none
Windows Server 2008 メンバーサーバーをWSUSレプリカサーバーとするには RRS feed

  • 質問

  • Windows Server 2003 Active Directoryドメインです。1台のWindows Server 2003 SP2 メンバーサーバーにWSUS 3.0をインストールしMicrosoft Updateから同期するアップストリームサーバーとしています(サーバー名:A)。このたび、1台のWindows Server 2008 メンバーサーバーにWSUS 3.0をインストールし、アップストリームサーバー(サーバー名:A)から同期するレプリカサーバーとしました(サーバー名:B)。

    レプリカサーバー(サーバー名:B)を同期させると、アップストリームサーバー(サーバー名:A)と同じ数だけ、「サーバーの統計」の所へ「未承認の更新プログラム」「承認された更新プログラム」「拒否された更新プログラム」が表示されました。

    しかし、「ダウンロード状態」の「ファイルを必要とする更新プログラム」のダウンロードが一向に進みません。(言い換えれば、レプリカサーバー(サーバー名:B)の %systemdrive%\WSUS\WsusContent  フォルダヘ更新ファイルが一向に保存されません)

    Windows Server 2003のIIS6.0では、「インターネットインフォメーションサービス(IIS)6.0マネージャ」の「Webサービス拡張」で、「WebDAV」を許可すれば、%systemdrive%\WSUS\WsusContent  フォルダヘ更新ファイルが保存されました。

    Windows Server 2008のIIS7.0では、「Webサービス拡張」の「WebDAV」に該当するものはどこにあるのか教えて下さるようお願いします。

    2008年5月18日 11:56

回答

  • 下記URLを読んでいたら、自己解決しました。

    http://www.wise-hawk.com/blog/b_microsoft/wsus/

     

    Windows Server 2008 サーバー機本体に外付けのハードディスク(Eドライブ)を取り付け、そのEドライブにWSUS 3.0 をインストールしたのですが、そのEドライブに共有フォルダがあったので、Eドライブの親のアクセス許可をいじっていたのが原因でした。

    その共有ファルダを別のハードディスクに移動させ、WSUS 3.0 をアンインストールし、外付けのハードディスク(Eドライブ)をフォーマットし、WSUS 3.0を再インストールしました。そして、アップストリームサーバー(サーバー名:A)から同期するレプリカサーバー(サーバー名:B)とするように設定し、同期したら、 %systemdrive%\WSUS\WsusContent  フォルダヘ更新ファイルが保存されるようになりました。IIS7.0 の「Webサービス拡張」の「WebDAV」に該当するものの問題ではありませんでした。大変時間がかかりましたが単純なミスでありました。

     

     

     

    2008年5月20日 16:17