none
ここで質問するのが適当かわかりませんが・・・次期Windows Home ServerのVailですがSSDに対応する見込みですか? RRS feed

  • 質問

  • 検索してみましたが英語やドイツ語の記事しかみつかりませんでしたし、Microsoftに要望を挙げろみたいなことしか書いていなかったのですが(それも去年の4月頃の書き込みのようでした)

    SSDを起動(システム)ドライブにすることは可能になる見込みですか? 今は20GBだから64ビットになっても64GB程度のSSDなら十分入ると思うのです。今のWHS PP3では不可能なようですが。(最低160GBないといけないとかHDDと同じ扱いになるとか?)

    まだ発表みたいなものは無いのでしょうか。

    2011年2月3日 7:33

回答

  •   SSDに対応する/しないというよりも、HW要件としての要求水準をSSDで満たせるかという観点の方が正しいでしょう。
    VailのHW要件のうち、ストレージに関するのは 「160GB以上のHDD」という部分です。SSDで160GB以上のものを用意すれば、この要件は満たせますので、インストール可能です。

    この要件を満たせない場合は、インストーラーにて弾かれますので通常はインストール出来ません。
    ただし、自動応答ファイルを作成してインストールすると、HW要件を無視したり、システムパーティションの容量も指定することが出来ますので、より容量の小さなSSDでもインストールが可能になる可能性があります。

    • 回答としてマーク sakana8897 2011年2月3日 23:54
    2011年2月3日 14:16
    モデレータ

すべての返信

  • 常時起動にして使えば必要はないのかもしれませんがシェアウェアのLights-Outを使ってある程度使わない時はシャットダウンしているので、クライアントPCを起動後2,3分程度は共有フォルダのファイルが使えないのです。たまたまWindows Update中だとかだともっとかかります。
    2011年2月3日 7:36
  •   SSDに対応する/しないというよりも、HW要件としての要求水準をSSDで満たせるかという観点の方が正しいでしょう。
    VailのHW要件のうち、ストレージに関するのは 「160GB以上のHDD」という部分です。SSDで160GB以上のものを用意すれば、この要件は満たせますので、インストール可能です。

    この要件を満たせない場合は、インストーラーにて弾かれますので通常はインストール出来ません。
    ただし、自動応答ファイルを作成してインストールすると、HW要件を無視したり、システムパーティションの容量も指定することが出来ますので、より容量の小さなSSDでもインストールが可能になる可能性があります。

    • 回答としてマーク sakana8897 2011年2月3日 23:54
    2011年2月3日 14:16
    モデレータ
  • どうもありがとうございます。

    現時点では特に発表はなくHDDと同じ扱いになるらしいということですね。160GBのSSDは特売で3万円弱で購入したIntelのを持ってますが、特売でもなければちょっと手が出る値段ではないですね。(メインPCの起動ドライブに使っていますので流用は出来ません。)

    2011年2月4日 0:00
  • 上記コメントを拝見してご質問の正確な意図をはかりかねていますが、「SSDに対応」という言葉をどういう意味で使っていらっしゃいますか?


    1) SSD上にVailをインストールできる
    2) VailがSSDを認識して、HDDとは異なる動作をする(Trimコマンドのサポート等)

    1)であれば、私のご回答通りです。
    2)であれば、ベースOSのWindows Server 2008 R2はSSDをサポートしています。

    また、今日Vail 改め Windows Home Server 2011 の RC版(英語版のみ)が公開されています。
    ご参考までに。

    2011年2月4日 0:15
    モデレータ
  • 何度もすいません。

    もちろんインストール出来ることが第一ですが2)も含まれます。Windows Serverのプログラムやあまり書き換えの必要がない重要データ以外のユーザーデータはSSDではなくHDDに保存して欲しいということです。システム用(最小限容量の)SSDを1台とデータ用(大容量の)HDDを2台取り付けるような構成にしたいということです。

     

    2011年2月4日 2:12