none
仮想DVD-ROMにマウントされたCD-ROM中のsetup.exeが16ビットアプリケーションに見える RRS feed

  • 質問

  • Windows7 Pro(32ビット)のXPモード上で、あるアプリケーション(媒体:CD-ROM)を
    インストールしようとしたところ、setup.exeが実行されない現象が発生しました。

    直接の原因を調べてみたところ、本来32ビットアプリケーションであるsetup.exeが、
    XPモードの仮想DVD-ROM(実体はIDE接続DVD-RAM)経由だと16ビットアプリケーションに
    見えるため、DOS窓が開いた直後、「プログラムが大きすぎてメモリに入りません」と
    出て、異常終了していることが分かりました(エクスプローラでプロパティを見ると
    フォントタブなどが出てくる)。また、仮想DVD-ROMにもう一台のSATA接続DVD-RAMを
    接続し直してみても現象は変わりませんでした。

    ホストOS(Windows7)上のドライブF:からも、統合機能でXPモードにマウントされた
    ドライブF:からも、32ビットアプリケーションに見えるのに(エクスプローラで
    プロパティを見ると互換性タブが出てくる)、XPモードの仮想DVD-ROM経由だと
    16ビットアプリケーションに見えるのは、XPモードの仕様or設定の問題でしょうか?

    情報をお持ちの方がいましたら、ご教授頂けたら幸いです。

    なお、マザーボードはASUS P5B、
    チップセット/DVD-RAMのドライバはWindows7標準のままで利用しています。

    ちなみに、Windows7の無償サポートに問い合わせた際の回答は以下のとおりです。
    ---<ここから>---
    このたびのお問い合わせ内容を拝見しましたところ、Windows 7 上で稼働する Windows XP モードの
    ご利用にて、ホスト OS と共有した CD - ROM 上の Setup.exe が16 bit アプリケーションに見えている
    状況とお見受けしました。
    本件については、 Windows XP モードの設定、および、仕様、また、ご利用方法に関する問題であると
    考えられます。
    なお、大変恐縮ですが、当窓口は Windows 7 へのアップグレード、一般操作などのサポートをご提供
    させていただく窓口となり、WindowsXP モードにつきましては、別途、無償で提供されるプログラムと
    なるため、Windows XP についてのお問い合わせに関しましては、 弊社のオンライン セルフ サポートや
    フォーラム、をご利用いただくか、お電話や E-Mail でのサポートをご要望の場合は、以下にご案内
    いたします有償サポート窓口の利用をご検討くださいますようお願い申し上げます。
    お客様には大変お手数をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます
    ---<ここまで>---

    • 移動 Yubo. Zhang 2012年10月1日 12:12 (移動元:Windows 7 ソフトウェア)
    2010年3月12日 9:49

回答

  • tito1234 さん、

    こんにちは。
    フォーラム オペレーターの服部 清次です。

    私の方で国内外の情報を探ってみましたところ、tito1234 さんの状況とは少し異なるのですが、
    似たような現象に遭遇されている方がいらっしゃいました。
    http://www.eggheadcafe.com/software/aspnet/33018535/program-too-big-to-fit-in.aspx (英語)

    上記のスレッドで質問されている Jack Waller さんは、Windows Vista 上の Virtual PC 2007 に入っている Windows XP で、InstallShield というツールの Setup.exe を実行しようとした際に、tito1234 さんと同じエラーに遭遇されています。

    Jack Waller さんは、2008年9月8日(月)午後8時9分付けの投稿の中で、
    ご自身で見つけられた解決策を紹介されていますので、参考までに紹介させていただきますね。 (^^)

    「解決策を見つけました。 問題は、CD ROM ドライバーと CD ROM のフォーマットにあるようです。 まだ確実に認識するところまで調査できていませんが、いずれにしても、Virtual PC で Hex Editor を使用して Setup.exe ファイルを見たところ、exe ヘッダーが破損していました。 Hex Editor を使用してホスト OS から見たところ、exe ヘッダーは正常でした。 他のすべてのファイルも破損していたようです。 共有ドライブを使用して、ホスト コンピューターからゲスト OS に CD のファイルをコピーしたところ、ファイルを正常なまま移動することができ、インストールを行なうことができました」

    tito1234 さんの状況とは少し異なりますが、、、こちらの情報がお役に立てることを願っています。
    それでは、また! (^_^)/


    _______________________________________________
    マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレーター 服部 清次
    • 回答としてマーク tito1234 2010年3月18日 11:39
    2010年3月18日 5:30

すべての返信

  • 自己フォローです。
    本件は当初、統合機能の不具合を疑っていましたが、統合機能をOFFにしても現象が解除されない事から、
    WindowsVirtualPCの仮想DVD-ROMの制御に閉じた問題(バグ?)のように思われます。

    2010年3月15日 22:39
  • tito1234 さん、

    こんにちは。
    フォーラム オペレーターの服部 清次です。

    私の方で国内外の情報を探ってみましたところ、tito1234 さんの状況とは少し異なるのですが、
    似たような現象に遭遇されている方がいらっしゃいました。
    http://www.eggheadcafe.com/software/aspnet/33018535/program-too-big-to-fit-in.aspx (英語)

    上記のスレッドで質問されている Jack Waller さんは、Windows Vista 上の Virtual PC 2007 に入っている Windows XP で、InstallShield というツールの Setup.exe を実行しようとした際に、tito1234 さんと同じエラーに遭遇されています。

    Jack Waller さんは、2008年9月8日(月)午後8時9分付けの投稿の中で、
    ご自身で見つけられた解決策を紹介されていますので、参考までに紹介させていただきますね。 (^^)

    「解決策を見つけました。 問題は、CD ROM ドライバーと CD ROM のフォーマットにあるようです。 まだ確実に認識するところまで調査できていませんが、いずれにしても、Virtual PC で Hex Editor を使用して Setup.exe ファイルを見たところ、exe ヘッダーが破損していました。 Hex Editor を使用してホスト OS から見たところ、exe ヘッダーは正常でした。 他のすべてのファイルも破損していたようです。 共有ドライブを使用して、ホスト コンピューターからゲスト OS に CD のファイルをコピーしたところ、ファイルを正常なまま移動することができ、インストールを行なうことができました」

    tito1234 さんの状況とは少し異なりますが、、、こちらの情報がお役に立てることを願っています。
    それでは、また! (^_^)/


    _______________________________________________
    マイクロソフト株式会社 フォーラム オペレーター 服部 清次
    • 回答としてマーク tito1234 2010年3月18日 11:39
    2010年3月18日 5:30
  • 返信ありがとうございます。

    頂いた情報を見ると、何らかの条件を満たしたCD-ROMの場合に発現する
    仮想DVD-ROMドライバーの問題のようですね。
    当方でも、正常に見えるsetup.exeと16ビットAPに見えるsetup.exeをコピーし、
    fcコマンド(/b)で比較してみたところ、ファイル先頭を含めて複数箇所での
    不一致が確認できました。発生条件が特定できないので、XPモードでは
    仮想DVD-ROMを用いず、頂いた情報にある方法で回避したいと思います。

    情報ありがとうございました。
    2010年3月18日 11:38