none
WindowsServer2008 のタスクスケジューラについて RRS feed

回答

  • こんにちは。

    http://support.microsoft.com/kb/950035/jaからダウンロードできる修正プログラムは、Windows Server 2008にも適用できるものです。

    http://support.microsoft.com/kb/950035/jaから修正プログラムのダウンロードへ進むと、リストされるOSはWindows Vistaのみですが、実際にダウンロードして解凍してみると、Windows Server 2008にも適用できるように定義されています。
    解凍すると4つのファイルが出てきますが、うち.txtを見ると、適用対象のOSが解ります。

    今回の場合、.txtは次の様に定義されています。

    -----------------------------------
    ApplicabilityInfo="Windows Vista SP1;Windows Server 2008;Windows Server Core;Windows Vista;"
    Applies to="Windows 6.0"
    Build Date="2008/04/14"
    Company="Microsoft Corporation"
    File Version="1"
    Installation Type="FULL"
    Installer Engine="Component Based Servicing - WUSA.exe"
    Installer Version="6.0.0.0"
    KB Article Number="950035"
    Language="ALL"
    Package Type="Hotfix"
    Processor Architecture="x86"
    Product Name="Windows 6.0"
    Support Link="http://support.microsoft.com?kbid=950035"
    -----------------------------------

    ApplicabilityInfoにWindows Server 2008と定義されていますので、これはWindows Server 2008にも適用可能です。
    Build Dateが2008/04/14になっていますので、前回のスレッドの時点で、Windows Server 2008にも適用可能な状態だったようです。

    修正プログラムの確認方法は以下を参照してください。
    http://blogs.technet.com/hot/archive/2008/08/25/how-to-know-whether-a-fix-can-be-applied-to-vista-or-server-2008.aspx

    • 回答としてマーク Kohki-t 2010年4月6日 2:14
    • 回答としてマークされていない Kohki-t 2010年4月6日 2:18
    • 回答としてマーク Kohki-t 2010年4月12日 0:27
    2010年4月5日 13:39

すべての返信

  • こんにちは。

    http://support.microsoft.com/kb/950035/jaからダウンロードできる修正プログラムは、Windows Server 2008にも適用できるものです。

    http://support.microsoft.com/kb/950035/jaから修正プログラムのダウンロードへ進むと、リストされるOSはWindows Vistaのみですが、実際にダウンロードして解凍してみると、Windows Server 2008にも適用できるように定義されています。
    解凍すると4つのファイルが出てきますが、うち.txtを見ると、適用対象のOSが解ります。

    今回の場合、.txtは次の様に定義されています。

    -----------------------------------
    ApplicabilityInfo="Windows Vista SP1;Windows Server 2008;Windows Server Core;Windows Vista;"
    Applies to="Windows 6.0"
    Build Date="2008/04/14"
    Company="Microsoft Corporation"
    File Version="1"
    Installation Type="FULL"
    Installer Engine="Component Based Servicing - WUSA.exe"
    Installer Version="6.0.0.0"
    KB Article Number="950035"
    Language="ALL"
    Package Type="Hotfix"
    Processor Architecture="x86"
    Product Name="Windows 6.0"
    Support Link="http://support.microsoft.com?kbid=950035"
    -----------------------------------

    ApplicabilityInfoにWindows Server 2008と定義されていますので、これはWindows Server 2008にも適用可能です。
    Build Dateが2008/04/14になっていますので、前回のスレッドの時点で、Windows Server 2008にも適用可能な状態だったようです。

    修正プログラムの確認方法は以下を参照してください。
    http://blogs.technet.com/hot/archive/2008/08/25/how-to-know-whether-a-fix-can-be-applied-to-vista-or-server-2008.aspx

    • 回答としてマーク Kohki-t 2010年4月6日 2:14
    • 回答としてマークされていない Kohki-t 2010年4月6日 2:18
    • 回答としてマーク Kohki-t 2010年4月12日 0:27
    2010年4月5日 13:39
  • 中年やっちゅうねん様

    ご回答ありがとうございます。

    早速、ダウンロードしてみた所、ご指摘の通りWindowsServer2008にも適用可能である

    修正プログラムである事を、確認致しました。 

    先入観に捕らわれずに、自分の目でも確認してみるというのは、やはり重要な事ですね;

    問題無いとは思いますが、検証環境を構成して結果を確認致しましたら、改めてご報告したいと思います。

    2010年4月6日 2:23
  • お世話になっております。

    修正プログラムに関して、http://support.microsoft.com/kb/950035/ja の適用にて

    無事タスクスケジューラの正常開始-終了の確認が取れました。

     

    修正プログラム内容の確認方法については、これまで認識が無かった事なので

    非常に勉強になり、今後も色々と役に立ちそうです。

     

    ありがとうございました。

    2010年4月12日 0:33