none
Windows Server バックアップのックアップと回復の要件について RRS feed

  • 質問

  • お世話になります。

    サーバ全体のバックアップ、回復を行う際のディスク要件について質問です。

    Windows Serverバックアップを使用して新しいディスクに回復する際、
    バックアップ元のディスクサイズ以上の容量が必要との記載があります。

    73GBのディスクで動作しているサーバのバックアップから回復する場合は、
    同等の73GBあれば回復可能であると考えて間違いございませんでしょうか?

    また、サーバ全体のバックアップにもターゲットと同等の容量があればバックアップ可能でしょうか?

    バックアップ先がディスクの場合、
    何度か読書きを行った際にセクタ単位で論理的・物理的に書込み不可となる場合が想定されます。

    元ディスク ⇒ バックアップディスク
    73Gbyte    73Gbyte(不良セクタにより70Gbyteのみ使用可能)

    この場合はバックアップの取得に失敗しますでしょうか?
    2009年6月26日 1:49

回答

  • > 同等の73GBあれば回復可能であると考えて
    正解です

    > サーバ全体のバックアップにもターゲットと同等の容量があればバックアップ可能でしょうか
    ディスク使用量がどのくらいになっているかにもよりますが、確かウィザードがバックアップ先には1.5倍以上のの容量を用意しろと警告したような記憶があります。
    使用量が50%程度であれば同一サイズのバックアップディスクにバックアップ可能ですが、100%に近い場合は難しいと思います。
    MVP for Virtual Machine : Networking
    • 回答としてマーク 07003 2009年6月26日 6:02
    2009年6月26日 3:40
    モデレータ

すべての返信

  • > 同等の73GBあれば回復可能であると考えて
    正解です

    > サーバ全体のバックアップにもターゲットと同等の容量があればバックアップ可能でしょうか
    ディスク使用量がどのくらいになっているかにもよりますが、確かウィザードがバックアップ先には1.5倍以上のの容量を用意しろと警告したような記憶があります。
    使用量が50%程度であれば同一サイズのバックアップディスクにバックアップ可能ですが、100%に近い場合は難しいと思います。
    MVP for Virtual Machine : Networking
    • 回答としてマーク 07003 2009年6月26日 6:02
    2009年6月26日 3:40
    モデレータ
  • 返信ありがとうございます。

    >ディスク使用量がどのくらいになっているかにもよりますが、
    >確かウィザードがバックアップ先には1.5倍以上のの容量を用意しろと警告したような記憶があります。

    警告が表示されても使用量分の空き容量が確保できていれば、
    サーバ全体のバックアップは取得可能ということでしょうか?
    (Windows Serverバックアップはアーカイブしないため使用量分のディスクが必要?)

    また、使用量が20~30%程度であれば、
    同一サイズのディスクでもバックアップバージョンを複数取得することも可能と考えますが間違いございませんでしょうか?
    2009年6月26日 5:20
  • 500GB + 500GB のディスク構成に、1TBのバックアップディスクを搭載して稼働させることは出来ました。(保障されるかどうかは別問題で動いたって話です)

    > 同一サイズのディスクでもバックアップバージョンを複数取得することも可能と考えますが間違いございませんでしょうか?
    間違いないかと言われると困っちゃいますね。あくまで経験則の話をしているにすぎません。
    僕は MS のサポート窓口じゃありませんし、回答内容を保証することもできません。

    確実な回答がほしいのであれば、MS のサポート窓口に問い合わせてください。
    MVP for Virtual Machine : Networking
    2009年6月26日 5:39
    モデレータ
  • 返信ありがとうございます。

    >間違いないかと言われると困っちゃいますね。あくまで経験則の話をしているにすぎません。
    >僕は MS のサポート窓口じゃありませんし、回答内容を保証することもできません。

    失礼致しました。

    ご回答頂きました内容、
    大変参考になりました。ありがとうございました。
    2009年6月26日 6:02