none
SideBySide エラー(イベントID:33) RRS feed

  • 質問

  • こんにちは、お世話になります。

    現在、イベントビューアに出力された、SideBySide エラー(イベントID:33)について確認を行っているのですが、原因(事象の起因?)がまったく解らず、困っています。

    お手数ですが、皆さんのお力をおかしください。

    ・イベントビューアの出力内容

    ソース:SideBySide / イベントID:33 / レベル:エラー

    メッセージ:

    [C++ の実行ファイルまでのパスが記載] のアクティブ化コンテキストの生成に失敗しました。 従属アセンブリ Microsoft.VC80.DebugCRT,processorArchitecture=x86,publicKeyToken=1fc8b3b9a1e18e3b,type=win32,version=8.0.50608.0 が見つかりませんでした。 詳細な診断を行うには sxstrace.exe を実行してください。

    ・発生状況

    サーバーから、ネットワーク越しにVC++の実行ファイルが格納されているフォルダを参照すると、上記のイベントが出力されます。

    対応策としては、サーバーに VC++の再配布可能なライブラリをインストールすれば解消はされるとは思いますが、

    どの機能が、フォルダにアクセスするだけで、アクティブ化コンテキストを作成するのか根本的なことが解っていません。

    (すみません、勉強不足な管理者なので、アクティブ化コンテキストってなに?って状態です。)

    すみませんが、どの機能がアクティブ化コンテキストを作成しているのかご教授いただけないでしょうか?よろしくお願いします。

    ※参考となるHPの情報なども頂けるとたすかります。

    • 移動 Robin_Ren 2012年10月3日 17:57 merge forum (移動元:Windows Server 2008 R2 全般)
    2011年7月29日 3:10

回答

  • Azulean さん OMEGAT さん ご回答ありがとうございます。

    自己解決しました。今回の事象はUACが悪さをしているようです。
    UACが、フォルダアクセス時に、格納ファイルの実行時の権限昇格の確認をしているみたいで、VC++のアプリケーションの場合、アプリケーションマニフェストから
    VC++ランタイムライブラリを参照しにいって、ライブラリが無いってことで、このイベントエラーを出力しているようです。
    (UACのマークを表示している機能です。新機能なのでピンときてませんでした >o<; )

    なのでエクスプローラの表示で動作障害が起きているだけと考えて、基本無視可能なイベントを思ってます。

    情報ありがとうがざいました。

    • 回答としてマーク Dacyan 2011年8月4日 1:00
    2011年8月4日 1:00

すべての返信

  • DebugCRT という文字列が含まれていることからわかりますが、デバッグ版のランタイムが必要とされています。
    しかしながら、デバッグ版のランタイムをほかのマシンに再頒布することは認められていませんので、Release 構成でビルドした EXE/DLL を使うようにしてください。

    ところで、開発製品、Visual C++ をご利用の上でのご質問なのでしょうか?
    Visual C++ のユーザー、つまり開発者の方であれば、MSDN フォーラムをご利用ください。
    単に Visual C++ でビルドされた実行ファイルを利用する立場の方であれば、そのビルドする人、開発者の方に Release 構成でビルどしたファイルを用意してもらってください。


    質問スレッドで解決した場合は、解決の参考になった投稿に対して「回答としてマーク」のボタンを押すことで、同じ問題に遭遇した別のユーザが役立つ投稿を見つけやすくなります。
    2011年7月29日 14:23
  • Azulean さん ご回答ありがとうございます。

    Azulean さんが言われている、VC++の実行ファイルの配置に関するルールは認識しています。

    今回質問させていただいている内容としては、VC++の実行ファイルが実行できないことについての質問ではなく、アクセスしたPCのフォルダに、たまたまVC++の実行ファイルが配置されていたために、本エラーが発生したことを問題視しています。(今回問題の起因となった実行ファイルは、サーバー側から実行はしていません。)

    従って今回の質問としては、なぜサーバーは、フォルダにアクセスするだけでアクティブ化コンテキストを作成するのか?というサーバーの動作について質問です。(なので、こちらのフォーラムで質問させていただきました。)

    もし、こちらのフォーラムでの質問が不適切であればお手数ですが再度ご指摘をお願いします。

    【謝辞】

    Azuleanさん、反論回答をとるかたちになり、申し訳ありません。Release構成の場合に、本障害が出るかは別途確認させて頂きます。

     

    2011年8月1日 1:27
  • 従って今回の質問としては、なぜサーバーは、フォルダにアクセスするだけでアクティブ化コンテキストを作成するのか?というサーバーの動作について質問です。(なので、こちらのフォーラムで質問させていただきました。)

    実行していないのですね。最初の投稿で読み落としていました、すみません。
    可能性としては思いつけていないのですが、どういった特徴があるのかを切り分けるという意味でお聞きしておきたいポイントを挙げます。

    ・対象の exe があるフォルダーには exe だけがあるのでしょうか?exe 以外もある場合、その exe を別のフォルダーに移した場合も発生しますか?
    ・その exe のアイコンが表示されないなど、何か違う点はありますか?
    ・単純に新規に作ったプロジェクトを Debug ビルドしたものを用意してもらって、その exe でも再現しますか?


    質問スレッドで解決した場合は、解決の参考になった投稿に対して「回答としてマーク」のボタンを押すことで、同じ問題に遭遇した別のユーザが役立つ投稿を見つけやすくなります。
    2011年8月1日 13:48
  • 私の関係しているサーバーでも最近同様のイベントが多く記録されています。
    私にはどのような動作でこのイベントが発生するのかは分からないのですが、調べてみると発生した時期などから以下のHotFix(KB2507938)が関係しているような感じです。
    まだKB2507938のアンインストールは試してみていないので単なる勘ですが、参考までに。

    マイクロソフト セキュリティ情報 MS11-056 – 重要
    Windows クライアント/サーバー ランタイム サブシステムの脆弱性により、特権が昇格される (2507938)
    http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms11-056.mspx

    2011年8月1日 23:02
  • Azulean さん OMEGAT さん ご回答ありがとうございます。

    自己解決しました。今回の事象はUACが悪さをしているようです。
    UACが、フォルダアクセス時に、格納ファイルの実行時の権限昇格の確認をしているみたいで、VC++のアプリケーションの場合、アプリケーションマニフェストから
    VC++ランタイムライブラリを参照しにいって、ライブラリが無いってことで、このイベントエラーを出力しているようです。
    (UACのマークを表示している機能です。新機能なのでピンときてませんでした >o<; )

    なのでエクスプローラの表示で動作障害が起きているだけと考えて、基本無視可能なイベントを思ってます。

    情報ありがとうがざいました。

    • 回答としてマーク Dacyan 2011年8月4日 1:00
    2011年8月4日 1:00