none
Dynamics 365 App for Outlook 代理権限での予定追跡機能について RRS feed

  • 質問

  • いつも Dynamics 365 をご利用くださいまして、ありがとうございます。

    Dynamics 365 App for Outlook において、代理権限を付与されたユーザーが予定を追跡できるような新機能の開発が行われておりますが、大変恐縮ながら、リリースの目処がまだ立っておりません。
    (例: 役員から代理権限を付与されている秘書が、役員の予定を代理で作成し、その予定を追跡する)
    リリースされ次第、こちらの記事で情報をアップデートいたしますので、今しばらくお待ちいただければと存じます。

    リリースまでの間、以下の代替案が有効であることを確認しております。
    ご検討いただければ幸いです。

    • OrgDBOrgSetting の TrackAppointmentsFromNonOrganizer を TRUE にする
    • 代理権限をもつユーザーが、追跡対象の予定に自分自身を出席者として追加すること。

    [詳細手順]
    前提条件:

    • OrgDBOrgSetting の TrackAppointmentsFromNonOrganizer が TRUE になっていること。
      →以下の <OrgDBOrgSetting 設定方法>をご確認ください。
    • 役員とその代理権限をもつユーザー=秘書とします。

    手順:

    1. 秘書が Outlook にログインし、役員のカレンダーを開く
    2. 秘書が役員のカレンダーより会議を作成し、自分自身を出席者として追加する
    3. 保存&送信した後、秘書のカレンダーにもその予定が同期される
    4. 秘書のカレンダーから、秘書が会議を開き、追跡する(Dynamics 365 の中の活動レコードの所有者は、メールボックスの所有者になります。つまり秘書ではない)


    <OrgDBOrgSetting 設定方法>
    TrackAppointmentsFromNonOrganizer のオプションを有効化する必要がございます。
    このプションは既定で false になっており、手動で true にする必要がございます。

    オプションは下記方法で有効化いただけます。

    1. https://github.com/seanmcne/OrgDbOrgSettings/releases/ から OrganizationSettingsEditor_8.0_Managed_1.0.1907.0802.zip をダウンロードします。
    2. 環境にソリューションとしてインポートします。
    3. ソリューションを開きます。
    4. [構成]タブに設定の一覧がありますので TrackAppointmentsFromNonOrganizer を探します。
    5. [Add] をクリックします。[Edit] となり、TrackAppointmentsFromNonOrganizer の設定が変更可能になります。
    6. [Edit] をクリックし、値に true を入力し、[Update] をクリックし、確認ダイアログで OK をクリックします。

    Microsoft Dynamics 365 Support Team (髙島)

    本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。





    2019年7月24日 7:30
    モデレータ