none
GPOの適用対象と優先順位について RRS feed

  • 質問

  • 恐れ入ります。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教示ください

    GPOには、「ユーザーの構成」と「コンピューターの構成」の二種類が存在しますが
    それぞれ、前者はユーザーオブジェクトとコンピューターオブジェクト、
    後者はコンピューターオブジェクトのみに適用される理解で相違無いでしょうか。

    上記が相違無いとして、Aというコンピューターが所属するOUにリンクされた、ユーザーの構成に関するGPOと
    AにログインしたXというユーザーが所属するOUにリンクされた、ユーザーの構成に関するGPOが
    相反する設定となっていた場合、どちらが優先されるのでしょうか。

    以上、よろしくお願いします。

    2020年1月15日 5:28

回答

  • チャブーンです。

    この件ですが、GPOの「ユーザーの構成」はユーザーオブジェクトに、「コンピューターの構成」はコンピューターオブジェクトが適用の対象です。例外的にコンピューターポリシーの「ループバック処理」を適用した場合、そのコンピューターオブジェクトに適用された「ユーザーの構成」を反映させることが可能です。

    例外的な処理は行うべきでないので、ふつうに設定すれば、「AにログインしたXというユーザーが所属するOUにリンクされた、ユーザーの構成に関するGPO」が普通に反映されます。ループバック処理を設定した場合のみ「Aというコンピューターが所属するOUにリンクされた、ユーザーの構成に関するGPO」が反映されます。「優先的」に反映させるか「混合」で反映させるかは、ループバック処理の「モード」設定によります。

    事細かにすべては語れないので、上記キーワードを検索し、ご自身でも調べてみることをお奨めします。


    フォーラムは有償サポートとは異なる「コミュニティ」です。フォーラムでご質問頂くにあたっての注意点 をご一読のうえ、お楽しみください。

    • 回答としてマーク ayuzer 2020年1月15日 8:41
    2020年1月15日 7:26
    モデレータ

すべての返信

  • チャブーンです。

    この件ですが、GPOの「ユーザーの構成」はユーザーオブジェクトに、「コンピューターの構成」はコンピューターオブジェクトが適用の対象です。例外的にコンピューターポリシーの「ループバック処理」を適用した場合、そのコンピューターオブジェクトに適用された「ユーザーの構成」を反映させることが可能です。

    例外的な処理は行うべきでないので、ふつうに設定すれば、「AにログインしたXというユーザーが所属するOUにリンクされた、ユーザーの構成に関するGPO」が普通に反映されます。ループバック処理を設定した場合のみ「Aというコンピューターが所属するOUにリンクされた、ユーザーの構成に関するGPO」が反映されます。「優先的」に反映させるか「混合」で反映させるかは、ループバック処理の「モード」設定によります。

    事細かにすべては語れないので、上記キーワードを検索し、ご自身でも調べてみることをお奨めします。


    フォーラムは有償サポートとは異なる「コミュニティ」です。フォーラムでご質問頂くにあたっての注意点 をご一読のうえ、お楽しみください。

    • 回答としてマーク ayuzer 2020年1月15日 8:41
    2020年1月15日 7:26
    モデレータ
  • > チャブーン様 

     ループバック処理を利用しない限り、 
     「ユーザーの構成」は"ユーザーオブジェクト"が対象であること
     「コンピューターの構成」"コンピューターオブジェクト"が対象であること
     承知いたしました。
     大変参考になりました。ありがとうございました。

    
    2020年1月15日 8:41