none
Windows Storage Server2008とWindows Serve 2008 R2のWindows Server Backupの違いについて RRS feed

  • 質問

  • 表題の件について質問させてください。

    Windows Server 2008 R2 StandardにてWindows Server Backupのスケジュールバックアップウィザードを利用し

    NW上の共有フォルダにWindowsのシステム含むベアメタル回復のバックアップを毎日22時行うよう設定し正常に動作しています。

    同じ事をWindows Storage Server 2008 StandardにてWindows Server Backupのスケジュールウィザード利用し設定を行おうとしたところ

    バックアップ先にNW上の共有フォルダを指定する項目がありませんでした。

    また、ベアメタル回復のバックアップ等の指定項目もありません。

    Windows 2008 R2とSorage Server 2008のwbadminコマンドのヘルプなどを見比べてみたのですが、利用出来るコマンドはほとんど同じでした。

    そこで、Windows Storage Server 2008のwbadminコマンドをタスクスケジュールに仕込みバックアップを行う事を検討しています。

    ここで質問したいことは、Windows Server 2008 R2とStorage Server 2008のwbadminコマンドで、明確な違いなどがあればご教授頂きたい。

    尚、Windows 2008 R2とStrage Server 2008のwbadmin.exeコマンドのファイルバージョンは以下の通りです。

    Windows 2008 R2ファイルバージョン:6.1.76000.16385

    Storage Server 2008ファイルバージョン:6.0.6001.18000

    以上です。

    宜しくお願い致します。

    2011年4月6日 8:23

回答

  • 基本的にStorage Server 2008 と Windows Server 2008 のバックアップは同等と認識しています。

    そこで、ご希望の情報は下記に書かれていましたのでご一読いただければと思います。

    Windows Server バックアップの新機能
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee344835(WS.10).aspx

    以上、参考になれば幸いです。


    MVP:Virtual Machine Blog:MCTの憂鬱 http://naonao71.wordpress.com/
    • 回答としてマーク nao701 2011年4月6日 23:56
    2011年4月6日 9:20
    モデレータ

すべての返信