none
Windows Vista SP2 では統合サービスのセットアップに失敗する RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • Hyper-V Server 2008 の子パーティションに Windows Vista x64 SP1 をインストールし、すぐにSP2 (RTM) に更新しています。
    SP2 になった環境から統合 サービスのセットアップを行いましたが
    「エラーが発生しました: 更新処理でエラー コード 1 が返されました。」
    と表示され、インストールに失敗します。
    SP1 では統合 サービスがインストールできるので、 SP2 をいったんアンインストールしてから統合 サービスをインストールし、インストールが正常に終了してから再度 SP2 に更新することで解決しました。
    今後 SP2 適用済みのものが公開されると思いますので、 SP2 でも統合 サービスのインストールができればな、と思います。
    2009年5月5日 15:56

すべての返信

  • やっていなくて想像で申し訳ないですが、Windows Server 2008にSP2を適用してから実行するとたぶんうまくいくのではないかと思います。

    SP2はVista/Windows Server 2008共通なので、対応しているのではないかと。
    Thanks, K.Kamegawa (http://d.hatena.ne.jp/kkamegawa/)
    2009年5月6日 11:01
  • こんばんわ。tenki28です。


    ご参考までに。。。
    Windows Server 2008 SP2 上の VistaSP2に対して統合サービスをインストールできました。
    windows7とかはこれから試してみますが・・。
    2009年5月8日 13:40
  • KKamegawaさん、TENKI28さん、返信ありがとうございます。
    Windows Server 2008 SP2上のHyper-VではWindows Vista SP2で統合 サービスがインストールできるのですね。

    そこで、Hyper-V Server 2008にSP2 (RTM)を適用し、その環境で子パーティションにVista x64 SP2を用意し、統合 サービスのセットアップを行いました。結果としては正常にインストールが完了し、統合サービスが利用できることを確認しました。

    2009年5月9日 15:22