none
2台のADにて、標準プライマリ同士のDNSデータレプリケーション RRS feed

  • 質問

  • Windows2000 SP4(既存AD)

    Windows2000 SP4(追加AD)

     

    の環境での質問です。

    【質問①】

    既存ADのDNSで管理しているゾーンですが、設定が「標準プライマリ」となっておりました。

    かつ、追加AD側も「標準プライマリ」となっておりました。

    この場合、既存AD側のDNSの前方参照ゾーンの該当ゾーンのデータは追加AD側にコピーされないのでしょうか。

    あまり、意識せずにいつもADのレプリケートをすればDNSのデータもコピーされるとの認識でしたが今回

    なかなかDNSがコピーされないため懸案しております。

     

    【質問②】

    ADのレプリケーションによって、DNSのデータが既存AD側と追加したAD側で同期がとられるのは

    DNSゾーンの設定が既存ADで「ActiveDirectory統合」+追加ADで「ActiveDirectory統合」であることが前提

    という認識でいいでしょうか。

     

    よろしくお願いいたします。

    2011年6月21日 12:09

回答

  • チャブーンです。

    ドメインコントローラ間でDNSゾーン情報をコピーしあうには2つの方法があります。

    ・Active Directory 統合ゾーンを構成する。
    ・特定のドメインコントローラを標準プライマリで構成し、残りのドメインコントローラは標準セカンダリで構成する。

    標準セカンダリDNSサーバーに「DNS動的更新」がかかった場合ですが、自動的に標準プライマリに転送されプライマリ側の更新結果が各セカンダリに反映されるはずです。

    なお、今の状態(複数のドメインコントローラで標準プライマリ)はDNSゾーン情報として正しくないので、そのままの状態での運用は問題が発生すると思います。

    2011年6月22日 1:03
    モデレータ

すべての返信

  • チャブーンです。

    ドメインコントローラ間でDNSゾーン情報をコピーしあうには2つの方法があります。

    ・Active Directory 統合ゾーンを構成する。
    ・特定のドメインコントローラを標準プライマリで構成し、残りのドメインコントローラは標準セカンダリで構成する。

    標準セカンダリDNSサーバーに「DNS動的更新」がかかった場合ですが、自動的に標準プライマリに転送されプライマリ側の更新結果が各セカンダリに反映されるはずです。

    なお、今の状態(複数のドメインコントローラで標準プライマリ)はDNSゾーン情報として正しくないので、そのままの状態での運用は問題が発生すると思います。

    2011年6月22日 1:03
    モデレータ
  • チャブーン様

     

    しばらく返答できずに申し訳ありません。回答ありがとうございました。

     

    2011年6月29日 5:10