none
ロードバランサを経由してのDHCPフェールオーバーの動作について RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。

    Windows Server 2012 R2のDHCPフェールオーバーにて
    負荷分散モード(acttive/active)の動作の質問になります。

    現在DHCPをフェールオーバーにて負荷分散(active/active(50%,50%))構成にして構築をしようとしております。
    掲題の件になりますが、クライアントがDHCPサーバにリース要求する際に経路にロードバランサが存在し
    負荷分散されるよう組んでおります。
    ロードバランサの負荷分散に片寄が発生し、すでに50%分の払い出しを行ったほうにリース要求が行った場合、

    要求は破棄されるのでしょうか。または50%は目安であり払い出されるのでしょうか。

    以上、よろしくお願いします。

    2016年12月1日 8:13

回答

  • 前回のact-standbyの質問に回答した Lazydogg です。

    そもそもですが、DHCPフェールオーバーの構成で、ネットワーク的にパートナーサーバーとロードバランスするのは間違っていると思います。

    本件ですが、前回もご案内したURLにある通り、クライアントIDのハッシュ値により応答するサーバーが決定されます。

    DHCP フェールオーバー モード
    DHCP フェールオーバーの例

    要求はブロードキャストで両サーバにパケットが届き、ハッシュ値によって払い出しをするサーバーが発生されるのが本来の動作だと思います。
    パケットが一方のサーバーにしか届かないのであれば、ハッシュ値からそのサーバーが担当すると算出されれば応答するという動作になるはずです。

    2016年12月2日 8:40