none
Exchange 2016の検索について RRS feed

  • 質問

  • Exchange 2013から2016へ移行してから、ほぼ前方一致の検索しかできずに困っています。
    (Microsoft Searchではなく、サーバ側≒OWAでの検索です。)
    初めはよくあったインデックスの不調を疑い再作成をしましたが改善されません。ワードブレーカーが変で、日本語を助詞や文節で区切れないようです。

    テスト環境にクリーンインストールで用意したExchange 2016 CU17でも、同じ検索結果でした。
    Office365のOWAの検索のように、日本語のワードブレーカーを働かすにはどうしたらいいのでしょうか?
    Exchange 2016は地雷でしょうか? インデックスに関係したKBもドキュメントも全くありません。

    2020年6月30日 14:56

すべての返信

  • まず、Office 365 の Exchange Online と Exchange Server 2016 は別物なので、同じレベルの・・・というのは無理かと思います。そういう意味では、Exchange Online はオンプレミスとバックグラウンドが異なる作りで製品としては構成しつつあるので、あまり比較対象として適切ではないかと思います。ちなみに、Exchange Server 2019 ではどうなのでしょうか?

    あまり、検索にフォーカスして調査したことがないので、あまり有用な情報とは持ち合わせていないですが

    2020年6月30日 15:31
  • 補足ですが、Excechange Online の Outlook からの検索では Microsoft Search が利用されるので、オンプレミスの Exchange Server とは動作が違いますね。


    Hebikuzure aka Murachi Akira

    2020年7月1日 3:47
  • コメントありがとうございます。
    Exchange 2019 CU6の環境を作ってテストしましたが、2016と同じダメな結果でした。

    Exchange2016と2019では、助詞の有無に関係なく、ワードとして切り出されていませんでした。
    下の例でいうと、「テスト」や「テストメール」のように、前方一致でしか検索できません。
    Office365では、助詞の区切りや、(助詞なしでも)カタカナと漢字のまとまりでワード化され、検索可能でした。
    下の例でいうと、「メール」「送信」「キーワード」で検索可能でした。

    助詞なし:テストメール送信テスト検索キーワード
    助詞あり:テストメールの送信テストが検索キーワード

    Exchange2013では、不自由なく検索できていました。
    インストールメディアがマルチランゲージになって、おかしくなったような気がします。
    ワードブレーカーを日本語用に設定する箇所があって良さそうな気がして情報を探すのですが、見つかりません。
    英語でワードブレーカーがうまく働かない不具合は、直ったという情報があるくらいです。
    support.microsoft.com/ja-jp/help/4088772 (なぜか英語版は消えています。)


    オンプレでExchangeを使っている方の情報をお待ちしています。

    2020年7月1日 12:18
  • 返信ありがとうございます。
    NGが何のことかよくわからないままEnableLanguageDetectorNGも試してみたのですが、日本語では効果ありませんでした。

    マイクロソフトにお金払って聞いても、インデックス再作成以外の情報提供は出来ないと開き直られてまして、八方ふさがりです。
    Exhcnage2016や2019の日本語ユーザは、とうの昔に地雷に吹き飛ばされ絶滅しているようです。
    我々は、古い地雷原に足を踏み入れたおバカさんだったようです。

    2020年7月14日 16:27
  • MSが、インデックス再作成以外の方法を提示しないということは裏を返せば不具合ということではないのだと思います。

    (動作としては正常)

    システム的にでできることがないのであれば、フィードバックするしかないのかなとも思います。

    2020年7月15日 0:06