none
2008でのCPUエラッタの対処 RRS feed

  • 質問

  • Vista SP1 と Server 2008 Std.(いづれもx64)をデュアルブートにしてあるマシンで
    Intel Core2 のE6700をQ6600 G0ステッピングに換装しました。
    #気持ち、VistaでUI操作が「ふんづまりに」なりにくくなった様です。

    このPCのBIOSでは、マイクロコードアップデートに対応していないステッピングなので、
    Q6600の「TLB(トランスレーション・ルックアサイド・バッファ)の不適切な無効化処理
    (CPUのエラッタ)」の対処は、Vistaでやっています。

    http://support.microsoft.com/kb/936357/ja

    ところで、
    上記の対処は2008ではどうすればよいのでしょうか?上記H/Pには2008の事が書いて
    有りません。

    一応、デバイスマネージャでE6700プロセッサを削除し、ドライバソフトウェアの更新
    をネットワーク経由でやって、うまくQ66004つ出ています。
    2008年10月11日 9:25

回答

  • こちらの修正はすでにWindows 2008 に含まれていますので、対応済みです。

     

    ##

    936357 はWindows VISTA SP1 に含まれます。Windows Server 2008 はRTM版ですでに VISTA の SP1 と同じですので、これはすでに含まれています。

    2008年12月29日 3:06

すべての返信

  • こちらの修正はすでにWindows 2008 に含まれていますので、対応済みです。

     

    ##

    936357 はWindows VISTA SP1 に含まれます。Windows Server 2008 はRTM版ですでに VISTA の SP1 と同じですので、これはすでに含まれています。

    2008年12月29日 3:06
  • こんにちは、フォーラムオペレーターの鈴木裕子です

     

    ひろきぃ さん、回答ありがとうございました!

     

    kuwadgi さん、投稿から少し時間が経過しておりますが、その後いかがでしょうか?マシンは快適に動いてます?

    その後の経過が気になるところなのですが、同様の情報をお探しの方にこちらをぜひ参照していただければと思い、勝手ながら私の方で回答チェックを付けさせていただきました。もし不適切と思われた場合は、遠慮なく修正してください。

     

    これからも何かありましたらForumの情報をご活用くださいね!お待ちしています
    2009年1月15日 3:00
    モデレータ