none
SCCM2007 SP1のセットアップ途中にエラーが出ます。 RRS feed

  • 質問

  •  

    初めまして、kashiwa1と申します。

    SCCM2007の社内検証を開始しております。

     

    現在SCCMをセットアップ中のエラーに悩まされております。

     

     

    □セットアップ中の工程「ファイルの転送」でエラー「ファイル操作の実行中に致命的なエラーが発生しました。」というポップアップが表示され、これ以上先に進めません・・

     

     

    □以下が原因と思われるログファイルの記述です。

     <11-06-2008 12:13:02> Checking media: D:\SYS_CONF\SYS_CONF_2007_SP1\SCCONFIGMGR07_EVAL_JPN\SMSSETUP\Client\x64\msrdcoob_amd64.exe
    <11-06-2008 12:13:02> Verifying hash for file 'D:\SYS_CONF\SYS_CONF_2007_SP1\SCCONFIGMGR07_EVAL_JPN\SMSSETUP\Client\x64\msrdcoob_amd64.exe'
    <11-06-2008 12:13:02> File hash check failed for D:\SYS_CONF\SYS_CONF_2007_SP1\SCCONFIGMGR07_EVAL_JPN\SMSSETUP\Client\x64\msrdcoob_amd64.exe
    <11-06-2008 12:13:02> Checking alternate path: C:\prereqs\msrdcoob_amd64.exe
    <11-06-2008 12:13:02> Verifying hash for file 'C:\prereqs\msrdcoob_amd64.exe'
    <11-06-2008 12:13:02> Verifying signature for file 'C:\prereqs\msrdcoob_amd64.exe'
    <11-06-2008 12:13:02> Found valid source in folder: 'C:\prereqs\'
    <11-06-2008 12:13:02> Found valid source for external dependency file 'msrdcoob_amd64.exe' at 'C:\prereqs\'
    <11-06-2008 12:13:02> Checking media: D:\SYS_CONF\SYS_CONF_2007_SP1\SCCONFIGMGR07_EVAL_JPN\SMSSETUP\Client\x64\WindowsUpdateAgent30-x64.exe
    <11-06-2008 12:13:02> Verifying hash for file 'D:\SYS_CONF\SYS_CONF_2007_SP1\SCCONFIGMGR07_EVAL_JPN\SMSSETUP\Client\x64\WindowsUpdateAgent30-x64.exe'
    <11-06-2008 12:13:02> File hash check failed for D:\SYS_CONF\SYS_CONF_2007_SP1\SCCONFIGMGR07_EVAL_JPN\SMSSETUP\Client\x64\WindowsUpdateAgent30-x64.exe
    <11-06-2008 12:13:02> Checking alternate path: C:\prereqs\WindowsUpdateAgent30-x64.exe
    <11-06-2008 12:13:02> Verifying hash for file 'C:\prereqs\WindowsUpdateAgent30-x64.exe'
    <11-06-2008 12:13:02> File hash check failed for C:\prereqs\WindowsUpdateAgent30-x64.exe
    <11-06-2008 12:13:02> Failed to find valid source for required external file
    <11-06-2008 12:13:02> Unable to find valid source for required file 'WindowsUpdateAgent30-x64.exe'. Aborting setup.
    <11-06-2008 12:13:02> ファイル操作の実行中に致命的なエラーが発生しました。

     

     

    □検証サーバはLocal Network環境なのでInternetには繋がりません、WindowsUpdateAgent30-x64.exe等のファイルは

     自分でダウンロードしてC:\prereqsフォルダに格納しました。

     セットアップでそのフォルダを指定したのですが、以上のエラーになってしまいます・・

     

     

     

    同じようなエラーに会われた方、どのように解消したか教えて頂けるととても助かります・・

     

     

    2008年11月6日 3:38

回答

  • あらかじめインターネットに接続可能なPCで、SCCMのセットアップに必要なファイルをダウンロードしておく必要がありますが、その作業は行っていましたでしょうか。

    やり方としては、SCCMのセットアッププログラム (setup.exe) を /download オプション付きで実行することで、ファイルの一括ダウンロードを行うことができます。

    この作業自体はWindows XP や Windows Vistaでも実施可能です。

    SCCMのセットアップ時にはそのダウンロードしたファイルのあるフォルダを指定してあげます。

     

    詳しくは下記のリンクを参照ください。

     

    コンポーネント更新チェッカーの前提条件
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb932127.aspx

     

    ご参考になれば幸いです。

    2008年11月6日 7:47
  • Sushi-Cola さん

    返信ありがとうございます。

     

    ご指摘頂いた作業はしていませんでした。メディアにあったファイル名に対応する更新ファイルを一つ一つダウンロードしてました・・

    やはりネットワークに繋がっている別PCでダウンロードする必要があったのですね。

    これから試してみます!

