none
Windows10におけるWi-Fi接続時のWindowsUpdate制御について RRS feed

  • 質問

  • Windows10PCをドメインで運用しています。
    ポケットWi-Fi使用時のWindowsUpdateを停止させるため、
    ADサーバ(2012R2)にWindows10グループポリシー管理テンプレートをインストールし、
    グループポリシー管理エディターより
    【コンピュータの構成】-【ポリシー】-【管理用テンプレート】-【Windowsコンポーネント】-【PC設定の同期】
    の『従量制課金接続で同期しない』を有効に設定しました。

    Windows10PCをポケットWi-Fiで接続し、WindowsUpdateの「更新プログラムのチェック」をクリックすると
    ダウンロードが始まってしまいます。

    上記設定でWindowsUpdateが、Wi-Fi接続時は停止し、有線LAN接続時のみ実行されるような動作は実現できますでしょうか?

    ご教示よろしくお願い致します。
    2018年8月6日 0:53

回答

  • 従量課金接続の場合に Windows Update による更新プログラムの自動ダウンロードを抑制したいのであれば、以下のグループポリシーを無効にするのが適切かと思います。

     

    [管理テンプレート] - [Windows コンポーネント] - [Windows Update] - [更新プログラムが従量制課金接続で自動的にダウンロードされるのを許可する]

     

    なお、上記設定が無効 (従量課金接続時の自動ダウンロードがオフ) でネットワークが従量課金接続だった場合、更新プログラムのチェックを実施した際に必要な更新プログラムを検出すると、自動的にダウンロードは開始せず、以下の様に「ダウンロード待ち」の状態になります。





    なお、ネットワーク毎に従量課金接続として設定しておく必要が有りますのでご注意下さい。

     

    Windows 10 での従量制課金接続

    https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4028458/windows-metered-connections-in-windows-10


    • 編集済み LapivyMVP 2018年8月6日 6:20 補足の追加
    • 回答としてマーク HIGETARO 2018年8月13日 2:18
    2018年8月6日 6:07

すべての返信

  • 従量課金接続の場合に Windows Update による更新プログラムの自動ダウンロードを抑制したいのであれば、以下のグループポリシーを無効にするのが適切かと思います。

     

    [管理テンプレート] - [Windows コンポーネント] - [Windows Update] - [更新プログラムが従量制課金接続で自動的にダウンロードされるのを許可する]

     

    なお、上記設定が無効 (従量課金接続時の自動ダウンロードがオフ) でネットワークが従量課金接続だった場合、更新プログラムのチェックを実施した際に必要な更新プログラムを検出すると、自動的にダウンロードは開始せず、以下の様に「ダウンロード待ち」の状態になります。





    なお、ネットワーク毎に従量課金接続として設定しておく必要が有りますのでご注意下さい。

     

    Windows 10 での従量制課金接続

    https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4028458/windows-metered-connections-in-windows-10


    • 編集済み LapivyMVP 2018年8月6日 6:20 補足の追加
    • 回答としてマーク HIGETARO 2018年8月13日 2:18
    2018年8月6日 6:07
  • Microsoft コニュニティー「Windows10におけるWi-Fi接続時のWindowsUpdate制御について」からの続きです。


    hebikuzure

    2018年8月6日 7:29
  • Microsoft コニュニティー「Windows10におけるWi-Fi接続時のWindowsUpdate制御について」 にもコメントしていますが、Lapivy  さんが書かれているような方法で自動的なダウンロードの抑止は可能ですが、ユーザーが操作して Windows Update を開始した場合のダウンロードの抑止は別です。

    これも防ぎたいのであれば、まずユーザーが手動で Windows Update を開始できないように構成するべきでしょう。


    hebikuzure

    2018年8月6日 7:33
  • ご回答ありがとうございます。

    上記ポリシーを設定した後、クライアントPCのWiFi接続のプロパティより「従量制課金接続として設定する」を確認したところグレーアウトしており設定が出来ませんでした。

    ドメインユーザーで特定のWiFi接続を「従量制課金接続として設定する」方法についてもグループポリシーやレジストリの編集が必要なのでしょうか?

    2018年8月8日 1:28
  • 該当の設定の変更には管理者権限が必要ですので、恐らくユーザー権限で設定され様としていらっしゃるのではないでしょうか。
    2018年8月8日 4:09
  • 申し訳ないです、その情報を記述し忘れておりました。

    ご指摘頂いた通りユーザー権限でWiFi接続時のWindowsUpdateを抑制しようとしております。

    2018年8月8日 9:15
  • 前回の返信に書かせて頂いた通り、該当の設定を変更するには管理者権限が必要な認識です。

     

    この設定をユーザー権限で変更したいと言う事であれば、当初の質問内容とは異なりますので、有効なアドバイスを広く求めるのであれば、別スレッドで質問を投稿された方が良いかもしれません。

    2018年8月9日 8:52