none
データ重複除去機能と「Windows Search サービス」の共存について RRS feed

  • 質問

  • ファイルサーバーとして活用しているWindows Server 2012R2 ですが、
    全文検索のために「Windows Search サービス」をインストールしています。

    今までは検索窓に入力すると問題なくエクセル等の中身も検索できていたのですが、
    約1ヶ月前にデータ重複除去機能を追加して、ボリュームの重複削除を行ったところ、
    最近になって検索で表示されていたファイルが表示されなくなっていることに気づきました。
    重複除去の条件は特に指定除外はせず、7日間超過したファイルを重複除去の対象としています。

    最初はSearch サービスのインデックスが破損しているのかと思い、再構築を行ってみましたが状況は改善せず
    そこで気がついたのが、重複削除するまでは30万ファイル近くのインデックスがあったのに8万ぐらいまでに減っていました。
    ファイルサーバー上のファイルは減っていませんし、むしろ日々増えていっております。

    重複除去を無効にしてPowerShellにて重複を元に戻し、再度インデックスを作成したところ元通りきちんと検索できるように戻りました。
    インデックスファイル数も実ファイル数とほぼ同等となっております。

    これは、Windows Search サービスでインデックスを作成しているフォルダと、
    重複除去機能は共存できないとの認識でよろしいのでしょうか?
    重複削除をしつつ、インデックスも正常に構築できる方法というのはあるのでしょうか?

    以上、よろしくお願いいたします。

    2015年5月20日 14:31

回答

すべての返信