none
リモートデスクトップ接続での複数セッション同時接続検証用スクリプトを作成したいです。 RRS feed

  • 質問

  • 社内で、リモートデスクトップ接続での複数セッション同時接続を行い、その際の負荷を検証しようとしております。

    方法としては、スクリプトを作成し、指定の動作を自動で行い、30セッションぐらいまでの操作を自動化したいと考えております。

    当方、Unix系のシェルスクリプト作成の経験はありますが、バッチファイル wsh作成の経験はありません。

    これからスクリプトを作成するのであれば、Powershellを利用させて頂くのが良いかと思い、こちらで質問させて頂きました。

    以下の作業を自動化させたいのですが、可能かどうか、ご助言を頂ければと思います。

    1.リモートデスクトップ接続を使い、指定のユーザーでログオンする。

    2.ログオンしたリモートデスクトップでExcelを起動する。

    3.Sheetを新規作成する。

    4.3×3の表に数字を5秒間隔でセル入力

    5.30秒スリープ

    6.Sheetの削除

    2010年10月19日 1:31

回答

  • まず、Powershellはshellなので、RDPで別セッションを作ってそこを操作するのは大変です。むしろキーやマウスのシミュレートをするロボット系スクリプトの出番かと思います。

    今回の要件であれば、呼び出し側でRDPを呼び出すコマンドを用意し、呼び出された側ではスタートアップにスクリプトを仕込んでWSHでExcelを操作してやるのが簡単だと存じます。VBScriptとEXCELのVBAは構文的に似ているため、そこらに転がっているVBAのサンプルを見れば上記の作業は簡単に実装できると存じます。

    リモートデスクトップに特定ユーザーでログインするのであれば、mstsc.exeを起動して、コンピューター名、ユーザー名、そして、資格情報の「編集」をクリックしてパスワード保存後、名前を付けて保存すれば、それをコマンドで呼び出せば自動で接続され、ログインも自動で行われます。

    • 回答としてマーク jt1985 2010年10月19日 10:37
    2010年10月19日 2:05
  • 紛らわしい書き方して申し訳ありません。

    ロボット系のスクリプトが必要なのは、指示するサーバからRDPの動きを操作したい場合です。

    単にRDPを接続して、接続先でExcelを動かすのであれば

    呼び出し元:*.rdpファイルをキックする
    RDP呼び出され側:Excelを操作するスクリプトをスタートアップスクリプトに仕込んで自動起動させる。

    の組み合わせが、作成負荷が低くて良いと思います。

    ところで、ロボット系のスクリプトとしては、下記のものが好きでよく利用させていただいております。

    「Windows 自動化ソフト UWSC」
    http://www.uwsc.info/

    • 回答としてマーク jt1985 2010年10月20日 0:45
    2010年10月19日 11:05

すべての返信

  • まず、Powershellはshellなので、RDPで別セッションを作ってそこを操作するのは大変です。むしろキーやマウスのシミュレートをするロボット系スクリプトの出番かと思います。

    今回の要件であれば、呼び出し側でRDPを呼び出すコマンドを用意し、呼び出された側ではスタートアップにスクリプトを仕込んでWSHでExcelを操作してやるのが簡単だと存じます。VBScriptとEXCELのVBAは構文的に似ているため、そこらに転がっているVBAのサンプルを見れば上記の作業は簡単に実装できると存じます。

    リモートデスクトップに特定ユーザーでログインするのであれば、mstsc.exeを起動して、コンピューター名、ユーザー名、そして、資格情報の「編集」をクリックしてパスワード保存後、名前を付けて保存すれば、それをコマンドで呼び出せば自動で接続され、ログインも自動で行われます。

    • 回答としてマーク jt1985 2010年10月19日 10:37
    2010年10月19日 2:05
  • Chukiさん

    ロボット系スクリプトで作成可能とのご回答、有難うございました。

    VBAのサンプルを見て、スクリプトを作成してみます。

    特定ユーザーのログイン方法まで記載して頂き、助かりました。

    どうも有難うございました。

     

    2010年10月19日 10:36
  • 紛らわしい書き方して申し訳ありません。

    ロボット系のスクリプトが必要なのは、指示するサーバからRDPの動きを操作したい場合です。

    単にRDPを接続して、接続先でExcelを動かすのであれば

    呼び出し元:*.rdpファイルをキックする
    RDP呼び出され側:Excelを操作するスクリプトをスタートアップスクリプトに仕込んで自動起動させる。

    の組み合わせが、作成負荷が低くて良いと思います。

    ところで、ロボット系のスクリプトとしては、下記のものが好きでよく利用させていただいております。

    「Windows 自動化ソフト UWSC」
    http://www.uwsc.info/

    • 回答としてマーク jt1985 2010年10月20日 0:45
    2010年10月19日 11:05
  • ご指摘有難うございます。

    指示するサーバからRDPの動きを操作したい場合(ex.RDPで別セッションを作ってそこを操作する)→shellではなくロボット系スクリプトが必要

    今回の私の要件→スタートアップスクリプトで十分可能

    という事ですね。上記二つをごちゃ混ぜにして理解しておりました。

    ロボット系スクリプトですが、マウスなどの操作を自動的にスクリプトに変換してくれるようですね。

    構文もVBSと似ているので、利用してみたいと思います。

    どうも有難うございます。

    2010年10月20日 0:45
  • マウスなどの操作を自動的にスクリプトに変換するのは、ロボット系スクリプト全般の事ではなく、UWSCというソフトの特徴ですね。

    失礼致しました。

    2010年10月20日 0:46