none
EMC管理コンソールのMicrosoft Exchange On-Premiseの下のツリーが表示されない RRS feed

  • 質問

  • お世話になっております。本番環境構築に向けた社内評価として、下記構成にてExchange Server 2010をインストールしました。

    <Exchange Server>

    オペレーティングシステム:Windows Server 2012 Std

    ※Hyper-V3.0上の仮想マシンとして構築

    Exchange Server:2010

    ※サービスパック:なし(諸事情により)

    <Active Directory>

    オペレーティングシステム:Windows Server 2012 Std

    ※Hyper-V3.0上の仮想マシンとして構築

    Active Directoryのスキーマ拡張を行うなどAD環境の事前準備を無事終え、インストールまで完了しました。

    しかしながら、インストール後の設定を行おうと意気込んだものの、EMCを起動して「Microsoft Exchange On-Premise」ツリーを展開しようとしたところ

    添付のような画面で「初期化」は無事完了するのですが、「組織の概要」「サーバーの概要」「受信者の概要」からすべて「使用できません」と出てしまいます。画面したの黄色○で囲んだ「データは利用できません。ここをクリックして、最新のデータにアクセスしてください」をクリックすると今度は、「スナップインのエラーがMMCにより検出されたので、スナップインがアンロードされます」と出てしまいます。「スナップインをアンロードして、実行し続ける」を選択してOKを押すと「Microsoft Exchange On-Premise」すらも表示されない状況となってしまいます。右ペインの「組織の正常性データを取得」を押しても「スナップインのエラー・・・」が出てしまいます。

    イベントログ等を確認したのですが、それらしいログが出ておらず、いたってきれいな状態なので、より一層悩みが深まっています。

    同様の事象で悩んだ過去があり、また解決方法も知っていらっしゃるかたがおりましたら、お手数ですがご教示いただきたくお願いします。

    よろしくお願いいたします。

    2015年4月21日 8:59

すべての返信

  • この Exchange にインストールされている役割はどの役割でしょうか?
    2015年4月21日 12:11
  • お世話になります。

    インストールした役割は、標準インストールに同胞されている以下です。

    ・ハブトランスポート

    ・クライアントアクセス

    ・メールボックス

    ・Exchange管理コンソール  ←役割とは言えないかもですが。。。

    2015年4月21日 23:18
  • マルチロールということですね。

    おそらくですが、管理シェル (EMS) も実行できない状態ですよね。

    2015年4月24日 3:08