none
WindowsServer2012r2へのアクセス許可について RRS feed

  • 質問

  • 幾つかの周辺PC(Win-XP、Win-7)のエクスプローラ画面からWinServ2012のIPアドレスをアドレスバーへ入力し、共有ファイルへアクセスしようとしますが、「アクセス許可が無い」メッセージが返答されアクセスできません。リモートデスクトップ接続は可能です。現在WinServ2012のドメインはローカルの「WORKGROUP」に設定してます。周辺PCは社内ドメイン、WORKGROUPドメインどちらも存在します。WinServ2012の設定で社内ドメイン管理に変更した場合はどちらのドメインからでもアクセス出来ました。しかし、WinServ2012のIPアドレスを同じセグメント内の別アドレスに設定した場合、IPアドレスからアクセス出来なくなり、コンピュータ名入力ではアクセスは出来る状態になります。エクスプローラのアドレスバーにIPアドレス入力してWinServ2012へアクセス出来るようにしたいのですが、設定方法を教えて頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。

    2015年4月17日 12:03

すべての返信

  • まずは、NetBIOS over TCP/IPやあたりが無効されていないかとか、TCP/IP NetBIOS Helperサービスが止まっていないかあたりを確認するところからチェックしてみてはいかがでしょうか。

    • 回答の候補に設定 佐伯玲 2015年4月20日 1:08
    • 回答の候補の設定解除 佐伯玲 2015年5月1日 2:24
    2015年4月19日 9:58
    モデレータ
  • ご返信頂き、返答が遅くなりすみません。両方を確認しましたが、問題ないです。NetBIOS over TCP/IPは「既定値」だったものを強制「有効」にし、TCP/IP NetBIOS Helperサービスは確認して「実行中」でした。他に考えられるものは無いでしょうか。宜しくお願い致します。
    2015年4月21日 9:05
  • WinServ2012の受け手側セキュリティイベントログを確認した所、以下のメッセージが発生します。受け手側であるWinServ2012で何の設定に問題があるか教えてください。エラー原因にユーザ名、パスワードが違う情報がありますが、何も情報入力してません。よろしくお願いいたします。イベントID:4625 タスクカテゴリー:ログオン

    ----------------------------------------

    アカウントがログオンに失敗しました。

    サブジェクト:
     セキュリティ ID:  NULL SID
     アカウント名:  -
     アカウント ドメイン:  -
     ログオン ID:  0x0

    ログオン タイプ:   3

    ログオンを失敗したアカウント:
     セキュリティ ID:  NULL SID
     アカウント名:  ログイン要求先ユーザ名
     アカウント ドメイン:  社内ドメイン

    エラー情報:
     失敗の原因:  ユーザー名を認識できないか、またはパスワードが間違っています。
     状態:   0xC000006D
     サブ ステータス:  0xC000006A

    プロセス情報:
     呼び出し側プロセス ID: 0x0
     呼び出し側プロセス名: -

    ネットワーク情報:
     ワークステーション名: 接続元コンピュータ名
     ソース ネットワーク アドレス: 接続元IPアドレス
     ソース ポート:  57729

    詳細な認証情報:
     ログオン プロセス:  NtLmSsp
     認証パッケージ: NTLM
     移行されたサービス: -
     パッケージ名 (NTLM のみ): -
     キーの長さ:  0

    このイベントは、ログオン要求が失敗した場合に生成されます。このイベントは、アクセスを試行したコンピューターで生成されます。

    サブジェクトのフィールドは、ログオンを要求したローカル システム上のアカウントを示します。これは、サーバー サービスなどのサービスまたは Winlogon.exe や Services.exe などのローカル プロセスであることが最も一般的です。

    ログオン タイプのフィールドは、要求されたログオンの種類を示します。最も一般的なタイプは、2 (対話型) と 3 (ネットワーク) です。

    プロセス情報のフィールドは、ログオンを要求したシステム上のアカウントとプロセスを示します。

    ネットワーク情報のフィールドは、リモート ログオン要求の送信元を示します。ワークステーション名は、常に表示されるとは限らず、場合によっては空白のままであることがあります。

    認証情報のフィールドは、この特定のログオン要求に関する詳細情報を示します。
     - 移行されたサービスは、このログオン要求に関与した中間サービスを示します。
     - パッケージ名は、NTLM プロトコルのうち使用されたサブプロトコルを示します。
     - キーの長さは、生成されたセッション キーの長さを示します。これは、セッション キーが要求されなかった場合は 0 になります。

    2015年4月24日 8:21