none
Windows 2008での起動時の依存関係設定について RRS feed

  • 質問

  • 初めて投稿します。

    Windows 2008でiSCSI外部ストレージを接続し、そのボリュームを共有した後に

    再起動すると、その共有設定が解除されてしまう為、server(LanmanServer)

    サービスをMSiSCSIサービスに依存する様設定する為、Windows 2003サーバー

    と同じ下記のscコマンドで依存設定しました。

    sc config lanmanserver depend= MSiSCSI

    しかし、その後依存設定は成功していますが、serverサービス

    を起動しようとすると「必要なファイルが無い」とワーニングが出て2度と起動しなくなり、

    再起動しても復旧しませんでした。Windows 2008でのscコマンドに注意事項等

    ありますか?

    scコマンドよりレジストリを書き換える方法が良いでしょうか?

    尚、Windows 2008は仮想マシンです。違う仮想環境で試して見ましたが、現象

    は同じでした。(XenServerベースおよびESX)

    宜しくお願い致します。

    2012年3月30日 0:58

回答

すべての返信

  • sc config lanmanserver depend= MSiSCSI
    だと、元々の依存関係(SamSS と Srv)が削除され、MSiSCSI のみに設定されるためでは?


    Windows 2008 では以下のようです。

    sc config lanmanserver depend= SamSS/Srv/MSiSCSI

    http://blogs.yahoo.co.jp/tksoft/61560555.html

    • 回答の候補に設定 田中夢 2012年4月10日 8:18
    • 回答としてマーク 田中夢 2012年4月16日 5:19
    2012年3月30日 4:54
  • 中年やっちゅうねん さん回答ありがとうございます。

    ご指摘の通り既に設定されていた依存設定を削除した為でした。依存するサービスを

    すべて記述する必要があるのですね。

    問題のあったサーバーにすべての依存設定をした所、復旧しました。

    再セットアップは必要なかったようですね。

    的確なご回答ありがとうございました。

    2012年3月30日 6:23
  • Windows 2008の情報もKBに追加して欲しいな _・)チラ

    http://support.microsoft.com/kb/870964/en-us

    2012年3月30日 7:30
  • こんにちは。
    フォーラム オペレーターの田中夢です。
     
    中年やっちゅうねん さん
    いつも的確なアドバイスをしていただきありがとうございます。
     
    teeda さん
    こちらのご質問につきましては、中年やっちゅうねん さんからの投稿を参考にしていただけたようですので、勝手ながら私のほうで [回答としてマーク] とさせていただきますね。
     
     
    また何かありましたら、TechNet フォーラムをご活用くださいね。
    ---------------------------------------------------------------------
    日本マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレーター 田中夢
    • 編集済み 田中夢 2012年6月1日 1:09
    2012年4月16日 5:19