none
《報告》私のパソコンは USB メモリ からの起動が可能だった。KNOPPIX CD 版 (ver 6.0.1)、DVD 版 (ver 6.2)、の USB メモリ起動 ができた。起動、ブート RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • 《私のパソコン》
    1a. 2007年9月購入、NEC製 Valu One G (タイプMT) シリーズ、Core 2 Duo、Vista SP2 と XP SP3 の デュアル ブート。
    1b. OS の起動選択には、日本製フリー ソフト MBM (Multiple Boot Manager) を使用している。
    1c. BIOS = American Megatrends   ver 0010/404A1000  (パソコン購入時点からこの version である)

    《BIOS 設定》 --- (注:BIOS の説明はパソコンの電子マニュアルにある)
    2a. USB メモリ を USB コネクタに挿す。メモリの内容は空白でよい。
    2b. BIOS 画面に入り、Advanced メニュー、Advanced Chipset Setup、と進み、USB Storage Device Support = [Enabled] にする。変更を保存する。
    2c. パソコンを再起動し、再び BIOS 画面に入る。USB Storage Device Support の下の USB Storage Device Configuration = [Auto] にする。
    2d. Boot メニューの Boot Device Priority を見る。
    (例として) 1st = CD/DVD Drives、2nd = Removable Drives、3rd = Hard Disk Drives、4th = Network : xxxx、5th = Boot from Other Device [Yes]
    2e. Boot メニューの Removable Drives を見る。挿してある USB メモリ を意味する Device名 が表示されていることを確認する。
    2f. 変更を保存し、Vista などの OS へ移行する。

    《KNOPPIX 起動用 USBメモリ の作成  --- 初めは CD 版で》
    3a. 次のものを用意する。
     公式サイトから、knoppix_v6.0.1CD_20090208-20090225_opt.iso    --- (KNOPPIX CD 版 ver 6.0.1、iso イメージ)
     公式サイトから、knoppix_v6.2DVD_20091118-20091204_opt.iso    --- (KNOPPIX DVD 版 ver 6.2、iso イメージ)
     公式サイトから、syslinux-3.84.zip (最新版を用意すればよい)
     USB メモリ --- 今回、4GB のものを使用した。
     仮想ドライブ --- Alcohole 52% などのフリー ソフト --- 使用する場合、あらかじめインストールしておく。
    3b. knoppix_v6.0.1CD_20090208-20090225_opt.iso を CD-R または CD-RW に書き込む。この CD-R または CD-RW を光ドライブに挿入する。あるいは、knoppix_v6.0.1CD_20090208-20090225_opt.iso を仮想ドライブにマウントする。
    3c. USB メモリを挿入する。単純化のため、USB メモリのパーティション分割は行わない。
    3d. USB メモリを FAT 32 でクイック フォーマットする。
    3e. エクスプローラで、3b. の CD-R または CD-RW または仮想ドライブの中のファイルを見る。次のものを USB メモリにコピーする。
     ドライブ:\boot\isolinux フォルダの中の複数ファイル(16個、5MB)、
     ドライブ:\KNOPPIX フォルダごと(1個、588MB)、
    コピー後、USB メモリの中の isolinux.cfg を syslinux.cfg と名前を変更する。
    3f. syslinux-3.84.zip の中身を、C: ドライブの分かり易い所にコピーする。コマンドプロンプト(黒い画面)を起動する。
    >のディレクトリーを変える。先程のコピーの win32 フォルダに移る。
    > syslinux /?    で正しい反応があれば、目的のディレクトリーである。
    > syslinux ○:   を実行する。○はUSB メモリのドライブ文字 (E とか F とか 1文字)である。○を間違えないように、エクスプローラでよく確認する。
    3g. 以上 3d. から 3f. で KNOPPIX 起動用 USBメモリ の作成作業は終りである。アプリケーション ソフトを全て閉じる。パソコンを再起動、あるいはパソコンを一度落としてから起動する。KNOPPIX が起動する。

    《KNOPPIX 起動用 USBメモリ の作成  --- 次は DVD 版で》
    4. knoppix_v6.2DVD_20091118-20091204_opt.iso を使い、3b. から 3g. と同じことを行う。 (CD-R、CD-RW、の換わりに、DVD+-R、DVD+-RW、を使う)

    《パソコンのリカバリー CD を、USB I/F 外付け DVD ドライブから起動できる》
    5a. USB I/F 外付け DVD ドライブの電源を入れる。
    5b. BIOS 画面に入り、Advanced メニュー、Advanced Chipset Setup、と進み、USB Storage Device Support = [Enabled] にする。変更を保存する。
    5c. パソコンを再起動し、再び BIOS 画面に入る。USB Storage Device Support の下の USB Storage Device Configuration = [CDROM] にする。
    5d. Boot メニューの Boot Device Priority を見る。
    (例として) 1st = CD/DVD Drives、2nd = Removable Drives、3rd = Hard Disk Drives、4th = Network : xxxx、5th = Boot from Other Device [Yes]
    5e. Boot メニューの Removable Drives を見る。接続してある USB I/F 外付けDVD ドライブ を意味する Device名 が表示されていることを確認する。
    5f. USB I/F 外付け DVD ドライブ にパソコンのリカバリー CD を挿入する。
    5g. 変更を保存し、続行させる。リカバリー CD が読み込まれる。

    2009年12月30日 14:50