可能です。なお、今回のバージョンでは日本語版も提供を予定しておりまして、近日中にダウンロードが可能になるとのことです。主な新機能は以下の通りです。

     

    VSeWSS 1.1(v1.0からの差分)

    1. 新しいプロジェクト/アイテムテンプレート

    2. Visual Basic対応

    3. Solution / Featureの編集機能

    4. 配置の高速化

    5. 各国語対応 (日本語を含む9ヶ国語)

     

    また、今回の発表では、VS2008に対応した

     

    Visual Studio 2008 extensions for Windows SharePoint Services 3.0 (VSeWSS) Version 1.2

     

    の発表もありました。こちらは2008年6月提供開始とのことです。

    こちらの機能は詳細が公表されておりませんが

     

    VSeWSS 1.2v1.1からの差分):

    1. Visual Studio 2008対応

    2. v1.1とのside by side実行

     

    という形で、機能的には1.1と同等になるようです。

    VS2008でMOSSのワークフロー開発が便利になったのに、他の開発は2005だと、開発環境が2つになって面倒だな。。。と思われている方には朗報かと思います。

     

    今後、Office Developer Centerのサブサイトである、SharePoint Server Developer Portal でもこの新しいVSeWSSに関する技術資料は積極的に提供をおこなっていく予定です。

     

    ぜひぜひご期待ください。

     

    西岡

     

     

     

    2008年2月12日 22:36