none
Vista上でのExcel2007 VBAにおけるエラー番号:429のエラー発生について RRS feed

  • 質問

  • タイトルの件について教えていただければ幸いです。

    現在 WindowsXP、Office2007の環境で「2007 Microsoft Office プログラム用 Microsoft PDF/XPS 保存アドイン」を使用して、PDF操作を行っているVBAが問題なく動作しています。

    今回、WindowsXPは既にサポート切れのため、Windows Vista上で上記のVBAプログラム(Ofiice2007、PDFアドインを使用)を変更なしで動作させたいと思ってExcel VBAを実行しました。

    ところが、下記の個所で、エラー番号:429(ActiveXコンポーネントはオブジェクトを作成できません)というエラーが発生し、PDF操作ができません。

    (EXCELをPDFに保存まではできていますが、空のPDFを作成する部分からできていない状態です。)

    =====実際のプログラムを抜粋========

        Dim AcroPDDocNew      As New Acrobat.AcroPDDoc    '評価書PDFのAcrobatオブジェクト

        'PDFとして保存 →ここは実際にできている
        ActiveWorkbook.ExportAsFixedFormat Type:=xlTypePDF, _
            Filename:=strWkPdf1, Quality:=xlQualityStandard, _
            IncludeDocProperties:=True, IgnorePrintAreas:=False, _
            FROM:=1, To:=2, OpenAfterPublish:=False

        '空のPDFを作成する →ここでエラーになっている★

        lngRet = AcroPDDocNew.Create()

    ===========================

    古いテクノロジーの質問で申し訳ありませんが、ご回答お願いします。

    VBAでボタンは押せているので、関連事象のWindowsアップデートによるものではないと思っています。

    2016年2月3日 0:56

すべての返信

  • 本件、自己解決しました。

    対象PCにAcrobatがインストールされていないことが原因でした。

    ただし、対象のAcrobat XIがVistaのサポートがないためWindows7にて正常に動作することを確認しました。

    ご確認いただいた方には、お時間とらせて、申し訳ありませんでした。

    2016年2月8日 0:36