none
ソリューションの展開時のエラーについて RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    環境は MOSS2007 SP2

     

    こちらの環境が先日までSP1でしたが、SP2にアップグレードしました。

    その際に、サーバーの全体管理のソリューション管理に表示されているwspソリューションが消えてしまった為

    再度、wspファイルのインストール、展開を行う事となり、作業を進めていたのですが

    stsadmを利用しインストールした後に、ソリューション管理の画面よりソリューションを展開しようとしたところで、エラーが発生しました。

     

    最終処理の結果:ソリューションの展開時に機能のインストールに失敗しました。

    最終処理の詳細:XXX:IDXXXXXXXの機能は既にこのファームにインストールされています。機能を明示的に再インストールするには、farce属性を使用してください。

     

    と言う、エラーメッセージが表示されています。

     

     

    このwspファイルは、visualstudioで開発を行った、ワークフローのソリューションです。

    もともと、SP2をあてた時点で、消えてしまっていたのがソリューション管理の画面で管理されているwspのみで

    deploy後のフューチャーは残っており、本番環境は問題なく動作していました。

    (サイトコレクションの機能では、アクティブ状態になっています。)

     

    そのため、エラーメッセージには既にインストールされているので、farce属性を利用し、上書きしてくださいと言う事が書かれているのだと思います。

     

     

    ただ、その際に気になるのが、このフューチャーを利用し現行既に動いているワークフローインスタンスに影響が出ないかという部分で

    そこに影響がなければ、force属性を利用し、上書きする形で進めようと思うのですが

     

    その前に、現在既にアクティブ状態にあるフューチャーと、エラーを起こしているwspソリューションとの紐付けが出来れば

    ワークフローインスタンスに影響出さずに済むのではないかと考えています。

    (そこの紐付けが行えると言う話を耳にしたので)

     

    farce属性を利用した際の、既存のワークフローインスタンスに対する影響と

    既に有るフューチャーと、wspソリューションとの紐付けの方法などご存じの方がおられましたら

    ご教授いただけると幸いです。

    2011年12月8日 0:27

回答

すべての返信