none
Windows Server 2012のサーバーマネージャーで、.Net Framework3.5が有効化(機能のインストール)に失敗する。 RRS feed

  • 質問

  • デスクトップ機にWindows Server 2012 Standard評価版をインストールしています。この状態にsccm 2012 SP1を乗せたいので,まずSQLサーバをインストールするための.Net Framework3.5をサーバーマネージャーから有効化しようとしていますが、処理実行の中盤で「× 機能のインストール」とエラー表示されます。
    「1つ以上の役割、役割サービス、または機能のインストールに失敗しました。 ソースファイルが見つかりませんでした。役割と機能の追加ウィザードの新しいセッションで役割、役割サービス、または機能のインストールを再実行し、ウィザードの[確認]ページで[代替ソースパスの指定]をクリックして、インストールに必要なソースファイルの有効な場所を指定してください。指定する場所は、インストール先サーバのコンピュータアカウントによってアクセスできる必要があります。」が、ウィザード上にエラー詳細として表示されています。

     代替パスの指定や、クリアは、DVDドライブや、Dドライブ直下、または他のOSのDVD資源から.NetのNetFx35で始まるフォルダなど全部をコピーしてきてチャレンジしましたが、正常にインストール処理が終了しません。

    どのような手順を踏めば、Windows Server 2012 Standardの機能.Ner Framework3.5を有効にすることが出来るでしょうか? 
     .Net Frameworkのインストール.exeも直接実行しましたが、当然失敗です。

    以下の確認と対応も実施しました。
    言語の確認
    .NET Framework 3.5がインストール出来ない理由。原因は言語パックにあり
    日本語以外の言語パックがインストールされている為。
    DISM /online /get-intl

    DISMコマンドでの確認(2種類)
    Install-WindowsFeature コマンドレットを実行して .NET Framework 3.5 をインストールするには
    Install-WindowsFeature NET-Framework-Core –Source D:\Sources\SxS
    WIM:\\                 server_name                 \share\install.wim:3
     DISMログには、0x8007007e がでています。

    Windows Server 2008 評価版でも同様でした。




    2014年10月20日 7:17

回答

  • DISMコマンドを使用します。書式は以下のとおり

    DISM /online /Enable-Feature /FeatureName:NetFx3 /All / LimitAccess /Source:<ソースフォルダ>

    上記のソースフォルダは例としてDVDドライブがDの場合、 D:\sources\sxs

    となります。このコマンドで当方では.NETFramework3.5を導入できています。

    • 回答としてマーク Miya moto 2014年10月22日 8:04
    2014年10月21日 0:59

すべての返信

  • コントロールパネルで Windows の機能の有効化または無効化 を実行して .NET Framework 3.5 の有効化を実地

    または、Windows のインストールメディアを使用して有効にする。

    .NET Framework 3.5 インストール エラー: 0x800F0906、0x800F081F、0x800F0907


    • 回答の候補に設定 佐伯玲 2014年10月21日 0:19
    • 編集済み 藤森幸治 2014年10月21日 3:29
    2014年10月20日 8:51
  • DISMコマンドを使用します。書式は以下のとおり

    DISM /online /Enable-Feature /FeatureName:NetFx3 /All / LimitAccess /Source:<ソースフォルダ>

    上記のソースフォルダは例としてDVDドライブがDの場合、 D:\sources\sxs

    となります。このコマンドで当方では.NETFramework3.5を導入できています。

    • 回答としてマーク Miya moto 2014年10月22日 8:04
    2014年10月21日 0:59
  • 昨日はDISMコマンドによる Windows Updateでのイメージファイルの修復処理をしたように思います。
     ローカルディスクD:\に、.isoファイルを解凍したフォルダや、autorunを配置し、
    ご指示のコマンドラインで、コマンドプロンプト(管理者)で試行してみたいと思います。

    原因として、MS社サーバ側にコマンドNetFx3で認識するインストーラ?が既に無くなっているため、いくら要求しても落ちてこないという記述を数週間前に見ました。
    確かにエラーの内容をみていると、ファイルが破損しているか、パスを見直せとか、とにかく指定先に指定物がないという類のメッセージが多いです。 
    もうあるとしたら、DVD(.ISO)の中しかないのDすが、.ISOをDVDに書き込むときに256BITの文字長制限で.NetFramework関連のフォルダが1つだけ書き込まれてないのが警告メッセージでわかります。 .ISOを対象のサーバ機に写し、D:/直下に展開して、機能の有効化をしてみて、ダメならご指示のコマンドで実施してみる。と考えます。
    2014年10月21日 2:23
  • ご指南をありがとうございます。今朝、環境をやっと整え再試行です。
    DISM /online /Enable-Feature /FeatureName:NetFx3 /All / LimitAccess /Source:<ソースフォルダ>の ソースフォルダの部分ですが

    MS社の資料では、d:\Sources\SxS として、逆スラッシュで記載されています。
    この部分が問題なのか¥マークでも、/でも、どれで実行してもできませんでした。
    私のはEドライブなので、Eで今からやってみます。

    2014年10月22日 0:16
  • 検証環境で実施してみました。

    こちらでは「¥」で実行できました。失敗する場合はパスを[<CD/DVD>:\sources] と[sxs]なしで指定してみてください。

    2014年10月22日 1:05
  • チャブーンです。

    この件ですが、大前提として、「Windows Server 2012 評価版」DVD-ROMを、参照先に設定しないときちんと動作しません。文脈からはわかりませんが、実際利用したインストールメディアではないWinodows ServerのDVD-ROMを使っていた場合、問題は解消しません。

    大丈夫だとは思いますが、念のためコメントしました。心当たりがあるなら、確認してみてください。

    2014年10月22日 1:25
    モデレータ
  • ありがとうございました。
    やっと、有効化ができました。有効化出来ないという事で悩み、数週間。
    DiSMコマンドにたどり着いて3日。

    根本的な原因は、DVDに焼かれている.ISOイメージが、文字数超で欠損していると考え、
    そのため、DVD(E)からの有効化が実行できないと考えていました。

    ですので、DVDドライブからの有効化を試行していませんでした。

    先週からは、Dドライブにsourceフォルダを展開して、そこを読んで実行してもらえるように
    サーバーマネージャーからの役割と機能の追加で、代替ソース パスの指定 を書き換えていました。今日は、違うファイル名称(9600.17050・・・・の).ISOイメージを置いてトライしていました。

    皆さまからのご指導、どれも適格でした。
    (既にMSサイトで)藤森様ご指摘のページは、一通り実行していたのですが・・。

    2014年10月22日 5:29