none
Hyper-V 統合サービスについて RRS feed

  • 質問

  • こんにちは。


    以下の環境でHyper-Vサーバ上の仮想マシンのゲストOSのVSSバックアップを
    したいと思っています。

    ホストOS:WindowsServer2008 R2
    ゲストOS:WindowsServer2008 with SP2

    ゲストOSのVSSバックアップにはゲストOSに「Hyper-V統合サービス」を
    インストールする必要があるとのことですが、以下のサイトをみると
    上記の環境では既に統合サービスが含まれていて、インストールの必要
    が無いと認識しています。

    http://technet.microsoft.com/en-us/library/ee207413(WS.10).aspx


    しかし、ゲストOSにログオンし、[操作]メニューを起動すると、
    [統合サービスセットアップディスクの挿入]が選択できるように
    なっています。

    そこで質問ですが、
    統合サービスがインストールされていても、[操作]メニューにおいては
    上記のような表示になるのでしょうか。

    それとも私の認識がちがっていて、あくまでも「統合サービスが利用できる」
    というだけで、インストール作業自体は実施する必要があるのでしょうか。


    よろしくお願いします。

     

    2010年10月4日 2:53

回答

  • 上記の環境では既に統合サービスが含まれていて、インストールの必要がありません。
    仮想環境下で動作させることを念頭に開発されており、最初から組み込まれています。
    確認方法は、コントロールパネルのプログラムからインストール済みのKBを見ると該当するKBが存在しているはずです。(KB番号は、わすれてしまいましたが。。。)

    操作メニューからは選択できるようになっています。
    選択すると、仮想ドライブに統合サービスのCDイメージがマウントされ、統合サービスのインストールが始まりますが、すでにインストール済みっとの表示がされインストールできません。

    以上から、インストール作業は必要ありません。

    2010年10月4日 3:28

すべての返信

  • 上記の環境では既に統合サービスが含まれていて、インストールの必要がありません。
    仮想環境下で動作させることを念頭に開発されており、最初から組み込まれています。
    確認方法は、コントロールパネルのプログラムからインストール済みのKBを見ると該当するKBが存在しているはずです。(KB番号は、わすれてしまいましたが。。。)

    操作メニューからは選択できるようになっています。
    選択すると、仮想ドライブに統合サービスのCDイメージがマウントされ、統合サービスのインストールが始まりますが、すでにインストール済みっとの表示がされインストールできません。

    以上から、インストール作業は必要ありません。

    2010年10月4日 3:28
  • 阿部です

    補足情報として・・・

    Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 では統合サービスのバージョンが違っている可能性がありますので、インストールできるなら最新バージョンにしておくことをお勧めします。

    統合サービスのバージョンの互換性
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee207413(WS.10).aspx

    以上、参考になれば幸いです


    MVP:Virtual Machine Blog:MCTの憂鬱 http://naonao71.spaces.live.com/
    2010年10月4日 4:20
    モデレータ