none
SQL Server Native Client 10.0からSQL Server 2014への接続について RRS feed

  • 質問

  • SQL Server 2008 Native Clientを使用して、SQL Server 2014に接続しています。

    接続自体は問題なく、アプリケーションも正常に動作していますが、動作保証がされているか確認したいです。

    SQL Server Native Clientのサポートポリシーなどの情報を確認しましたが、動作を保証するような文言は見つけられませんでした。

    ご存じの方がおられましたら情報を共有いただけますでしょうか。

    2016年12月27日 7:23

回答

すべての返信

  • SQL Server Native Client のシステム要件 - クライアント バージョンのデータ型の互換性英語ページ)辺りで言及されていますので、動作保証されているように見受けられます。

    # 念のため、この発言は動作を保証するものではありません。

    2016年12月27日 8:09
  • 上位互換ということは、その時点で発売されていないものに対する動作保障となります。

    一般的に考えて無理と思いますが。

    ご自分で検証するしか方法がないように思います。

    マイクロソフが動作保障しているのは、下位互換(2世代)のみと思います。

    SQL Server Native Client のシステム要件において
    データの互換性の記述があります。
    ある程度は、自動的に変換されるようです

    https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms131002%28v=sql.120%29.aspx

    2016年12月27日 8:13
  • すいません、間違っていました。

    接続は保障されているようです

    抜粋

    SQL Server 2014 は、MDAC、Windows Data Access Components、および SQL Server Native Client のすべてのバージョンからの接続をサポートします。 古いクライアント バージョンで SQL Server に接続する場合、クライアントで認識されないサーバーのデータ型は、クライアント バージョンと互換する型にマップされます。 詳細については、このトピックの「クライアント バージョンのデータ型の互換性」をご覧ください。

    参考URL

    https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms131002%28v=sql.120%29.aspx

    2017年1月5日 0:43