none
プロキシ環境化のchromium版edgeにて、smartscreenの有効化で応答速度が急激に低下します RRS feed

  • 質問

  • プロキシ環境化でのchromium版のmicrosoft edgeの設定からmicrosoft Defender smartscreenの設定を有効にしていると、サイトの応答速度が急激に低下します。

    現在はグループポリシーにて、業務に不可欠なサイトのみ「警告をトリガーしないドメインのリスト」を構成し回避をしています。

    しかし、本当はすべてのサイトでsmartscreenの機能を有効にした状態にしておきたいところです。

    機能を利用しつつ、別途回避する(応答速度の遅延をできるだけ減らす)方法はありませんでしょうか。

    ちなみに、smartscreenの機能を有効化した状態で、

    edge://flagsにて「enable lazy image loading」 と「enable lazy frame loading」 を有効化してみたり、

    設定画面でハードウェアアクセラレータを使用するかどうかを有効にしたり無効にしてみたり

    サードパーティ製のウィルス対策ソフトを無効化してみたりといろいろと試してみましたが、変化はなく、

    smartscreenの機能を無効化すると応答速度の低下は解消されましたので原因はsmartscreenであるとかんがえています。

    ご教示のほど、よろしくお願い申し上げます。

    2020年7月3日 1:26

回答

すべての返信