none
IIS6.0で、global.asaに対してNTFSアクセス権の変更を行うと、セッション情報がクリアされる RRS feed

  • 質問

  • はじめまして。
    一点ご質問があります。

    Windows Server 2003 でIIS6.0を使用しているのですが、
    global.asaに対して右クリック→プロパティ→セキュリティタブより、適当なユーザに対し、NTFSアクセス権の変更を行うと、
    保持していたセッション情報がクリアされてしまいます。

    この動きは仕様通りでしょうか?
    よろしくお願いします。
    • 移動 Wang Huang 2012年10月1日 15:19 (移動元:Internet Information Services 5.x, 6.0 - 全般)
    2009年12月28日 9:19

回答

  • セッションをInProc(デフォルト、該当サーバのメモリ上)で管理しているのであれば、global.asa等を書き換えることでアプリケーションプールが再起動し、それに伴ないセッション情報が消える、というのは仕様通りの動きです。
    NTFSアクセス権の変更がファイルの書き換えと同じに扱われるかどうかまで調べたことはありませんが、まぁ、仕様なんじゃないでしょうか。
    あおい情報システム株式会社 小野修司(どっとねっとふぁん)
    • 回答としてマーク 菊地俊介 2010年1月18日 9:37
    2009年12月29日 1:22

すべての返信

  • セッションをInProc(デフォルト、該当サーバのメモリ上)で管理しているのであれば、global.asa等を書き換えることでアプリケーションプールが再起動し、それに伴ないセッション情報が消える、というのは仕様通りの動きです。
    NTFSアクセス権の変更がファイルの書き換えと同じに扱われるかどうかまで調べたことはありませんが、まぁ、仕様なんじゃないでしょうか。
    あおい情報システム株式会社 小野修司(どっとねっとふぁん)
    • 回答としてマーク 菊地俊介 2010年1月18日 9:37
    2009年12月29日 1:22
  • 早速のご回答ありがとうございます。
    ファイルの書き換えの場合は仕様通りなんですね。
    その仕様はMircosoftから提示されているものでしょうか?
    もしURLなどご存知であれば教えていただければと思います。
    2009年12月29日 4:05
  • 皆様、こんにちは。


    どっとねっとふぁんさん、回答ありがとうございます。
    smartbridgeさん、はじめまして。フォーラムのご利用ありがとうございます。
    有用な情報と思われたため、どっとねっとふぁんさんの回答へ回答マークをつけさせていただきました。

    また、ファイルの更新時の動作については下記の文書が参考になると思います。

    エラー メッセージ : HTTP エラー 500-12 - アプリケーションを再起動しています
    http://support.microsoft.com/kb/248013/
    PRB: セッション変数が ASP Web アプリケーションにおけるが失われる
    http://support.microsoft.com/kb/303881/
    方法 : Global.asa ファイルのデバッグ
    http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms241868(VS.80).aspx

    今後ともフォーラムをよろしくお願いします。
    それでは!
    2010年1月18日 9:42