     

     

     


    2008年11月6日 10:59
  • Kashiwa1 さん、こんばんは。

     

    参考になったようでよかったです。うまくいくとよいですね。

    ぜひ結果をお知らせください!

     

    ちなみにマイクロソフトのConfiguration ManagerのページからSystem Center リファレンスバイブルなる新しいドキュメントがダウンロード可能になっていました。

    セットアップ手順も入っているようでしたので、ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

    (私もまだ読めてないですが、後でじっくり読もうかと)

     

    System Center リファレンス バイブル SCCM 版 特別公開 (期間限定)

    http://www.microsoft.com/japan/systemcenter/configmgr/default.mspx

     

    2008年11月6日 14:42
  •  

    更新済み前提条件コンポーネント

    というインストールウィザードの項目のところで停止するのであれば、sushi-colaさんのご指摘のとおりかと思います。

     

    ちなみに、インターネットに接続されていない環境でSCCMを使用する場合、WSUSとの統合を行ってパッチ管理をすることはありますか?

    この場合、かなり面倒な手順をMSからのアップデートが出るタイミングでやらなければいけないので、毎月2週目の水曜に管理者のかたはブルーになってしまうかもです・・・。

     

    概要としてはインターネットにつながったWSUSサーバを一台作成して、カタログと更新ファイルをエクスポートし、そのファイルを可搬メディアに入れて、インターネットにつながっていないSCCMで統合しているWSUSサーバにインポートしてあげるという作業が必要です。

     

    初回に行うカタログデータと更新パッチをダウンロードしたものは、一部のOSだけですぐにDVD-Rに収まらないくらいの容量になります。全部ダウンロードなんてやったら大変な容量かと思います。(現実的な可搬メディアは外付けHDDしかないです。)

    高速インストールをサポートする環境を作られるようでしたら、今のうちにネットにつながるWSUSを構築して、まずはカタログと更新データをダウンロードしておきましょう。

    また、どのソフトウエアの更新が必要か絞り込むことも重要かもしれません。

     

    すべての更新を取り込もうと思うと、4日~1週間はダウンロードだけでかかりますので、後でやろうなんて思ってると、スケジューリングが狂います・・・。(経験済み)

     

    その後、2週目の水曜日に、毎月一回の更新プログラムのエクスポートとインポートが発生します。

    初回のような容量はないですが、いちいち可搬メディアに入れなければいけないので面倒です。

    このあたりを考慮して、設計する必要がありそうです。

     

    余計なお世話でしたらごめんなさい。

    2008年11月7日 2:54

すべての返信

  • あらかじめインターネットに接続可能なPCで、SCCMのセットアップに必要なファイルをダウンロードしておく必要がありますが、その作業は行っていましたでしょうか。

    やり方としては、SCCMのセットアッププログラム (setup.exe) を /download オプション付きで実行することで、ファイルの一括ダウンロードを行うことができます。

    この作業自体はWindows XP や Windows Vistaでも実施可能です。

    SCCMのセットアップ時にはそのダウンロードしたファイルのあるフォルダを指定してあげます。

     

    詳しくは下記のリンクを参照ください。

     

    コンポーネント更新チェッカーの前提条件
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb932127.aspx

     

    ご参考になれば幸いです。

    2008年11月6日 7:47
  • Sushi-Cola さん

    返信ありがとうございます。

     

    ご指摘頂いた作業はしていませんでした。メディアにあったファイル名に対応する更新ファイルを一つ一つダウンロードしてました・・

    やはりネットワークに繋がっている別PCでダウンロードする必要があったのですね。

    これから試してみます!

     

     

     


    2008年11月6日 10:59
  • Kashiwa1 さん、こんばんは。

     

    参考になったようでよかったです。うまくいくとよいですね。

    ぜひ結果をお知らせください!

     

    ちなみにマイクロソフトのConfiguration ManagerのページからSystem Center リファレンスバイブルなる新しいドキュメントがダウンロード可能になっていました。

    セットアップ手順も入っているようでしたので、ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

    (私もまだ読めてないですが、後でじっくり読もうかと)

     

    System Center リファレンス バイブル SCCM 版 特別公開 (期間限定)

    http://www.microsoft.com/japan/systemcenter/configmgr/default.mspx

     

    2008年11月6日 14:42
  •  

    更新済み前提条件コンポーネント

    というインストールウィザードの項目のところで停止するのであれば、sushi-colaさんのご指摘のとおりかと思います。

     

    ちなみに、インターネットに接続されていない環境でSCCMを使用する場合、WSUSとの統合を行ってパッチ管理をすることはありますか?

