none
Windows storage server とActive Directoryとcalについて

    質問

  • ADサーバ1台と、ファイルサーバ3台を購入予定です。

    ユーザーは、100名います。
    ユーザーは、3台有る storage server(cal無制限)にしかアクセスしません。

    管理者は、3名います。
    Windows Server Standard(5cal)上にをActive Directoryを展開します。
    一般ユーザーはアクセスしません。

    管理者3名がADサーバを利用して、Windows storage server上に
    それぞれアクセス制限を掛けようと計画しています。

    この場合、calは追加で必用なのでしょうか。

    2013年4月8日 8:34

回答

  • Active Directory を使用したアクセス権を設定する場合は使用するユーザーまたはデバイス分の CAL が必要になります。

    • 回答の候補に設定 佐伯玲 2013年4月11日 6:41
    • 回答としてマーク 佐伯玲 2013年4月26日 5:04
    2013年4月9日 6:37

すべての返信

  • Active Directory を使用したアクセス権を設定する場合は使用するユーザーまたはデバイス分の CAL が必要になります。

    • 回答の候補に設定 佐伯玲 2013年4月11日 6:41
    • 回答としてマーク 佐伯玲 2013年4月26日 5:04
    2013年4月9日 6:37
  • ありがとうございます。
    質問記入翌日に、入院してしまい返事が遅れました。
    スマホ持ち合わせていない人なので、
    ネットから切り離されていました。 

    2013年4月19日 6:40
  • 同様の形態でWindows Storage Server 2012の導入を検討している者ですが、ご回答を拝見して少々混乱しております。

    マイクロソフトさんから公式に公開されている情報にも、アプライアンスベンダーさんからの情報ても、次の情報がアピールされています。

    1. Windows Storage Server はActive Directoryと連携可能。

    2. Windows Storage Server にはCALが不要。

    ※管理が容易で且つ低コストで導入できる点を強調。Standardには無制限CALが付属との記載もちらほら。

    念のため先日マイクロソフトカスタマーインフォメーションに問い合わせ致したところ、Active Directoryに連携してもCALが必要になるという情報はベンダーさん向けの情報を見てもどこにも記載は無い。よってCALは不要との回答を頂きました。

    > Active Directory を使用したアクセス権を設定する場合は使用するユーザーまたはデバイス分の CAL が必要になります。

    公表されている情報通り、アプライアンス利用者100名にはCALは不要ですね? 上記のしんべーさんが記載された形態に当てはめますと、アクセス権の設定をする3名だけはActive Directoryを稼動させるWindowsサーバにアクセスする為のCALが必要という理解で宜しいですね?


    • 編集済み ken1tokyo 2013年11月30日 1:58 誤字訂正
    2013年11月30日 1:57
  • チャブーンです。

    この件ですが、結論として a_pierrot さんのコメントが正しいのですが、そのためには Windows CAL のライセンスモデルを適切に理解する必要があります。

    1. 「Active Directoryにアクセスする」クライアントについては、無条件にWindows CALが必要です。クライアントはWindowsログオン時に「意識することなく」Active Directoryを管理するサーバ(ドメインコントローラ)にアクセスします。この時点でユーザまたはデバイスごとのWindows CALがない場合ライセンス違反という扱いになり、Windows Storage Serverの有無は関係ありません。
    2. 「Active Directoryに組み込まれた」Windows Storage Serverは、Active Directoryで使っている既存のWindows CALを利用することができます。本ケースでは「ADサーバを利用して、Windows storage server上にそれぞれアクセス制限を掛けようと計画」しているので、これはWindows Storage Serverをドメイン参加させるということと同義になります(ドメインに参加させずにこの設定はできませんので)。ドメイン参加させたメンバーサーバにクライアントがアクセスする場合、結果的にドメインコントローラへのアクセスが発生しますので、Active Directoryで使っている既存のWindows CALが必要になります。
    3. 通常のWindows Server を単独で利用する場合(Active Directoryがない環境)では「同時接続ユーザーモード」というWindows CALが同時接続ユーザ分必要になります。Windows Strage Serverを単独で利用する場合、「同時接続ユーザーモード」を意識する必要はなく、この意味でのライセンスは不要になります。

    このような理由で、本投稿のケースでは結果的に103のユーザまたはデバイスCALが必要になる、ということになります。

    2013年12月2日 2:41
    モデレータ