none
XPとvistaのデュアルブート構成でvista側でsysprepを実行すると起動しない RRS feed

  • 全般的な情報交換

  • はじめまして。

    みやざきと申します。

     

    Windows XP とWindows Vistaを以下の手順でデュアルブート構成にインストールし、両OSともにActive Directoryドメインへ参加させるためにsysprepを実行したところ、Vistaの起動時にエラーメッセージを表示して起動しなくなってしまいました。
     

    インストール手順:

    1. ハードディスク(70GB)の前方40GBにXPをインストール&XP SP2を適用
       
    2. ハードディスクの後方の空きパーティション(30GB)にVistaをインストール
      この時点で、XP側でもvista側でも自分のOSが入っているパーティションをCドライブ、相手のOSが入っているパーティションをDドライブとして認識している。
       
    3. XP側でsysprep実行。
      ライセンス認証の猶予期間をリセットしない」と「Mini-Setupを使う」にチェックを入れ、再シール実行。
       
    4. Vista側でsysprep実行。
      管理者として実行してコマンドプロンプトから「sysprep /oobe /generalize /shutdown」を実行。
       
    5. ハードディスクイメージバックアップツール(Acronis True Image 11 home)でXP, Vista両方のパーティションをバックアップ
       
    6. 5.で取得したイメージを別PC(同機種)へ展開
       
    7. XPを起動。Mini-Setupの処理が走った後、正常に起動。
       
    8. Vistaを起動すると、OKボタンのみを持つ以下のメッセージを表示し停止。
       
      「システムのレジストリに、無効なファイルパスが含まれています。インストールを続行できません。
      このシステムイメージは、ドライブ文字の割り当てがコンピュータ間で整合性が取れているという保証なしで適用されました。」
       
      OKボタンをクリックすると再起動するが、また以下のメッセージを表示し停止。
       
      「コンピュータが予期せず再起動されたか、予期しないエラーが発生しました。Windowsのインストールを続行できません。Windowsをインストールするには、[OK]をクリックしてコンピュータを再起動してから、インストールを再実行してください。」
       
    9. [OK]をクリックすると再起動。
      これを繰り返す。

    XPとVistaをデュアルブートする構成のPCを複数台セットアップし、全てをActive Directoryドメインに参加させる必要があるため、このような方法を採っております。

     

    sysprepを実行したVista側を正常に起動させる方法をご存知の方、助言をお願いできませんでしょうか?

    2008年3月13日 2:45

すべての返信

  • みやざき さん、こんにちは。

    フォーラム オペレータの鈴木裕子です

     

    書き込まれていた現象について、私の方でも調べてみたのですが、

    残念ながら情報はなさそうです・・・

    エラーだけをみると、KB947245 と同じメッセージだったのですが、

    発生環境や再現手順が違いました・・・

    お力になれなくてごめんなさい!

     

    おそらく今回の現象については、

    サポート窓口に問い合わせていただいた方が、解決が早いと思います

    よろしければ問い合わせしてみてください!

     

    製品別 お問い合わせ - 製品一覧

    http://support.microsoft.com/select/?target=assistance

    2008年3月18日 9:34
    モデレータ
  • 鈴木様
    助言ありがとうございます。

    MSのサポート窓口に問い合わせてみたいのですが、予算が・・・

     

    色々試してみたのですが、どうもVistaのsysprepの挙動の問題のようです。

    Vistaを前方のパーティションにインストールしてsysprepを実行すると問題ないよです。
    なので、今回は以下の手順でVistaを最初に、XPを次にインストールすることで回避しました。

    1. XPのCD-ROMにてパーティションを2つ(30GBと40GB)作成。インストールを続行せずにF3キー押下で中断。
      ※ この作業はサードパーティ製のパーティション作成ツールでも可と思います。
       
    2. Vistaを前方(30GB)のパーティションにインストール
       
    3. XPを後方(40GB)のパーティションにインストール
       
    4. XPを起動
      この状態ではXPしか起動しない(ブートメニューでOSの選択画面が表示されない)
       
    5. XP起動後にVistaのDVDの\bootフォルダにあるbootsectを実行(bootsect /NT60 ALL)
       
    6. 今度はVistaしか起動しなくなるので、Vista側で
      bcdedit /set {ntldr} device partition=C:
      bcdedit /set {ntldr} path \ntldr
      bcdedit /displayorder {ntldr} -addlast
      bcdedit /set {ntldr} description "Microsoft Windows XP"
      を実行
       
    7. ブートメニューにVistaとXPを表示し、両OS共正常に起動することを確認。

    この方法だと、VistaはCドライブ、XPはDドライブにインストールされます。
    よって、何が何でもCドライブにインストールしようとするお馬鹿なアプリケーションをXP側でインストールする際には注意が必要でした。
     

    Vista のSP1ではまだ試していません。
    SP1でsysprepの挙動が修正されていることを祈って、いつか試してみようと思います。

     

    2008年3月22日 0:56
  • こんにちは!
    フォーラム オペレータの鈴木裕子です

     

    みやざき さん、貴重な情報のフィードバックをありがとうございます。

     

    自己解決されたんですね!

    メッセージの種類が「質問」のままですと、せっかくの情報が埋もれてしまい、もったいないので、
    よろしければ、
    投稿の「メッセージの種類」 を 「質問」から「コメント」にご変更いただけないでしょうか。
    お手数となりますが、よろしくお願いします!

     

    引き続き疑問や質問がありましたら、遠慮なく投稿してくださいね。
    それでは!

    2008年3月24日 5:17
    モデレータ
  • みやざきです。

    本件、久しぶりに投稿します。

     

    前回、

    > Vista のSP1ではまだ試していません。
    > SP1でsysprepの挙動が修正されていることを祈って、いつか試してみようと思います。

    としてそのままでしたが、やっとテストできる環境を入手できたのでVista SP1で試してみました。

     

    結果、同様のエラーで止まってしまいます。

    Vista SP1のsysprepでも改善されていないようです。

     

    原因がどこにあるのかはわかりませんが、Vista SP2に期待しましょう。

    当面、XPとVistaをデュアルブート構成にしてsysprepをかける際には、上記手順で行うことにします。

     

    -以上-

    2008年6月10日 7:14