    この場合、かなり面倒な手順をMSからのアップデートが出るタイミングでやらなければいけないので、毎月2週目の水曜に管理者のかたはブルーになってしまうかもです・・・。

     

    概要としてはインターネットにつながったWSUSサーバを一台作成して、カタログと更新ファイルをエクスポートし、そのファイルを可搬メディアに入れて、インターネットにつながっていないSCCMで統合しているWSUSサーバにインポートしてあげるという作業が必要です。

     

    初回に行うカタログデータと更新パッチをダウンロードしたものは、一部のOSだけですぐにDVD-Rに収まらないくらいの容量になります。全部ダウンロードなんてやったら大変な容量かと思います。(現実的な可搬メディアは外付けHDDしかないです。)

    高速インストールをサポートする環境を作られるようでしたら、今のうちにネットにつながるWSUSを構築して、まずはカタログと更新データをダウンロードしておきましょう。

    また、どのソフトウエアの更新が必要か絞り込むことも重要かもしれません。

     

    すべての更新を取り込もうと思うと、4日~1週間はダウンロードだけでかかりますので、後でやろうなんて思ってると、スケジューリングが狂います・・・。(経験済み)

     

    その後、2週目の水曜日に、毎月一回の更新プログラムのエクスポートとインポートが発生します。

    初回のような容量はないですが、いちいち可搬メディアに入れなければいけないので面倒です。

    このあたりを考慮して、設計する必要がありそうです。

     

    余計なお世話でしたらごめんなさい。

    2008年11月7日 2:54
  • Sushi-Cola さん の仰っていた手順を行なったらインストールが出来ました!!

    ありがとうございます!

    ドキュメントライブラリは読んだつもりでしたが、理解がまだまだのようです。

     

    >ちなみにマイクロソフトのConfiguration ManagerのページからSystem Center リファレンスバイブルなる新しいドキュメントがダウ>ンロード可能になっていました。

    >セットアップ手順も入っているようでしたので、ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

    >(私もまだ読めてないですが、後でじっくり読もうかと)

     

    ⇒教えて頂きありがとうございます! まさに欲しかったドキュメントです!

      ダウンロードして印刷し、ファイルにとめてこれから読むところです。

      このドキュメントが公開されたのは最近でしょうか?

      SCCMはあまり情報が無く、先週探しまくったのですが、見つけられなかったので・・(探し方が問題かもしれませんが)

     

    これでやっと中身に触ることが出来ます(笑)

    今までインストーラにばかり触ってました・・

    2008年11月7日 8:00
  • pentium1000mhzさん こんにちは。

    アドバイスありがとうございます!!

     

    SCCMでまずやりたいことは、クライアントにインストールするアプリケーションの配布、管理です。

    (これまで全く触ったことが無く、具体的な方法はこれから調べるのですが・・)

     

    WSUSを使用したパッチ管理ですが、直近ではそこまで考えていませんでしたが、いずれ検証するつもりでした。

    しかし・・pentium1000mhzさんのアドバイスを読むと少し尻込みしてしまっています。

     

    Local Network環境にSCCMをインストールした理由は、検証環境がLocal Network環境しか無かったためです。

    いずれはMicrosoftにアクセスできる環境にインストールし直すよう上司に頼んでみます。

    (pentium1000mhzさんに教えて頂いた情報がそのまま理由になりそうです・・)

     

    このまま検証を続けたら、確実にぶつかる壁だったので教えていただいて本当に良かったです。

    ありがとうございます。

     

     

     

     

    2008年11月7日 8:11
  • Kashiwa1 さん、こんばんは。

     

    セットアップが成功したということで安心しました!

     

    アプリケーションの配布ですが、前バージョンの SMS2003 と仕組みや考え方、操作手順などほとんど変更はありません。

    こちらのサイトに SMS 2003 のときから変わった機能と変わっていない機能がリストされていますが、ソフトウエア配布は改善されたが、SMS2003と同等に動くと記載されています。

    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb680807.aspx

     

    残念ながらSCCMでの手順はないようですが、ソフトウエア配布機能の評価はSMS 2003の評価ガイドが参考になるかと思います。

    http://www.microsoft.com/japan/smserver/techinfo/deployment/SMS_Pre_Install.mspx

     

    ソフトウエアの更新プログラム展開については SMS 2003 から大幅に変わっているので、SMS 2003 のガイドではあまり役立たないのと、pentium1000mhzさんのようにインターネットに接続した環境でないと実運用はきびしいですね。

     

    アプリケーション展開の検証もうまくいくとよいですね!

    頑張ってください~。

    2008年11月7日 14:42