none
ユーザ環境にログオンできない。 RRS feed

  • 質問

  • お手数ではございますが、ご教授お願いいたします。

    物理HYPER-Vサーバ(2008R2 SP1 ENT) + 仮想サーバ(2008R2 SP1 ENT)の環境で、仮想サーバ側でのトラブルです。

    [仮想サーバの詳細]

    主な用途 : RDSサーバ

    リソース : 物理・仮想サーバ共、メモリ、CPU、DISKに十分な量を確保。

    ハード障害 : なし


    [事象]

    仮想サーバにログオンできない。

    具体的には・・・

    RDP接続では、認証にも進めない。

    HYPER-VからのCONSOLEからでは、CTRL+ALT+DELETE画面から、マクロの命令が反応しない。

    事象発生時、仮想サーバのCPUは低い状態変化している場合もあれば、30%付近で変化しない場合もある。

    発生頻度は、数日に1回。稀に1日2回もある。

    特定のタスクがトリガーになっている部分は見受けられない。

    アンチウイルスによる影響は切り分けの結果低い。


    [質問したい内容]

    事象発生時、多くの割合で以下の特徴があることが判明しました。

    ・事象発生直前を調査した結果、イベントログ(システム・セキュリティ・アプリケーション)が長時間書き込みできていない。(6時間書き込みなしなど)

    質問の内容は、上記イベントログの特徴がトラブルの兆候であると仮定したとき、どのような対策がとれるかです。

    たとえば、・・・

    ・システムのイベントID 6005で起動したサービスがどのタイミングで停止したのかを判別する方法。

    ・復活の方法(エラー3回目でも復活させる)は、有効であるのか。

    ・実際、この特徴(兆候)はトラブルと因果関係があるのか

    です。


    ご回答の程、どうぞよろしくお願いいたします。

    2014年12月22日 10:30

すべての返信

  • こんにちは。

    最新のドライバを入れているかも確認したほうがよいかもしれません。

    >アンチウイルスによる影響は切り分けの結果低い。

    とのことですが,Hyper-v系のファイルなどはアンチウィルスソフトのスキャン対象から除外済みでしょうか。

    また,イベントログ系の拡張子の「書き込み方向」はスキャンから除外したほうが良いと思います。

    定期的に全ファイルをスキャンするようにしていた場合も,そのスケジュール通りに重たくなるかと思います。

    過去に,殆ど除外をせず運用してしまい,ゲストの挙動が重たく困ったことがありますので,参考までに。

    あとはホスト側で挙動がもたつくようならば,システムプロパティのパフォーマンス設定を調整するのも案外と有効です。


    • 編集済み JJJ-Ran 2015年1月15日 6:48
    • 回答の候補に設定 佐伯玲 2015年1月16日 1:51
    2015年1月15日 6:46