none
Vista と XP のデュアルブート RRS feed

  • 質問

  • ご存知の方がいればお教えください。

    今、XPをメインで使っているのですが、既存環境がこわれるのがいやだったので、IDEのHDDにXP、シリアルATAのHDDにVistaを設定して、XPを使うときはシリアルATAのHDDの電源をOFFに、Vistaを使うときにはIDEのHDDの電源をOFFにして利用しています。

    物理的には、IDE-XPかシリアルATA-Vistaのいずれかの組み合わせだけでパソコンを利用している状態です。

    しかしながら、いずれかのHDDしか動作しないので、XPとVista間のデータやりとりがHDDでできずに不便なため、IDEとシリアルATAの電源を両方ONの状態でXPとVistaを利用できるようにしたいと考えています。

    思いとしては、
    HDDはすべて電源ONにし、Vistaのブートマネージャで起動して、デフォルトはXPが起動するように設定したいのですが、実際可能でしょうか?実現方法の情報が載っているホームページ等があれば、あわせてお教えください!!


    2007年8月11日 11:58

回答

  • 可能ですが、ちょっと面倒ですね。

    手順としては、

     

    1) IDEとSATAの両HDDをつないで起動し、BIOS画面を出してSATA HDDをIDE HDDより優先的に起動するように設定します。

     

    2) この状態で起動するとVistaが起動しますので、XPをインストールしているパーティション (たぶんD:ドライブ) のルートディレクトリにあるNTLDR、NTDETECT.COM、bootfont.bin、boot.iniの4ファイルをVistaをインストールしているパーティション (C:ドライブ) にコピーします。

     

    3) コピーしたboot.iniをテキストエディタで開いて編集します。

     

    おそらく現在は次のようになっているはずです。

    [boot loader]
    timeout=10
    default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
    [operating systems]
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Windows XP Professional " /FASTDETECT

     

    これを次のように変更します。rdisk(0)→rdisk(1)

    [boot loader]
    timeout=10
    default=multi(0)disk(0)rdisk(1)partition(1)\WINDOWS
    [operating systems]
    multi(0)disk(0)rdisk(1)partition(1)\WINDOWS="Windows XP Professional " /FASTDETECT

     

    4) http://www.corso-b.net/itaya/TIPS/Vista/Vista02.html の「●すでにWindows VistaをインストールしているPCにWindows 2000/XP/2003をインストールした場合」の手順を実行します。ただし、2) と 3) は実行する必要がありません。

     

    これで2つのOSが選択起動できるようになります。ただし、XPとVistaのデュアルブートでは、http://www.corso-b.net/itaya/TIPS/Vista/Vista05.html という問題があります。

    2007年8月12日 3:22

すべての返信

  • 可能ですが、ちょっと面倒ですね。

    手順としては、

     

    1) IDEとSATAの両HDDをつないで起動し、BIOS画面を出してSATA HDDをIDE HDDより優先的に起動するように設定します。

     

    2) この状態で起動するとVistaが起動しますので、XPをインストールしているパーティション (たぶんD:ドライブ) のルートディレクトリにあるNTLDR、NTDETECT.COM、bootfont.bin、boot.iniの4ファイルをVistaをインストールしているパーティション (C:ドライブ) にコピーします。

     

    3) コピーしたboot.iniをテキストエディタで開いて編集します。

     

    おそらく現在は次のようになっているはずです。

    [boot loader]
    timeout=10
    default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS
    [operating systems]
    multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(1)\WINDOWS="Windows XP Professional " /FASTDETECT

     

    これを次のように変更します。rdisk(0)→rdisk(1)

    [boot loader]
    timeout=10
    default=multi(0)disk(0)rdisk(1)partition(1)\WINDOWS
    [operating systems]
    multi(0)disk(0)rdisk(1)partition(1)\WINDOWS="Windows XP Professional " /FASTDETECT

     

    4) http://www.corso-b.net/itaya/TIPS/Vista/Vista02.html の「●すでにWindows VistaをインストールしているPCにWindows 2000/XP/2003をインストールした場合」の手順を実行します。ただし、2) と 3) は実行する必要がありません。

     

    これで2つのOSが選択起動できるようになります。ただし、XPとVistaのデュアルブートでは、http://www.corso-b.net/itaya/TIPS/Vista/Vista05.html という問題があります。

    2007年8月12日 3:22
  • 早速なご回答ありがとうございました。実際にやってみて、無事デュアルブートができるようになりました。
    4)の手順で、VistaBootPROを使って設定したときに、なんかいろいろイベントビューアに書き込まれましたが、特に問題なしでした。
    ありがとうございました。
    2007年8月12日 22:03