none
HYPER-V利用時にレスポンスが不安定になります RRS feed

  • 質問

  • 初めての質問ですが、よろしくお願いします。ユーザーでのトラブルですが、Windows Server2012 StandardでゲストOS2003R2をHYPER-Vで仮想化運用をしています。アプリケーションは個別開発で行っており、データベースは富士通のPOWER RWを使用しています。サーバーのスペックはXeon E5-2620V2(2.10GHz) 6コアの2CPU、メモリ20GBになっています。

    運用としてはターミナルサービスにより約40台のクライアントPC(すべてWin7)で接続して利用しています。トラブルとしては前回まで使用していたサーハ゛ーでは発生していなかった、入力時のカーソル移動が遅くなる現象が起きています。発生のタイミングは不定期で接続台数や時間帯などに関係なく不定期に発生します。タブキーでカーソルがスムーズに移動する時間帯とカーソルの移動がワンクッション止まるような状況になり、数分から10分程度で回復します。ちなみに前回使用していたサーハ゛ーのスペックはXeon E5310(1.6GHz)2CPUでした。サーバーのスペック的に問題があるのか、設定上の問題なのか原因の特定には至っていないのが実情です。何か改善策がありましたらアドバイスをいただきたくお願いいたします。

    2014年7月9日 2:52

すべての返信

  • 統合サービスが最新のものが適用されていることと、ネットワークのOffload設定なども気になるのですが、
    とりあえず、ホスト側の電源プランがバランスになっていたら高パフォーマンスにして確認してみてはいかがでしょう?

    2014年7月9日 3:05
  • ご返信いただきどうもありがとうございます。確認をして試してみます。
    2014年7月15日 1:36
  • もう解決されているかもしれませんが。

    BIOSの CPU設定も見たほうがよいかもしれません。

    それと。サーバーメーカーより,最新のドライバがでているか確認を。

    セキュリティ対策ソフトの不具合で不安定に,ということも考えられますので,バージョンの確認および,hiper-vやドメインならそれ周りのスキャン対象から外す除外設定が設定されているか。

    システムプロパティで「パフォーマンス優先」に変更すると,遅延が直った,ということもありました。

    2015年1月15日 7:08