none
Initiationフォームの開発 RRS feed

  • 質問

  • MOSS2007(StandardEdition)+VS2008でワークフローの開発を考えています。

    InitiationフォームなどのワークフローフォームをInfoPathを使って開発するには、EnterpriseEditionが必要なのでしょうか?

     

    ご存じの方、よろしくお願いいたします。

    2008年10月28日 10:09

回答

  • InfoPath フォームをワークフローに組み込むにはInfoPath Forms Services が必要となるため MOSS 2007はEnterprise Editionである必要がありますよ。

     

    2008年11月17日 20:32

すべての返信

  • InfoPath フォームをワークフローに組み込むにはInfoPath Forms Services が必要となるため MOSS 2007はEnterprise Editionである必要がありますよ。

     

    2008年11月17日 20:32
  • ちなみにこちらのパッケージでは、ソフトウェア要件がStandardEditionとなっているようですが、表記の誤りでしょうか。

    ただ、MOSS標準のワークフローでもInfopathのワークフローフォームを使っていたような気がしますが・・・
    2008年11月19日 9:21
  • こんにちは。中川俊輔 です。

     

    山崎愛さん、回答ありがとうございます。

     

    aranciataさん、フォーラムのご利用ありがとうございます。

    その後いかがでしょうか?

    有用な情報と思われたため、山崎愛さんの回答へ回答済みチェックをつけさせていただきました。

     

    山本太月さんが投稿された疑問も含め、どのような時にInfoPath Forms Servicesが必要になるかは、

    下記ページ最下部のメモが参考になると思います。

    InfoPath Forms Services の概要

    http://office.microsoft.com/ja-jp/infopath/HA101649561041.aspx

     

    今後ともフォーラムをよろしくお願いします。

    それでは!

    2008年11月27日 7:48
  • こちらの件は、すでに 解決済みになっているようですが、他にもログを参照される方もいると思いますので補足しておきます。

    既に回答している通り、Visual Studio による SharePoint のワークフロー開発において Initiation フォームをInfoPath 2007 で作成する場合は、Enterprise Editionが必要です。ご質問のリンクにあるBBSさんのソリューションで使用されているのは、InfoPath フォームを Initiation フォームとして使うものではありません。

    混乱されている方はきっと多くいらっしゃると思いますので整理すると、SharePointのワークフローはドキュメントベースのワークフローですので、なんらかのファイルをSharePoint上のライブラリに保存した上で、ワークフローを開始します。その時に利用するファイルは、実際の申請内容として作成されたWordやExcel、PowerPoint 、InfoPath フォームなどのファイルです。ここで言っているInfoPathフォームはInitiationフォームではないため、InfoPath Forms Servicesは必須ではありません。リンクにあるBBSさんのソリューションを拝見する限り、申請書そのものをInfoPathで作成されているようですので、この場合はStandardでもEnterprise Editionでもどちらでも利用できるわけで、誤りではありません。

    一方のInitiation(開始)フォームは、こうしたドキュメントからワークフローを開始する際にワークフローに渡す初期情報として承認者を指定したり、承認を依頼するためのコメントを入力するためのもので、申請書類そのもののフォームではありません。このフォームをInfoPathもしくはASP.NETページとしてカスタム作成できるのですが、この時にInfoPathを選択する場合は、前提としてEnterprise Editionが必要になります。

    また、組み込みのSharePointワークフローテンプレートでは、Standard Editionであっても、開始フォームやタスク編集フォームは内部的にInfopath Forms Services が使われているようですが、カスタムのフォームを組み込むことはできないように制限されています。

    InfoPath フォームはいろいろな使い道があり整理して理解しておくことが重要です。申請書フォームそのものとして利用したり、SharePointのワークフロー処理に使う専用フォームとして利用したりできるわけです。これが、混乱しやすい点ですね。
    2009年3月12日 14:07
  • ワークフローのFeatureの中身を見ると、InfoPathが使われているようなので気になっていたのですが、カスタムフォームの組み込みは制限されているんですね。参考になりました。ありがとうございました。
    2009年4月8日 3:56